スーパーマジョリティ条項

スーパーマジョリティ条項

スーパーマジョリティ条項とは、敵対的買収に対する防衛策の一つです。 具体的には、株主総会の決議に必要な要件を非常に厳しくする方法です。 例えば、M&Aの実行時の特別決議に必要な賛成数を、通常よりも多くする施策があります。 これにより、敵対的M&Aの実行を困難に出来ます。 しかし同時に、友好的なM&Aを実施する際に、手続きに支障をきたす可能性もあります。

関連記事

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)