メガディール

メガディール

メガディールとは、非常に大規模なM&A案件を指します。 中小企業が実施するM&Aと比較して、メガディール型のM&Aは様々な点で異なります。 メガディール型M&Aの場合、民間の仲介会社ではなく、投資銀行などが業務を行う場合が多いです。 また、M&Aの交渉や検討に長い時間を要するの特徴です。 加えて、M&A後の統合過程においては、PMIに特化したコンサルティングファームが介入するケースも多いです。 もちろん通常のM&A案件と比較して、その買収価格は非常に高額です。 ただしそれと同時に、失敗した際の損失が大きいリスクもあります。

関連記事

M&Aのディールとは?ディールサイズ・取引規模を把握しディールの成功へ

M&Aのディールとは?ディールサイズ・取引規模を把握しディールの成功へ

M&Aにおけるディールとは、M&Aの取引という意味を指すビジネス業界用語です。この記事では、M&Aディールの定義・M&Aのディールサイズと取引規模・M&Aのプレディール・M&Aディールのプロセス...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)