チェンジオブコントロール条項

チェンジオブコントロール条項

チェンジオブコントロール条項とは、M&A等により経営権が移動した場合に、契約事項に何かしらの制限がかかる旨を定めた条項です。 資本拘束条項と呼ばれる場合もあります。 事前・事後の通知義務のみを定めた緩やかなものから、契約解除を定めた厳格なものまであり、条項内容は様々です。 M&Aの際には、法務デューデリジェンスの実施によって、この条項の有無を確認する必要があります。 一方売り手側は、M&Aの実施前にこの条項の有無について把握しておき、対策を練っておく必要があります。

関連記事

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)