垂直型M&A

垂直型M&A

垂直型M&Aとは、「製造」から「販売」までの商品・サービスの提供プロセス内で、上下に位置する企業間で行うM&Aです。 例えば「製造業」と「卸売業」同士のM&Aが垂直型に当てはまります。 消費者から遠い側(製造に近い)の企業を買収する場合を「川上への垂直的M&A」、近い側(小売に近い)の企業を買収する場合を「川下への垂直的M&A」と呼びます。 垂直的M&Aを実施することで、コスト削減や利益率向上、市場シェア率の向上を実現できます。

関連記事

垂直型M&Aとは?特徴や戦略、手法もご紹介!

垂直型M&Aとは?特徴や戦略、手法もご紹介!

垂直型M&Aとは、製造~流通~販売といった縦に並んだ事業を垂直的に統合するM&Aです。垂直型M&Aでは異業種企業によるM&Aとなり、どの企業から見ても新事業への進...

水平型M&Aとは?目的や注意点、事例もご紹介!

水平型M&Aとは?目的や注意点、事例もご紹介!

水平型M&Aは同じ業種・業態の企業同士が行うM&Aのことをいい、現在の事業強化や事業エリア拡大などを目的として行われます。本記事では、水平型M&Aを活用した戦略や、水平型...

人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)