税務デューデリジェンス

税務デューデリジェンス

税務デューデリジェンスとは、税務関係について詳細に調査するデューデリジェンスの一種です。 対象企業が抱える税務上のリスクや、M&A取引が抱えるリスクを把握する目的で実施します。 具体的には、相手企業が法人税や消費税等をしっかり納税しているかを確認します。 また、「M&Aの際に繰越欠損金の特例が認められるか否か」を判断する上でも、税務デューデリジェンスの実行は重要です。 財務・法務分野と同じく、税務上の問題を抱えたままM&Aを実施してしまうと、後々大きな損失となる可能性があります。 そのため、税務デューデリジェンスも極力実施すべきであると言われています。 基本的には、税理士事務所や仲介会社がこの実務を担当します。

関連記事

事業承継を税理士に相談するメリット

事業承継を税理士に相談するメリット

事業承継を税理士に相談することで、税務関係の処理だけでなく、M&Aを活用した事業承継プロセスのサポートも実施してもらえるメリットがあります。ただしすべての税理士が対応できるわけではないため、事業...

M&Aにおけるデューデリジェンスとは?費用や種類、注意点を解説

M&Aにおけるデューデリジェンスとは?費用や種類、注意点を解説

デューデリジェンスとは、M&Aの際に相手企業を調査することです。財務・税務・法務というように様々な種類のデューデリジェンスがあります。デューデリジェンスのチェックリストやプロセス 、買い手・売り...

買収監査(デューデリジェンス)とは?意味やM&Aでの活用、必要書類を解説

買収監査(デューデリジェンス)とは?意味やM&Aでの活用、必要書類を解説

買収監査はデューデリジェンスとも呼ばれ、M&Aを実施するときに買収先企業の資産・負債などを詳細に調査する行為です。買収監査には多くの費用や時間が必要となるほか、念入りに実施しないと簿外債務などを...

事業承継の専門家

事業承継の専門家

事業承継の専門家は、事業承継における課題を解決するうえで心強いパートナーとなります。そのような事業承継に携わる専門家の種類は、事業承継アドバイザーやプランナー・税理士・弁護士などさまざまです。な...

M&Aの業務

M&Aの業務

M&Aの業務は高度な専門知識が必要なため、M&Aアドバイザーと呼ばれる専門家に依頼します。単なる弁護士や公認会計士ではなくM&Aに特化した専門家が必要なのです。M&Aの業務とは何か、そこにどのよ...

M&Aにおける公認会計士の役割

M&Aにおける公認会計士の役割

公認会計士は、M&Aプロセスのなかでも戦略策定・バリュエーション・財務デューデリジェンスなどの役割を果たす専門家です。会計に関する専門知識を持っており、M&Aの成功を目指す上で頼りになります。M...

のれん償却とは?会計処理や期間、メリット・デメリットを解説

のれん償却とは?会計処理や期間、メリット・デメリットを解説

M&Aで発生した「のれん代」は、一定期間内にのれん償却する必要があります。のれん償却の期間は、投資回収を考慮し最長20年以内に設定しましょう。会計基準にIFRSを採用し、のれん償却しない選択も1...

法人税および法人に課せられる税金の種類

法人税および法人に課せられる税金の種類

法人税には様々な種類があり、法人に課せられる税金は他にもあります。経営者はそれぞれの税金の概要を踏まえ、損金算入を利用するなどして、個々に応じた節税対策を講じるといいでしょう。ここでは、法人に課...

M&Aにおける税理士の役割

M&Aにおける税理士の役割

税理士は、M&Aプロセスのなかでもバリュエーションや財務・税務デューデリジェンスなどの役割を果たす専門家です。会計と税務の専門知識を持っており、M&A成功を目指す上で頼りになります。M&Aを円滑...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)