暦年課税

暦年課税

暦年課税とは、贈与税の課税方法の一つです。 年間110万円までならば、非課税で生前贈与を実行できます。 しかし、それ以上の金額となった場合には、一定金額ごとに税率が上昇します。 具体的には、3,000万円を超えると55%もの税率がかかります。 一般的に暦年課税は、まとまった財産を引き継ぐ事業承継において不向きな方法です。 相続時精算課税を選択した方が、事業承継でかかる税額を抑えられる可能性は高いです。

関連記事

後継者と事業承継の現状・課題|後継者選びのポイントを解説

後継者と事業承継の現状・課題|後継者選びのポイントを解説

中小企業の事業承継で現在、最重要課題となっているのは後継者不足問題です。本記事では、事業承継と後継者に関する現状を分析し、事業承継の方法を紹介しながら、リスクや課題点、後継者選びのポイント、事業...

事業承継とは?M&A・継承との違い、読み方やメリット、手続きの流れ、税金・補助金も紹介

事業承継とは?M&A・継承との違い、読み方やメリット、手続きの流れ、税金・補助金も紹介

事業承継とは、後継者(次期経営者)に、会社の経営権・理念・資産・負債など事業に関するすべてのものを引き継ぐ行為です。今回は、事業承継について、継承との違い・メリット・手続きの流れ・税金や補助金な...

事業承継とは?成功のための課題、方法、メリット、流れ、税金などを徹底解説

事業承継とは?成功のための課題、方法、メリット、流れ、税金などを徹底解説

事業承継とは現在の経営者が会社・事業を後継者に引き継ぐ行為です。親族内承継・社内承継・M&Aによる承継に分けられますが、最適な方法は状況により異なるため注意しましょう。本記事では、事業承...

M&Aにかかる税金!買い手・売り手の節税対策、税務を徹底解説【2021年最新】

M&Aにかかる税金!買い手・売り手の節税対策、税務を徹底解説【2021年最新】

M&Aの実施を目指す際には、その成否にのみ目が向きがちですが、実施後に課せられる税金についても考慮しておくべきです。本記事では、M&Aのスキームごとに生じる税金を説明するとともに...

事業承継で課される贈与税

事業承継で課される贈与税

事業承継を実施した結果、贈与税が発生する場合があります。そのため、事業承継を円滑に進めるためには、贈与税の節税を図る必要があるでしょう。この記事では、事業承継時の贈与税に関する基礎的な知識から、...

事業承継における節税

事業承継における節税

事業承継においては、相続税や贈与税などの税金が課されます。多額の税金によって事業承継が妨げられるケースもあるだけに、節税対策は欠かせないものです。節税の方法や種類など、円滑な事業承継を実現するた...

自社株の事業承継について解説します

自社株の事業承継について解説します

事業承継において、自社株の引き継ぎは重要です。自社株の承継方法は、相続による事業承継、贈与による事業承継、M&Aを用いた売却があります。この記事では、事業承継における自社株の引き継ぎや自...

生前贈与のメリットとデメリット

生前贈与のメリットとデメリット

生前贈与は相続の際に相続税対策として使われます。事業承継の際には株式の承継に使われるなど、幅広く活用される手法の一つです。生前贈与のメリットやデメリットを踏まえ、相続全体をサポートする税理士や弁...

節税スキームを有効活用!消費税・法人税・相続税に活用できる節税スキーム

節税スキームを有効活用!消費税・法人税・相続税に活用できる節税スキーム

世の中にはさまざまな節税スキームが存在し、とりわけ法人税や消費税に関する節税スキームは多く、大きな節税効果が期待できます。しかし、使い方次第では「租税回避」と見なされる恐れがあるため注意が必要で...

人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)