相対方式

相対方式

相対方式とは、1社ずつ買い手候補の企業と交渉を進めるM&Aの進行方式です。 他方で複数の買い手候補の中から、最も好条件を提示した相手とM&Aを実施する形式を、オークション方式と呼びます。 オークション形式と比べると、相対方式のM&Aは取引金額は低い傾向があります。 しかしその一方で、M&Aの交渉にかかる時間を短縮できるメリットもあります。 中小企業のM&Aは、ほとんどの場合相対方式で実施されます。

関連記事

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)