合併比率

合併比率

合併比率とは、合併を実施する際、存続会社が消滅(吸収される側の)会社の株主に対して交付する、株式の比率を指します。 例えばX社とY社が合併し、X社が存続会社となりY社株式10株に対してX社株を1株交付する場合、合併比率は10対1となります。 一般的に合併比率は、合併を行う当事者同士のブランド力や収益力等の差によって決定します。 ちなみに、合併比率が1対1となる場合は、対等合併と呼ばれます。 また、種類株式ごとに合併比率を設定することも可能です。

関連記事

株式交換比率とは?株式交換比率の決め方や求め方を解説

株式交換比率とは?株式交換比率の決め方や求め方を解説

株式交換比率とは、株式交換の際に子会社の株主に対して、持ち株数をもとに親会社の株式を割り当てる比率です。マーケットアプローチなどの手法により算出した企業価値をもとに決定します。本記事では、株式交...

合併と株価

合併と株価

合併すると、株価に影響を与えます。ここでは合併による株価への影響、合併の際に必要となる代表的な株価計算、合併比率と株価の関係について解説していきます。また、合併により生じるメリットやM&...

相対取引とは?メリット・デメリットや市場取引の違いを解説

相対取引とは?メリット・デメリットや市場取引の違いを解説

株式やFX取引で用いられる「相対取引」には、自由に取引価格を決定できるなどのメリットがあります。ただし、通常の市場取引とは異なる点やデメリットもあります。本記事では、相対取引について、メリット・...

赤字会社をM&Aを用いて売却する方法!買収や繰越欠損金について解説します

赤字会社をM&Aを用いて売却する方法!買収や繰越欠損金について解説します

赤字会社でも、M&Aを実行できる可能性があります。赤字会社によるM&A手法は、「株式譲渡」「事業譲渡」の二種類です。ただし、売却相場は黒字企業と比べると安いケースがほとんどです。...

合併の意味とは?種類、メリット・デメリット、事例や会計処理も紹介

合併の意味とは?種類、メリット・デメリット、事例や会計処理も紹介

合併とは複数の法人を統合する手法であり、吸収合併と新設合併に分けられます。合併の手続きは登記を含めて煩雑であるため、申請時の必要書類についても入念に把握しておきましょう。今回は、合併の意味や種類...

吸収合併とは?新設合併との相違点、手続きの流れ、メリット、最新事例、登記も解説

吸収合併とは?新設合併との相違点、手続きの流れ、メリット、最新事例、登記も解説

企業間における組織再編行為の中でも吸収合併は、ひときわドラマチックです。対外的にも内部で働く従業員にとっても、インパクトが大きいといえます。この記事では、M&Aとしても行われる吸収合併の...

合併比率とは?非上場、新設合併、債務超過の算定方法【事例あり】

合併比率とは?非上場、新設合併、債務超過の算定方法【事例あり】

合併比率とは、消滅会社の株主に対して、持ち株数に応じて交付される株式の比率のことです。消滅する株式の価値に応じた株式が交付されなければ不公平になるため、適切な比率を設ける必要があります。本記事で...

人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)