ブレークアップ・フィー

ブレークアップ・フィー

ブレークアップ・フィーとは、M&Aの取引が何らかの理由で白紙になった際に、買い手側から売り手側に支払われる違約金を指します。 リバース・ブレークアップ・フィーやリバース・ターミネーション・フィーと呼ばれる場合もあります。 売り手側からすると、M&Aの交渉が白紙になった場合のリスクを軽減できるメリットがあります。 M&Aの実務上は、売却価格の1~5%の間にブレークアップ・フィーの金額が設定されるケースが多いです。

関連記事

人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)