レーマン方式

レーマン方式

レーマン方式とは、「M&A仲介会社に支払う報酬の計算方法」です。M&A仲介会社は、一般的にこのレーマン方式を使って成功報酬を算出します。つまりこのレーマン方式を知っておけば、M&A仲介会社に支払う報酬にある程度見通しが立てられます。基本的にレーマン方式では、取引された金額に応じて一定の報酬料率を掛け合わせて手数料額を決定します。  

関連記事

M&Aの費用はいくらかかる?相場や計算方法、仲介会社に依頼する際の報酬体系を徹底紹介

M&Aの費用はいくらかかる?相場や計算方法、仲介会社に依頼する際の報酬体系を徹底紹介

M&Aには、仲介会社の依頼報酬や各M&A手法で生じる税金などさまざまな費用がかかるため、事前に相場や計算方法を知っておくとよいでしょう。この記事では、M&Aにおける費用の...

レーマン方式とは?成果報酬の設定や計算方法、契約書について解説

レーマン方式とは?成果報酬の設定や計算方法、契約書について解説

レーマン方式とは、M&A仲介会社の成功報酬を算出するための計算式です。取引金額のベースに何を用いるかによって、レーマン方式で算出する成功報酬額は大幅に変動します。取引金額の種類が変われば...

リテイナーフィーとは?意味や相場、メリット・デメリットを解説します

リテイナーフィーとは?意味や相場、メリット・デメリットを解説します

リテイナーフィーとはM&A仲介業者に支払う月額報酬(定額顧問料)のことで、月額およそ100 万円〜300万円程度が相場の目安とされています。リテイナーフィーを支払えばM&Aの成功...

M&Aアドバイザーの重要性とは?業務内容やM&A仲介との違いを解説

M&Aアドバイザーの重要性とは?業務内容やM&A仲介との違いを解説

M&Aアドバイザーとは、M&Aに関連するアドバイスを行う専門家です。M&Aの相手探し・契約書の作成・統合プロセスまで幅広く業務を行います。この記事では、M&Aアド...

M&Aで用いる契約書とは?種類や契約手順、ひな形・フォームもわかりやすく紹介

M&Aで用いる契約書とは?種類や契約手順、ひな形・フォームもわかりやすく紹介

M&Aで用いられる契約書およびそれに準ずる書類は、機密保持契約書、仲介契約書、アドバイザリー契約書、意向表明書、基本合意書、最終契約書です。本記事では、それぞれのM&Aの契約書の...

M&Aにおける仲介手数料とは?相場や仲介手数料の種類を解説

M&Aにおける仲介手数料とは?相場や仲介手数料の種類を解説

M&Aの仲介手数料には、事前相談料、着手金、中間金、成功報酬、最低手数料があります。成功報酬の算出方法によって、支払う手数料の額が大きく変わるため注意が必要です。この記事では、M&amp...

M&Aの手数料の相場は?算出方法、金額を抑えるコツを解説

M&Aの手数料の相場は?算出方法、金額を抑えるコツを解説

M&Aにおける手数料の相場は、着手金・中間金・成功報酬などに分類されています。特に成功報酬の算出方法には注意が必要です。本記事では、M&Aで発生する手数料の相場や種類、金額を抑え...

M&A仲介会社の比較!特徴・実績・仲介手数料、選び方も徹底解説

M&A仲介会社の比較!特徴・実績・仲介手数料、選び方も徹底解説

さまざまなプロセスにおいて専門的な知識や経験が必要となるM&Aでは、仲介会社のサポートが不可欠です。そこでこの記事では、初めてのM&Aでも安心して実施できるように、M&A...

事業承継では弁護士の力を借りよう

事業承継では弁護士の力を借りよう

弁護士の力を借りれば、スムーズに事業承継することも可能になります。しかし、弁護士に事業承継の業務を依頼する場合には、いくつか注意すべき点もあります。この記事では、事業承継で弁護士の力を借りるメリ...

M&Aコラム
人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)