ノーショップ条項

ノーショップ条項

ノーショップ条項とは、M&Aにおいて買い手側が売り手側に対して、第三者との買収交渉を制限する条項です。 ノーショップ条項では、売り手企業が他の買収候補を探すことは出来ません。 ただし、第三者側から買収提案を持ちかけられた場合には、それが有利な提案かどうか判断できます。 そして有利な提案であると判断された場合、例外的に買収交渉が認められます。 とはいえ日本のM&Aでは、特定の一社とのみM&Aの交渉を行い、そのままM&Aが成立するケースが多いです。 そのため、この条項が積極的な意味を為すケースはあまりありません。

関連記事

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)