競業避止義務

競業避止義務

競業避止義務とは、M&Aの際に売り手側が買い手側に対して、譲渡した事業と同じ分野で事業を行わないことを約束する義務のことです。 売り手側が売却した事業を再び始めた場合、人脈やノウハウ面で優れているため、買い手側がM&A後の利益を得られなくなる可能性があります。 買い手側の利益を守るために、M&Aでは売り手側に対して一定期間・範囲の競業避止義務を定めるのが一般的です。 特にM&A手法の中でも事業譲渡を用いた場合、会社法によって20年の競業避止義務が売り手側に対して発生します。 ただし、この期間は当事者間の契約で一定程度なら変更可能です。

関連記事

株主間協定

株主間協定

株主間協定は、M&A実施時などに株主の間で結ばれる協定です。対象となる会社の今後の方針・取締役や監査の選任や解任などが事前に取り決められます。株主総会を開く手間や時間を削減できますが、基本的に法...

会社売却のメリット・デメリットとは?方法、相場、税金も紹介

会社売却のメリット・デメリットとは?方法、相場、税金も紹介

会社売却には、会社の規模拡大や自社の存続などのメリットがあります。一方で、会社売却が必ずしも成功するとは限らないというデメリットもあります。会社売却を成功させるためには、「タイミングの見極め」や...

会社分割と事業譲渡 5つの違い

会社分割と事業譲渡 5つの違い

M&Aの手法として混同されやすい会社分割と事業譲渡には大きな違いがあります。買収対価支払い、税金、簿外債務や不要資産の引き継ぎ、契約と許認可の移転、手続き方法の5点において異なる会社分割と事業譲...

事業譲渡とは?意味や方法、M&Aにおける活用​を解説

事業譲渡とは?意味や方法、M&Aにおける活用​を解説

事業譲渡とは、会社の一部または全部を売買するM&A手法です。事業譲渡には簿外債務を引き継がないなどのメリットがあり、他のM&A手法とは異なる特徴があります。この記事では、事情譲渡とはどのような手...

M&Aの注意点(売り手編)

M&Aの注意点(売り手編)

M&Aを成功させるうえでの注意点をご紹介します。経営者・オーナーは仕事があり、M&Aを全てを完璧に理解し、交渉を進めることは難しいです。M&Aを成功させるために、信頼できる仲介会社を選び、一つひ...

M&Aによる会社売却・事業売却

M&Aによる会社売却・事業売却

M&Aによる会社売却・事業売却を検討する経営者が増えています。会社売却・事業売却を成功させるため、売却の目的・タイミング、売却手法、売却価格の決定方法など、会社売却・事業売却を成功させるポイント...

M&Aの税務

M&Aの税務

M&Aでは金銭の授受があるため、そこに必ず税務が生じます。またM&Aでは譲受対象が株式、事業、資産、権利など様々であり、それぞれにおいて税務は違います。さらに個人、法人でも税務は変わるため厄介で...

M&Aとアライアンスの違い

M&Aとアライアンスの違い

M&Aとアライアンスの大きな違いは、「経営権の移転」の有無です。M&Aの種類は、買収・分割・合併に、アライアンスでは、業務提携・資本提携に大別できます。M&Aとアライアンスのメリット・デメリット...

事業譲渡における挨拶状

事業譲渡における挨拶状

事業譲渡後には、事業運営の会社が変わる挨拶状を関係者に送付します。事業譲渡の挨拶状について、テンプレート(雛形)を示しつつ、送付の適切な時期、注意点などについて解説します。

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)