パーチェス法

パーチェス法

パーチェス法とは、企業結合(M&A)に関する会計処理基準の一つです。 パーチェス法では、売り手側(被買収企業)の純資産と買収価格の差額をのれんとして計上します。 M&Aの際にのれんが発生する場合には、パーチェス法に則ってのれんを処理する必要があります。 従来は、持分プーリング法と呼ばれる会計処理方法もありました。 しかし現在は、M&A等の際にはパーチェス法の利用が一般化しています。

関連記事

合併と仕訳

合併と仕訳

合併の場合の仕訳は、他のM&Aや組織再編の手法に比べると複雑で、高度な専門知識が必要です。特に吸収合併の仕訳はとても難易度が高いです。今回は合併の仕訳について、通常取得や逆取得の合併仕訳、純資産...

企業結合とは?種類や独占禁止法の規制やM&Aの会計処理をわかりやすく解説

企業結合とは?種類や独占禁止法の規制やM&Aの会計処理をわかりやすく解説

企業結合は、日本会計基準とIFRS(国際会計基準)とでは定義が異なり、取得資産が「事業」に該当するのか「単なる資産の集合体」に該当するのかによって会計処理が変わってきます。ここでは、企業結合の意...

合併とは?意味や種類、メリット・デメリットや事例をご紹介

合併とは?意味や種類、メリット・デメリットや事例をご紹介

合併には吸収合併と新設合併があり、それぞれメリット・デメリットがあります。合併の手続きは煩雑であり、登記も行う必要があるため申請時の必要書類についても把握しておく必要があります。合併の意味や種類...

吸収合併消滅会社とは?吸収合併の手続きや吸収合併消滅会社と存続会社の手続きの違いを解説します

吸収合併消滅会社とは?吸収合併の手続きや吸収合併消滅会社と存続会社の手続きの違いを解説します

吸収合併消滅会社とは、文字どおり吸収合併によって消滅する会社のことであり、存続会社と対をなす存在です。存続会社とは合併手続き・会計処理方法などにおいて相違点があるため、将来的に消滅会社となること...

吸収合併とは?M&Aにおける吸収合併や子会社の吸収合併を解説

吸収合併とは?M&Aにおける吸収合併や子会社の吸収合併を解説

企業間の組織再編行為の中でも​​​​​​​吸収合併は、ひときわドラスチックなものであり、対外的にも内部で働く従業員にとってもインパクトが大きなものです。M&Aとしても行われる吸収合併の特徴と、注...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)