焦土作戦

焦土作戦

焦土作戦とは、敵対的M&Aに対する買収防衛策の一種です。 相手企業にとって魅力的な事業や高収益な事業を第三者に売却したり、敢えて多額の負債を負います。 そうすることで、敵対的買収の意欲を削ぐ効果があります。 ただし、既存株主からの反発などを招くリスクがあります。 加えて、敵対的M&Aを阻止できたとしても、その後の経営が悪化するリスクもあります。 そのため、焦土作戦はハイリスクなM&A手法です。

関連記事

TOBとは?株価への影響や規制、意味をわかりやすく解説

TOBとは?株価への影響や規制、意味をわかりやすく解説

TOBとは買収を目的に実施されるM&A手法の1種であり、友好的TOB・敵対的TOBの2種類があります。TOBは大規模な買収案件で用いるケースがほとんどですが、周囲に与える影響が大きいため...

友好的買収とは?メリット・デメリットや事例、敵対的買収の違いを解説

友好的買収とは?メリット・デメリットや事例、敵対的買収の違いを解説

友好的買収とは、買収対象となる会社の経営陣の同意を得たうえで実施する買収方法です。日本で実施されるほとんどのM&Aでは、友好的買収が採用されています。とはいえ、デメリットも存在するため、...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)