投資銀行

投資銀行

投資銀行とは、主に大口の顧客を対象に、M&A仲介や社債・株式の引き受けなどの業務を遂行する会社です。 M&Aアドバイザーとして、対象会社の企業価値を向上させることによって利益を獲得します。 一般的に投資銀行は、比較的規模の大きいM&A案件を取り扱います。 その性質上、M&Aにおけるファイナンシャルバイヤーのイメージに近いです。 また、投資銀行はM&A以外にも、投資家向けの資金供給や証券売買などの業務を実施しています。

関連記事

M&Aのファイナンスとは?概要、資金調達の手法や手順、注意点を解説

M&Aのファイナンスとは?概要、資金調達の手法や手順、注意点を解説

M&Aにおけるファイナンスとは、M&Aを実施する際に必要な資金を金融機関や投資家から借りることです。この記事では、M&Aにおけるシニアローンとメザニンファイナンスとの違い...

M&Aアドバイザーの重要性とは?業務内容やM&A仲介との違いを解説

M&Aアドバイザーの重要性とは?業務内容やM&A仲介との違いを解説

M&Aアドバイザーとは、M&Aに関連するアドバイスを行う専門家です。M&Aの相手探し・契約書の作成・統合プロセスまで幅広く業務を行います。この記事では、M&Aアド...

事業承継ファンドとは?仕組みやスキーム、メリットを解説

事業承継ファンドとは?仕組みやスキーム、メリットを解説

事業承継ファンドを活用すれば、事業承継問題の解決が可能です。本記事では、事業承継ファンドの概要をはじめ活用方法・メリットとデメリットなどを幅広く紹介します。加えて、事業承継ファンドの種類や、事業...

M&Aの動向

M&Aの動向

近年では、経営戦略としてM&Aを活用する企業が増加しており、2019年には4,000件を超えました。その中でも、特にベンチャー企業のM&Aは増加傾向にあり、中小企業やスモールビジ...

M&Aの業務

M&Aの業務

M&Aの業務は高度な専門知識が必要なため、M&Aアドバイザーと呼ばれる専門家に依頼します。単なる弁護士や公認会計士ではなくM&Aに特化した専門家が必要なのです。M&amp...

M&Aにおける銀行の役割

M&Aにおける銀行の役割

中小企業の有力な資金調達先である銀行は、M&Aでも欠かせない存在です。銀行はM&A向け融資だけでなく、M&Aアドバイサリー業務も担います。この記事では、M&Aにお...

M&Aにおける公認会計士の役割

M&Aにおける公認会計士の役割

公認会計士は、M&Aプロセスの中でも戦略策定・バリュエーション・財務デューデリジェンスなど専門的な役割を果たします。会計に関する専門知識はM&Aの成功を目指す上で頼りになる存在で...

M&Aのディールとは?ディールサイズ・取引規模を把握しディールの成功へ

M&Aのディールとは?ディールサイズ・取引規模を把握しディールの成功へ

M&Aにおけるディールとは、M&Aの取引という意味をさすビジネス業界用語です。本記事では、M&Aディールの定義、M&Aのディールサイズおよび取引規模、M&...

M&Aブティックとは?意味や業務、ランキングを紹介

M&Aブティックとは?意味や業務、ランキングを紹介

M&Aの専門家であるM&Aブティックは効率的にM&Aを実施するうえで必要不可欠であり、一般的にM&A実施前の準備も含めて依頼主を支援する存在です。今回は、M&am...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)