破綻懸念先

破綻懸念先

破綻懸念先とは、現時点で経営破綻する可能性は低いものの、経営難に陥っている企業を指します。 経営計画の進捗状況が悪く、長期的に見ると経営破綻する可能性が高い場合に、破綻懸念先とみなされます。 金融庁のマニュアルでは、5段階ある債務状況の深刻度の中で、中程度だとされています。 この段階になると、自力での経営再建はかなり困難です。 経営破綻に陥る可能性は低いものの、早めの対策を講じる必要があります。 必要に応じで、M&Aによる会社売却も視野に入れるのがベターです。 ここからさらに経営状況が深刻化すると、実質破綻先と呼ばれます。 そこまで悪化すると、M&Aの実施すら困難になります。

関連記事

法人・個人の銀行借り入れの審査や条件を解説します

法人・個人の銀行借り入れの審査や条件を解説します

銀行借り入れは、会社経営の生命線とも言えるものです。借り入れには、どれだけ綿密な経営計画を立てているか、返済ができる根拠があるかなど、具体的な数字も添えて明確に示す必要があります。銀行借り入れの...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)