抱合わせ株式

抱合わせ株式

抱合わせ株式とは、存続会社が合併を実施する前から所持している消滅会社の株式を指します。 通常合併を実施する際には、M&Aの対価として存続会社の株式を消滅会社の株主に交付します。 しかし抱き合わせ株式は、実質的には自己株式であるので、対価の交付は認められていません。 その為、会計処理を行って抱合わせ株式を消滅させる必要があります。 M&Aを実施する際には、抱合わせ株式の処理には注意が必要です。

関連記事

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)