独占交渉権

独占交渉権

独占交渉権とは、M&Aの際に買い手側が売り手側企業と独占的に交渉できる権利です。 独占交渉権が有効な期間内は、売り手側は他の買い手候補との間で、M&A取引に関する接触を一切出来なくなります。 売り手企業の価値が高く、多くの買い手候補が出てきた場合、一般的には価格競争によって買い手を決定します。 そこで基本合意書を締結する際に独占交渉権を定めておけば、他社と競争せずに安い価格でM&Aを実施できます。 ただし売り手側にとっては、メリットのない契約事項となります。 M&Aの際には、双方がしっかりと協議した上で、独占交渉権を定めるかどうか決定する必要があります。

関連記事

M&Aで基本合意書を締結する目的

M&Aで基本合意書を締結する目的

基本合意書とは、M&Aのスムーズな実施を目的として最終契約前のタイミングで締結する書類です。具体的には、買い手からすれば確実に取引できるメリットが、売り手からすれば安全に取引できるメリッ...

会社売却の相場はいくら?利益の算出方法・高く売るポイント・税金・社員の処遇も解説

会社売却の相場はいくら?利益の算出方法・高く売るポイント・税金・社員の処遇も解説

会社売却の相場に関してまとめました。会社売却の基礎知識を確認しながら、会社売却相場の具体的な算出方法、算出に影響を及ぼす要素、会社を高く売るポイント、売却時に発生する税金、手続きの流れ、メリット...

会社売却の方法・手続きとは?M&Aの流れ、売却後の従業員の処遇、注意点も解説

会社売却の方法・手続きとは?M&Aの流れ、売却後の従業員の処遇、注意点も解説

会社売却の方法は、株式譲渡・事業譲渡・合併などがあります。一般的な方法は株式譲渡ですが、どの方法による売却が一番良いのかは、会社の状況や売却目的などによって異なります。会社売却する方法やM&am...

会社売却のメリット・デメリット!相場や税金、高値で売るコツも紹介【事例あり】

会社売却のメリット・デメリット!相場や税金、高値で売るコツも紹介【事例あり】

会社売却には、会社の規模拡大や自社存続などのメリットがありますが、会社売却が必ずしも成功するとは限らないデメリットもあります。本記事では、会社売却のメリット・デメリット、相場や税金、高値で売るコ...

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収に用いられるM&Aスキーム(手法)は実にさまざまです。本記事では、買収の意味や行われる目的、メリット・デメリット、買収のプロセスや...

M&A実務とは?手順や内容、契約、クロージング、企業評価算定を解説

M&A実務とは?手順や内容、契約、クロージング、企業評価算定を解説

M&A実務は、企業評価、取引企業候補の選定、交渉、契約書作成など多岐に渡るため、M&A仲介会社などの専門家に委託するのが一般的です。本記事では、M&A実務にはどのようなも...

M&Aアドバイザーの重要性とは?業務内容やM&A仲介との違いを解説

M&Aアドバイザーの重要性とは?業務内容やM&A仲介との違いを解説

M&Aアドバイザーとは、M&Aに関連するアドバイスを行う専門家です。M&Aの相手探し・契約書の作成・統合プロセスまで幅広く業務を行います。この記事では、M&Aアド...

M&Aのプロセスとは?準備から交渉・PMIに至るまでわかりやすく解説

M&Aのプロセスとは?準備から交渉・PMIに至るまでわかりやすく解説

M&Aを成功させるためには、各プロセスのポイントを把握することが不可欠です。M&Aの戦略選定から相手選び、交渉、基本合意書の締結、デューデリジェンス、最終契約とクロージング、そし...

M&Aで用いる契約書とは?種類や契約手順、ひな形・フォームもわかりやすく紹介

M&Aで用いる契約書とは?種類や契約手順、ひな形・フォームもわかりやすく紹介

M&Aで用いられる契約書およびそれに準ずる書類は、機密保持契約書、仲介契約書、アドバイザリー契約書、意向表明書、基本合意書、最終契約書です。本記事では、それぞれのM&Aの契約書の...

人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)