企業評価

企業評価

企業評価とは、M&Aで買収する相手企業の価値を算定することです。 企業評価はバリュエーションとも言われます。 企業価値手法には、DCF法や時価純資産価額法など様々な手法があります。 目的や企業の状況によって使い分けるのが一般的です。 中小企業がM&Aを実施する際には、簡易的に純資産額に純利益の5年分を足し合わせたものを企業価値と考える場合もあります。

関連記事

フリーキャッシュフローとは?重要性、算出方法をわかりやすく解説

フリーキャッシュフローとは?重要性、算出方法をわかりやすく解説

フリーキャッシュフローを把握することで、企業分析においては企業の価値を左右する財務状況を知ることができ、経営者としては将来的な成長見通しを立てることができます。フリーキャッシュフローは営業と投資...

企業価値の計算方法

企業価値の計算方法

M&Aは会社の売買ですから企業価値を数値化しなければなりません。企業価値の算定には複数の計算方法があります。それら計算方法は3種に大別され、ネットアセットアプローチ、インカムアプローチ、マーケッ...

ネームクリアとは?意味とM&Aにおける活用のメリット・デメリットをご紹介

ネームクリアとは?意味とM&Aにおける活用のメリット・デメリットをご紹介

ネームクリアは、M&A初期のプロセスで重要な転換点です。それは買収側のM&Aへの意思表示があったことを意味します。そしてネームクリアとは、より具体的なM&Aの検討や交渉のため、秘密保持契約締結後...

インカムアプローチ

インカムアプローチ

企業価値を算出する3大手法の1つがインカムアプローチです。企業の将来性に着目する評価方法が特徴であるインカムアプローチには、他の手法同様にいくつかの方法が属します。中でもDCF法は、M&Aにおい...

企業存続率(生存率)の実態

企業存続率(生存率)の実態

企業存続率(生存率)とは、起業・開業された会社が廃業や倒産をせずに存続し生き残って経営を続けていける状態の確率値のことです。経営者に向けた警鐘の際によく使われます。企業存続率(生存率)の具体的な...

ノンネームシートとは?意味やM&Aでの活用、情報漏えいの危険性を解説

ノンネームシートとは?意味やM&Aでの活用、情報漏えいの危険性を解説

ノンネームシートとは、M&Aの実施を検討する企業が、その概要を匿名でまとめた書類のことです。ノンネームシートに記載する事項として、所在地や事業内容、従業員数、売上高などが挙げられます。そのため、...

コストアプローチ

コストアプローチ

コストアプローチとは純資産額を基準に企業価値を算定する方法の総称です。本来、コストアプローチは事業を継続しない会社に対し多用されます。簿価純資産法、時価純資産法、清算価値法、再調達原価法がコスト...

事業価値

事業価値

事業価値とは、ある事業から得られるキャッシュフローの現在価値を合計したものであり、事業の将来性を測る指標として重宝されています。また、事業価値を算出する方法としては、DCF法が最も活用されていま...

会社を売るには?メリット・デメリット、高い値段で売れる会社の条件を解説

会社を売るには?メリット・デメリット、高い値段で売れる会社の条件を解説

会社を売る方法をはじめ、会社を売るための準備や高い値段で売る条件、メリット・デメリット、企業価値算出方法などについて解説します。会社を売る際はM&A仲介会社やアドバイザリーといった専門家の力を借...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)