立会い

立会い

M&Aにおける立会いとは、会社が実施する実地棚卸に監査人が同席する行為です。 監査人自身が、実際に棚卸数量を確認する場合もあります。 専門家である監査人が立ち会う事で、在庫数量の正当性を公的に証明できます。 M&A取引の透明性を立証する上でも、立会いの実施は非常に効果的です。 また、M&A実行日に書類の不足・不備がないかを弁護士に確かめてもらう事を、立会いと呼ぶ場合もあります。 M&A取引では、立会いのみならず必要となる書類作成においても、弁護士や司法書士の助力は必要となります。 契約書類作成から立会いまでを一貫して依頼する事で、M&Aの実務をスムーズに進行できます。

関連記事

M&Aアドバイザリー契約の内容と締結タイミングに確認すべき注意点を解説

M&Aアドバイザリー契約の内容と締結タイミングに確認すべき注意点を解説

M&AアドバイザリーにM&A業務を委託する時は、M&Aアドバイザリー契約を締結します。その際は、M&Aアドバイザリー契約の内容をよく理解しておくことが重要です。本...

M&Aに強い弁護士に依頼する場合の費用相場は?

M&Aに強い弁護士に依頼する場合の費用相場は?

M&Aは仲介会社に依頼するのが一般的ですが、弁護士に依頼する方法もあります。ただし、弁護士のM&A業務の費用相場はわかりにくい部分もあるので、よく理解して依頼することが大切です。...

税理士法人・会計事務所のM&A動向!買収・売却・事業承継の事例を紹介!

税理士法人・会計事務所のM&A動向!買収・売却・事業承継の事例を紹介!

税理士法人・会計事務所は、税理士法人の増加や経営者の高齢化などによって、M&Aが活発化してきている業界です。本記事では、税理士事務所・会計事務所のM&Aについて、動向や売却・買収...

人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)