スタンドスティル条項

スタンドスティル条項

M&Aにおけるスタンドスティル条項とは、買い手側が売り手側の合意を得ずに行う株式の買い増しを禁止する条項です。 一般的には、M&Aの初期段階で締結する秘密保持契約で定められます。 スタンドスティル条項の存在により、相手企業による意図しない敵対的買収を防ぐことができます。 また買い手側にとっても、相手企業に敵対的買収の意図がない旨をアピールできるメリットがあります。 スタンドスティル条項は、いわば友好的にM&Aを実施するための条項です。

関連記事

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)