現在価値

現在価値

現在価値とは、将来獲得できると予想されるキャッシュフローの現時点の価値を指します。 現在所持している100万円は、金利分を考慮すると一年後に得られる100万円よりも価値があります。 将来得られるキャッシュの現在価値を知る際には、将来価格を(1+割引率)に年数を乗じた数で割って求めます。 現在価値は、M&Aで企業価値を計算する際や、プロジェクトの投資判断を行う際に非常に重要な考え方です。

関連記事

株式価値とは?株主価値、時価総額との違い、計算方法もわかりやすく解説

株式価値とは?株主価値、時価総額との違い、計算方法もわかりやすく解説

株式価値はM&Aでの会社売買の際、売買価額を決定づける基となるものです。本記事では、株式価値と企業価値・事業価値との意味の違い、株式価値の計算方法3体系(コストアプローチ、インカムアプロ...

M&Aの譲渡価格の相場はどれくらい?価格の決め方、高値で売却するコツも紹介【事例付き】

M&Aの譲渡価格の相場はどれくらい?価格の決め方、高値で売却するコツも紹介【事例付き】

M&Aの相場とは、企業を譲渡・譲受する際にふさわしいとされる金額です。買い手側と売り手側ではM&Aの相場観に差異があるため、折り合いをつける必要があります。本記事では、M&amp...

事業譲渡で発生するのれんとは?会計・税務上の取扱いをわかりやすく解説

事業譲渡で発生するのれんとは?会計・税務上の取扱いをわかりやすく解説

M&Aで事業譲渡・譲受を実施すると、のれんという金額が発生します。軒先の暖簾(のれん)と同音である、こののれんという言葉が事業譲渡の現場で使われる意味と、企業会計や税務でのれんをどう取り...

資本コスト(WACC)とは?種類、計算方法をわかりやすく解説

資本コスト(WACC)とは?種類、計算方法をわかりやすく解説

資本コスト(WACC)とは、会社が資金調達するときに必要となる費用です。資本コストには、負債コストと株主資本コストの2つがあります。本記事では、資本コスト(WACC)の種類、計算方法、資本コスト...

インカムアプローチ

インカムアプローチ

企業価値を算出する3大手法の1つがインカムアプローチです。企業の将来性に着目する評価方法が特徴であるインカムアプローチには、他の手法同様にいくつかの方法が属します。中でもDCF法は、M&...

会社売却のメリット・デメリット!相場や税金、高値で売るコツも紹介【事例あり】

会社売却のメリット・デメリット!相場や税金、高値で売るコツも紹介【事例あり】

会社売却には、会社の規模拡大や自社存続などのメリットがありますが、会社売却が必ずしも成功するとは限らないデメリットもあります。本記事では、会社売却のメリット・デメリット、相場や税金、高値で売るコ...

事業価値

事業価値

事業価値とは、ある事業から得られるキャッシュフローの現在価値を合計したものであり、事業の将来性を測る指標として重宝されています。また、事業価値を算出する方法としては、DCF法が最も活用されていま...

事業拡大とは?施策や戦略、成功事例・失敗事例を解説

事業拡大とは?施策や戦略、成功事例・失敗事例を解説

事業の拡大とは、既存または新規の分野で、事業を大きくする経営戦略です。事業を拡大すると、利益の獲得、認知度の向上、柔軟な市場対応力の獲得などのメリットが得られます。この記事では、事業拡大について...

M&Aにおける会社売買とは?会社売買のメリット・デメリット、動向、相場の把握方法、案件一覧も紹介

M&Aにおける会社売買とは?会社売買のメリット・デメリット、動向、相場の把握方法、案件一覧も紹介

後継者不足やM&Aの普及などの理由で会社売買が増加中です。本記事では、M&Aでの会社売買の売り手・買い手ごとのメリット・デメリット、会社売買の動向、売買価額の算出方法、会社売買の...

M&Aコラム
人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)