株式譲渡契約書

株式譲渡契約書

株主譲渡とは、第三者に自身の所持する株式を渡し、対価を得る行為です。この契約時に提出するものが、株式譲渡契約書です。一昔前までは、株式会社は株主に対して、株式保有者の証である「株券」を譲渡していました。しかし、今では株券を譲渡している会社は殆どありません。つまり、株券が無くなった現在では、理論上口約束のみで株式譲渡が出来てしまいます。しかし、口約束のみでは信頼性に欠けるので、株式譲渡契約書が締結されるようになりました。

関連記事

株式譲渡契約書の印紙、作成方法を解説!

株式譲渡契約書の印紙、作成方法を解説!

株式譲渡契約書とは、株式譲渡におけるさまざまな事柄について定めた文書であり、株主の氏名や会社情報、譲渡価格、対価の支払い方法などの内容が記載されます。契約書というと印紙の存在が気がかりですが、株...

表明保証とは?M&A契約における違反や事例、表明保証保険について解説

表明保証とは?M&A契約における違反や事例、表明保証保険について解説

表明保証とは、契約自体が事実であると証明するものです。M&Aでは、全ての情報を嘘偽りなく開示しているとの証明が、表明保証に記載されています。またデューデリジェンスを十分に行なっていないと、責任を...

非上場の株式譲渡とは?手続きや課税される税金の仕組みを解説

非上場の株式譲渡とは?手続きや課税される税金の仕組みを解説

非上場会社の株式譲渡は、後継者不足や将来への不安から増加傾向にあります。今回は非上場会社の株式譲渡のメリット・デメリットや税金について詳しく解説!注意点もしっかり理解し、非上場株式の株式譲渡を成...

M&Aアドバイザーの重要性とは?ランキングや業務内容、M&A仲介との違いを解説

M&Aアドバイザーの重要性とは?ランキングや業務内容、M&A仲介との違いを解説

M&Aアドバイザーとは、M&Aに関連するアドバイスを行う専門家です。M&Aの相手探し・契約書の作成・統合プロセスまで幅広く業務を行います。この記事では、M&Aアドバイザーの種類・業務内容・起用時...

M&Aの契約書とは?契約手順に沿って意向表明、基本合意書、最終契約書を解説します

M&Aの契約書とは?契約手順に沿って意向表明、基本合意書、最終契約書を解説します

M&Aの際に作成する契約書には、秘密保持契約書、基本合意契約書、最終契約書があります。基本合意契約書には、項目ごとに法的拘束力を設定でき、独占交渉権に法的拘束を持たせるケースが多いです。最終契約...

株式譲渡の手続き

株式譲渡の手続き

株式譲渡の手続きでは、①譲渡承認の請求、②取締役会・株主総会での承認決定、③決定内容の通知、④株式譲渡契約の締結、⑤株主名簿の書き換えおよび証明書交付を行います。各省庁への申請などが必要がないた...

株式譲渡とは?メリット・デメリット、M&Aの手続きや税務を解説

株式譲渡とは?メリット・デメリット、M&Aの手続きや税務を解説

株式譲渡とは、株式を譲渡することによって経営権を売買する手法です。他のM&A手法と比べて、中小企業のM&Aで多く活用されています。株式譲渡は売り手側にメリットが大きい手法でもあります。

株式譲渡による事業承継

株式譲渡による事業承継

株式譲渡は、事業承継やM&Aを実施するときに広く活用される手法です。株式譲渡による事業承継ではさまざまなメリットが得られますが、デメリットも存在するため事前の把握が必要です。この記事では、株式譲...

M&Aの契約

M&Aの契約

M&Aを確実に失敗なく遂行するために、各プロセスにおける契約締結は不可欠です。M&Aを初めて実施する場合、どのような契約があり、何に注意すればいいのかわからないことがあるでしょう。この記事では、...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)