第二会社方式

第二会社方式

第二会社方式とは、事業再生手法の一つです。 第二会社方式は、事業譲渡や会社分割などのM&A手法を用いて実施します。 収益性の高い事業を他社(第二会社)に移行する一方で、収益性の低い事業が残った会社を清算し、事業再生を目指します。 ただしやり方次第で、法人格否認の対象になる可能性もある行為です。 また、第二会社方式を用いて事業再生をする場合、税負担の軽減措置や特別融資等の支援を中小企業庁から受けることができます。

関連記事

第二会社方式とは?スキームや問題点、再生型M&Aでの活用方法を解説

第二会社方式とは?スキームや問題点、再生型M&Aでの活用方法を解説

再生型M&A手法である第二会社方式とは、経営不振に陥っている企業において、収益性の良い事業を他の会社(第二会社)に移転し、法人格を消滅させる手法です。第二会社方式のメリット・デメリットをしっかり...

M&Aを活用した事業再生とは?メリット・デメリットの流れをご紹介

M&Aを活用した事業再生とは?メリット・デメリットの流れをご紹介

M&Aによって事業再生を行う場合、事業譲渡や会社分割など、それぞれの状況に合わせた適切な手法を選択する必要があります。専門家のサポートも受けつつ、それぞれの会社にとって最適な手法を選び、事業の継...

事業再生の手法と流れ、成功させる7つのコツを徹底解説【事例あり】

事業再生の手法と流れ、成功させる7つのコツを徹底解説【事例あり】

事業再生は倒産しそうな会社を立て直す手段で、もし失敗すれば破産・清算となるため、実行の際はよく内容を理解しておく必要があります。本記事では、事業再生の手法にはどのような種類があるか、どういう流れ...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)