スタンドアローンバリュー

スタンドアローンバリュー

スタンドアローンバリューとは、売り手側の素の企業価値を意味します。 DCF法などにより算出したセラーズバリューから、各種デューデリジェンスで発見されたリスク要因を差し引く事で求められます。 そのため、売り手側が希望するセラーズバリューよりも、価格は低くなるのが一般的です。 スタンドアローンバリューにシナジー効果による利益を加減し、買い手側の希望価格 (バイヤーズバリュー)を算出します。 M&Aの際には、バイヤーズバリューを基に取引価格を決定します。

関連記事

買収価格とは?買収価格決定プロセスと買収価格の交渉

買収価格とは?買収価格決定プロセスと買収価格の交渉

買収価格の決定は、M&Aを実施するうえで重要な要素の1つであり、複雑な算定プロセスを経て決まります。ここでは、買収価格の算定プロセスや買収価格を導くアプローチの手法、買収価格決定におけるポイント...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)