法務デューデリジェンス

法務デューデリジェンス

法務デューデリジェンスとは、法務関係について詳細に調査する行為です。 買収する相手企業の締結している契約や取引の法的正当性を確認する目的で実施します。 具体的には、登記内容や株主の履歴確認、特許等の訴訟有無の確認、契約書の閲覧等を行います。 法的リスクを抱える企業とM&Aを実施した場合、後々訴訟等で大きなコストがかかる恐れがあります。 そのため財務分野と同じくらい、法務デューデリジェンスの実施は重要だと言われています。 大半のM&Aでは、法務デューデリジェンスを仲介会社や法律事務所が担当します。

関連記事

M&Aアドバイザーの重要性とは?ランキングや業務内容、M&A仲介との違いを解説

M&Aアドバイザーの重要性とは?ランキングや業務内容、M&A仲介との違いを解説

M&Aアドバイザーとは、M&Aに関連するアドバイスを行う専門家です。M&Aの相手探し・契約書の作成・統合プロセスまで幅広く業務を行います。この記事では、M&Aアドバイザーの種類・業務内容・起用時...

M&Aにおけるデューデリジェンスとは?費用や種類、注意点を解説

M&Aにおけるデューデリジェンスとは?費用や種類、注意点を解説

デューデリジェンスとは、M&Aの際に相手企業を調査することです。財務・税務・法務というように様々な種類のデューデリジェンスがあります。デューデリジェンスのチェックリストやプロセス 、買い手・売り...

買収監査(デューデリジェンス)とは?意味やM&Aでの活用、必要書類を解説

買収監査(デューデリジェンス)とは?意味やM&Aでの活用、必要書類を解説

買収監査はデューデリジェンスとも呼ばれ、M&Aを実施するときに買収先企業の資産・負債などを詳細に調査する行為です。買収監査には多くの費用や時間が必要となるほか、念入りに実施しないと簿外債務などを...

事業承継とは?方法や事業承継税制・補助金、M&Aでの活用について解説

事業承継とは?方法や事業承継税制・補助金、M&Aでの活用について解説

事業承継は「親族内承継」「親族外承継」「M&Aによる事業承継」の三種類に分けることができます。事業承継の手順、方法、メリット・デメリット、事業承継税制や補助金について解説していきます。どの事業承...

偶発債務とは?M&Aで問題となる種類、対策を解説

偶発債務とは?M&Aで問題となる種類、対策を解説

偶発債務とは現段階では生じておらず、将来に特定の条件を満たすと発生する債務です。M&A取引において偶発債務の存在を発見するには、デューデリジェンスの実施が必要不可欠となります。今回は、M&Aで問...

M&A失敗例から学ぶ成功のポイント

M&A失敗例から学ぶ成功のポイント

M&Aの失敗例を知ることで、M&Aを成功させるためのヒントが得られます。失敗原因には簿外債務の存在や株主名簿・株券の整備不足、株主と経営陣の意向が一致していないなどが挙げられ、原因に対してどのよ...

事業承継の専門家

事業承継の専門家

事業承継の専門家は、事業承継における課題を解決するうえで心強いパートナーとなります。そのような事業承継に携わる専門家の種類は、事業承継アドバイザーやプランナー・税理士・弁護士などさまざまです。な...

M&Aの業務

M&Aの業務

M&Aの業務は高度な専門知識が必要なため、M&Aアドバイザーと呼ばれる専門家に依頼します。単なる弁護士や公認会計士ではなくM&Aに特化した専門家が必要なのです。M&Aの業務とは何か、そこにどのよ...

M&Aにおける弁護士の役割

M&Aにおける弁護士の役割

弁護士事務所や仲介会社ではM&A案件への対応依頼に対し、豊富な経験と実績のある弁護士が対応します。ここではM&Aにおいて、弁護士がどのような役割を果たし、弁護士を活用することで依頼者にどのような...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)