事業承継税制

事業承継税制

事業承継税制とは、事業承継の際に相続税や贈与税の納税が猶予または免除される特例制度です。 一定要件を満たせば、相続税は80%、贈与税は100%だけ納税猶予を受けられます。 ただし事業承継税制の特例を受けるためには、非上場の中小企業である必要があります。 また納税猶予を受けられるのは、発行済株式総数のうち3分の2までです。 ただし平成30年度の改正によって、全ての株式において猶予を受けられるようになります。 また、相続税に関しても贈与税と同じように100%納税猶予を受けることが可能となります。 この改正によって、中小企業はさらに事業承継を実施しやすくなります。

関連記事

後継者人材バンクについて解説します

後継者人材バンクについて解説します

後継者人材バンクとは、経営者の意向にマッチする後継者を見つけて事業承継の達成を目指す事業であり、事業引継ぎ支援センターによって運営されています。M&Aによる事業承継プロセスのサポートも依頼できる...

経営承継を円滑に実現するには

経営承継を円滑に実現するには

経営承継は、経営者の引退と同時にすぐ実行できるものではありません。オーナーや経営者が時間をかけ、計画的に実施するものです。円滑な経営承継を実現するには、事前に長期に渡り様々な配慮をする必要があり...

オーナー社長とは

オーナー社長とは

オーナー社長とは、会社の所有権を持っていながら、経営もしている立場をさします。サラリーマン社長と比べて、オーナー社長は会社内で絶対的な権限を持っている反面、ワンマン経営に陥りやすい、失敗したとき...

持株会社の事業承継

持株会社の事業承継

持株会社を活用した事業承継には、複数の会社をまとめて事業承継できることや相続税を抑えられる、会社同士が成長しやすくなるなどのメリットがあります。一方で、一代限りしか相続税の節税対策としての効果を...

相続税の節税

相続税の節税

事業承継を実施すると多額の相続税がかかるので、節税対策は必須です。相続税を節税するには、事業承継税制を活用したり財産を減らすなどの対策が有効です。また、生命保険を孫や子供にかけたり、非課税枠を活...

相続による事業承継は相続税の負担が大きい!事業承継税制を活用しよう

相続による事業承継は相続税の負担が大きい!事業承継税制を活用しよう

相続の形で事業承継を実施する際には、相続税の負担と生前の遺言書が必要なので事前に準備しなければなりません。そこで、事業承継を安心して進めるべく利用したい事業承継税制をわかりやすく解説。相続税の支...

事業承継を成功させるための後継者選び

事業承継を成功させるための後継者選び

事業承継を円滑に実施するには、社内の整備、会社の価値再確認、経営者の引退時期決定、後継者の選定などを早い時期からしっかりと実施する必要があります。また、身近に後継者がいない場合、M&Aを活用して...

後継者育成とは?課題、準備、育成のポイントを解説!

後継者育成とは?課題、準備、育成のポイントを解説!

事業承継を実施する経営者にとって、後継者育成は会社の存続に影響を及ぼす重要なプロセスです。しかし、100%成功する保証はないため、緻密に準備してから実施しなければなりません。この記事では、後継者...

親族内承継

親族内承継

親族内承継とは、経営者の子供をはじめとする親族に会社の事業を引き継ぐことです。親族内承継には周囲から受け入れられやすく後継者の教育期間を確保できるなどのメリットがあるものの、重大なデメリットも存...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)