スクイーズアウト

スクイーズアウト

スクイーズアウトとは、株主に対して現金や社債等の対価を交付することで、強制的に株式を取得する手法です。 法律に基づいた合法的な手法であるため、相手側が株式売却を拒否したとしても、スムーズにM&Aを進められます。 また合併や買収の際に、少数株主を追い出したい際などにも用いられる手法です。 かつて日本生命がこの手法を用いてM&Aを実施したことでも有名です。 実務では、「全部取得条項付種類株式」と呼ばれる特殊な株式を用いて、スクイーズアウトを実行します。

関連記事

適格株式交換とは

適格株式交換とは

適格株式交換とは、「株式交換のうち、適格要件を満たし完全親法人の株式以外で資産を交付されないもの」を指します。適格株式交換の適格要件には金銭等不交付要件や継続保有要件があり、要件をみたせるかどう...

組織再編税制

組織再編税制

組織再編税制とは、企業が事業円滑化などのために行う組織再編に対して定められた特別な課税制度です。組織再編税制の対象となる行為には、合併、会社分割、現物出資、現物分配、株式移転、株式交換、スピンオ...

後継者と事業承継の現状・課題|後継者選びのポイントを解説

後継者と事業承継の現状・課題|後継者選びのポイントを解説

中小企業の事業承継で現在、最重要課題となっているのは後継者不足問題です。本記事では、事業承継と後継者に関する現状を分析し、事業承継の方法を紹介しながら、リスクや課題点、後継者選びのポイント、事業...

会社分割とは?分類や手続き、メリット・デメリット、事業譲渡との違いを解説

会社分割とは?分類や手続き、メリット・デメリット、事業譲渡との違いを解説

M&Aスキームの会社分割には吸収分割と新設分割の2種があります。本記事では、それぞれの会社分割における特徴と違いを明らかにするとともに、会社分割のメリット・デメリット、手続きの流れ、類似...

株式譲渡によるM&Aとは?事業譲渡との違い、メリットや手続き、税務、家族間での譲渡も解説

株式譲渡によるM&Aとは?事業譲渡との違い、メリットや手続き、税務、家族間での譲渡も解説

株式譲渡とは、株式を譲渡して経営権を移行する手法です。中小企業のM&Aで多く活用され、株式譲渡は売り手側にメリットが大きい手法でもあります。この記事では、株式譲渡のメリット・デメリット、...

株式交換における適格要件

株式交換における適格要件

株式交換における適格要件について、まずは株式交換の手法や株式交換と株式移転の違い、株式交換の基本的な会計や税務を解説し、その後に適格株式交換となる要件を解説していきます。また、適格株式交換、非適...

簡易株式交換とは?略式株式交換との違いについても解説します

簡易株式交換とは?略式株式交換との違いについても解説します

簡易株式交換は組織再編手法の1つである株式交換において、一番厄介なプロセスともいえる株主総会を省略できるメリットがあります。簡易株式交換が容認される要件の確認と共に、最大の注意点である反対株主へ...

株式等売渡請求とは?特別支配株主の株式等売渡請求によるスクイーズアウトの手続きを解説

株式等売渡請求とは?特別支配株主の株式等売渡請求によるスクイーズアウトの手続きを解説

会社法改正で新たに設定された株式等売渡請求は、少数株主排除(スクイーズアウト)を可能とする制度です。本記事では、株式等売渡請求の概要やメリット・デメリットとともに、スクイーズアウトの具体的な各種...

株式非公開化とは?メリット・デメリットや非公開化の事例、意味を解説

株式非公開化とは?メリット・デメリットや非公開化の事例、意味を解説

株式非公開化とは、公開されている自社株式を非公開にする行為です。上場企業が株式非公開化を実施すると、上場が廃止されます。株式非公開化には意思決定の迅速化・会社運営の円滑化などのメリットがあります...

M&Aコラム
人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)