株主間協定

株主間協定

株主間協定は、ある項目に対して株主の間で結ばれます。具体的には、対象会社の今後の方針や取締役、監査の選任や解任等に関してあらかじめ取り決めます。M&A後、トラブルが発生する度に株主総会を開くと、膨大な時間と資金がかかります。株主間協定を事前に結んでおくと、その都度の決議が不要となるので、取り決めを円滑に進行できます。

関連記事

株主間協定

株主間協定

株主間協定は、M&A実施時などに株主の間で結ばれる協定です。対象となる会社の今後の方針・取締役や監査の選任や解任などが事前に取り決められます。株主総会を開く手間や時間を削減できますが、基...

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

近年はM&Aが経営戦略として注目されており、実施件数も年々増加しています。M&Aの特徴はそれぞれ異なるため、自社の目的にあった手法を選択することが重要です。この記事では、M&am...

株主間契約とは?内容や締結するタイミング、メリット・デメリットと注意点を解説

株主間契約とは?内容や締結するタイミング、メリット・デメリットと注意点を解説

株主間契約は、多数派株主・少数派株主それぞれの要望を実現できる可能性を持っています。法的拘束力は弱いものの、活用すれば健全かつ円滑に経営を進行可能です。本記事では、株主間契約の内容や締結するタイ...

M&Aコラム
人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)