コベナンツ

コベナンツ

コベナンツとは、ある行為を実施する、または実施しない旨を約束する義務を指します。 コベナンツは、特約条項と呼ばれる場合もあります。 M&Aにおいては、株式譲渡に関して当事者がすべきこと・してはいけないことを定める場合に用いられます。 具体的には、M&Aの最終契約日からクロージング日までに担保を設定しない旨などを定めます。 M&Aの際にコベナンツを定める事で、契約後に不利益を被るリスクを軽減できます。

関連記事

M&Aのファイナンスとは?資金調達の手法や手順、注意点を解説

M&Aのファイナンスとは?資金調達の手法や手順、注意点を解説

M&Aにおけるファイナンスとは、M&Aを実施する際に必要な資金を金融機関や投資家から借りることをさします。この記事では、M&Aにおけるシニアローンとメザニンファイナンスの違いや、資金調達の手法な...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)