独占交渉権

独占交渉権

独占交渉権とは、M&Aの際に買い手側が売り手側企業と独占的に交渉できる権利です。 独占交渉権が有効な期間内は、売り手側は他の買い手候補との間で、M&A取引に関する接触を一切出来なくなります。 売り手企業の価値が高く、多くの買い手候補が出てきた場合、一般的には価格競争によって買い手を決定します。 そこで基本合意書を締結する際に独占交渉権を定めておけば、他社と競争せずに安い価格でM&Aを実施できます。 ただし売り手側にとっては、メリットのない契約事項となります。 M&Aの際には、双方がしっかりと協議した上で、独占交渉権を定めるかどうか決定する必要があります。

関連記事

M&Aで基本合意書を締結する目的

M&Aで基本合意書を締結する目的

基本合意書とは、M&Aのスムーズな実施を目的として最終契約前のタイミングで締結する書類です。具体的には、買い手からすれば確実に取引できるメリットが、売り手からすれば安全に取引できるメリットがある...

M&Aアドバイザーの重要性とは?ランキングや業務内容、M&A仲介との違いを解説

M&Aアドバイザーの重要性とは?ランキングや業務内容、M&A仲介との違いを解説

M&Aアドバイザーとは、M&Aに関連するアドバイスを行う専門家です。M&Aの相手探し・契約書の作成・統合プロセスまで幅広く業務を行います。この記事では、M&Aアドバイザーの種類・業務内容・起用時...

M&Aのプロセスとは?買収・売却におけるプロセスや注意点を解説

M&Aのプロセスとは?買収・売却におけるプロセスや注意点を解説

M&Aのプロセスは、プレディールとディール実行で成り立ちます。プレディールは、M&Aを行う対象となる企業のリサーチや準備を行うプロセス。ディール実行は、M&Aに繋がる契約を行うプロセスです。M&...

M&Aの契約書とは?契約手順に沿って意向表明、基本合意書、最終契約書を解説します

M&Aの契約書とは?契約手順に沿って意向表明、基本合意書、最終契約書を解説します

M&Aの際に作成する契約書には、秘密保持契約書、基本合意契約書、最終契約書があります。基本合意契約書には、項目ごとに法的拘束力を設定でき、独占交渉権に法的拘束を持たせるケースが多いです。最終契約...

M&Aの種類とは?契約書や専門家の種類を解説

M&Aの種類とは?契約書や専門家の種類を解説

M&A手法は、資本の移動の有無・譲渡の範囲によってさまざまな種類に分けられます。M&A手法によって、特徴・活用場面・メリットやデメリットは異なるのです。M&Aをスムーズに成功させるには、自社に最...

M&Aの手続きの流れ、進め方について解説!準備から円滑に進めよう

M&Aの手続きの流れ、進め方について解説!準備から円滑に進めよう

M&Aでは準備段階、交渉段階、契約段階、完了段階と進んでいきます。各段階で注意すべき点があり、M&Aの費用や方法について理解を深めることも大切です。M&A仲介会社やアドバイザリーにサポートしても...

M&Aの注意点(売り手編)

M&Aの注意点(売り手編)

M&Aを成功させるうえでの注意点をご紹介します。経営者・オーナーは仕事があり、M&Aを全てを完璧に理解し、交渉を進めることは難しいです。M&Aを成功させるために、信頼できる仲介会社を選び、一つひ...

M&Aの契約

M&Aの契約

M&Aを失敗なく遂行するために、各プロセスにおける契約締結は不可欠です。M&Aを初めて実施する場合、どのような契約があり、何に注意すればいいのかわからないことがあるでしょう。この記事では、M&A...

M&Aの基本合意書

M&Aの基本合意書

M&Aで締結する契約書に、基本合意書があります。本記事ではM&Aを実施する際の基本合意書の内容や、基本合意書の独占交渉権、法的拘束力などを説明します。また、上場企業のM&Aにともなう適時開示義務...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)