営業権

営業権

営業権とは、企業特有のノウハウや技術力等の目に見えない無形資産の価値を指します。 また営業権は、のれんと呼ばれる場合もあります。 M&Aの際には、この営業権が買収価格に上乗せされるケースがあります。 営業権には相場がないため、M&Aの際に価値を評価する相手によって変動します。 場合によっては、営業権がマイナス(負ののれん)となる場合もあります。 また買収の際に評価した営業権については、減価償却して少しずつ費用として処理する必要があります。 予想に反して利益が出なかった場合、この営業権の費用処理が大きな痛手となります。 そのため買い手側は、営業権の価値をしっかり吟味した上で算定する必要があります。

関連記事

企業合併とは

企業合併とは

企業合併とは、複数の会社が統合するM&A手法であり、実施するとさまざまなメリットを得られます。しかし、企業合併には注意すべき点もありますので、慎重に行わなくてはなりません。この記事では、...

企業価値の計算方法

企業価値の計算方法

M&Aは会社の売買ですから企業価値を数値化しなければなりません。企業価値の算定には複数の計算方法があります。それら計算方法は3種に大別され、ネットアセットアプローチ、インカムアプローチ、...

事業売却でかかる税金

事業売却でかかる税金

事業売却とは狭義の事業譲渡です。会社の事業の全て、または一部を第三者に売却することをいいます。事業売却にあたっては売り手側にも買い手側にも税金が発生します。事業売却での課税の実態を確認しながら、...

M&Aの譲渡価格の相場はいくら?決め方、高値で売却するコツも紹介【事例付き】

M&Aの譲渡価格の相場はいくら?決め方、高値で売却するコツも紹介【事例付き】

M&Aの相場とは、企業を譲渡・譲受する際にふさわしいとされる金額です。買い手側と売り手側ではM&Aの相場観に差異があるため、折り合いをつける必要があります。このとき利用されるのが...

事業譲渡で発生するのれん

事業譲渡で発生するのれん

M&Aで事業譲渡・譲受を実施すると、のれんという金額が発生します。軒先の暖簾(のれん)と同音である、こののれんという言葉が事業譲渡の現場で使われる意味と、企業会計や税務でのれんをどう取り...

会社を売りたい

会社を売りたい

希望価格で会社を売るには、会社を磨き上げる努力をしながら多角的な視野を持ち、利益が最大になる方法を実践しましょう。本記事では、会社を売る方法をはじめ、値段の決め方や希望価格で売却する準備などをま...

M&Aの費用

M&Aの費用

M&Aを実施する過程では、さまざまな費用がかかります。仲介会社を利用した際は、着手金やリテイナーフィー、成功報酬などの費用がかかります。また、株式譲渡など各M&A手法を実施した場...

会社・事業売却の相場はいくら?算出方法・高く売るポイントを解説

会社・事業売却の相場はいくら?算出方法・高く売るポイントを解説

会社・事業売却の相場を算出するには、純資産法・配当還元法・収益還元法・DCF法・類似会社比較法などを用います。ただし、会社・事業の売却相場には、人材・技術・ノウハウなども影響を及ぼすため要注意で...

会社売却のメリット・デメリットとは?方法、相場、税金、高値で売るコツも紹介

会社売却のメリット・デメリットとは?方法、相場、税金、高値で売るコツも紹介

会社売却には、会社の規模拡大や自社の存続などのメリットがあります。一方で、会社売却が必ずしも成功するとは限らないというデメリットもあります。会社売却を成功させるためには、「タイミングの見極め」や...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)