実査

実査

実査とは、M&Aの際に資産が実在するか確かめる為に、監査人が直接現地で調査する手続きを指します。 具体的には、不動産や現預金、有価証券等の資産の存在を確認します。 専門的な知識を持つ監査人を任命し、対象会社の帳簿等を実際に確認する流れとなります。 M&Aの際に実査を行う事で、資産の存在を公的に証明できるメリットがあります。 イメージ的には、デューデリジェンスの様な手続きです。 M&Aによる失敗防止や取引の透明性を高める上で、実査は非常に重要な手続きです。 ただし、実際に調査せずにデータのみで判断する場合は、実査とは呼びません。

関連記事

営業権とは?定義や税務、のれんとの違いを徹底解説

営業権とは?定義や税務、のれんとの違いを徹底解説

M&Aにおける営業権とは、M&A価格と対象企業の純資産の差額のことです。一般的にはのれんと同じ意味で使用されていますが、実際には考え方に違いがあります。本記事では、営業権の定義や...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)