範囲の経済性

範囲の経済性

範囲の経済性とは、企業が複数の事業を運営することで、それぞれを単独の企業が実施する場合よりも経済性が高まる現象を指します。 M&Aにおいては、既存事業と関連性の高い企業(事業)を買収することで、範囲の経済性を得られます。 例えば、既存事業で活用しているノウハウや生産設備がある場合、関連性の高い事業を買収すれば、新しく始める際にかかるコストや時間を削減できます。 近年は、範囲の経済性によるシナジー効果を得るために、M&Aによる多角化を進める企業が増加しています。 売り手企業は、買い手側に対して範囲の経済性によるシナジー効果を訴求できれば、高い値段でM&Aを実施できます。

関連記事

事業の多角化

事業の多角化

事業の多角化とは、既存の製品や市場とは異なる新たな市場に事業分野を展開する戦略のことです。本記事では、事業を多角化するメリットとデメリットのほか、事業の多角化を成功させるポイントや事業を多角化し...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)