組織再編税制

組織再編税制

組織再編税制とは、組織再編を実施した際の税金に関する制度です。組織再編税制では、三つの場合に税金を課税します。①資産移転実施時の法人への課税、②資産の時価評価を実施する際の株主への課税、③株式交付を受ける株主に対する課税。

関連記事

会社売却の方法・やり方・手続きとは?M&Aの流れ、売却後の従業員の処遇、注意点も解説

会社売却の方法・やり方・手続きとは?M&Aの流れ、売却後の従業員の処遇、注意点も解説

会社売却の方法は、株式譲渡・事業譲渡・合併などがあり一般的な方法は株式譲渡ですが、どの方法による売却が一番良いのかは、会社の状況や売却目的などによって異なります。本記事では、会社売却の方法、やり...

組織再編税制

組織再編税制

組織再編税制とは、企業が事業円滑化などのために行う組織再編に対して定められた特別な課税制度です。組織再編税制の対象となる行為には、合併、会社分割、現物出資、現物分配、株式移転、株式交換、スピンオ...

株式交換とは?用語の意味、メリット・デメリット、手続きの流れも徹底解説

株式交換とは?用語の意味、メリット・デメリット、手続きの流れも徹底解説

株式交換とは、対象会社の発行済株式すべてを株式の交換によって取得し、完全親会社となるための手法です。主に、会社の組織再編に活用されます。この記事では、株式交換を活用するメリット・デメリット、株式...

会社分割とは?分類や手続き、メリット・デメリット、事業譲渡との違いを解説

会社分割とは?分類や手続き、メリット・デメリット、事業譲渡との違いを解説

M&Aスキームの会社分割には吸収分割と新設分割の2種があります。本記事では、それぞれの会社分割における特徴と違いを明らかにするとともに、会社分割のメリット・デメリット、手続きの流れ、類似...

会社分割と事業譲渡 5つの違い

会社分割と事業譲渡 5つの違い

M&Aの手法として混同されやすい会社分割と事業譲渡には大きな違いがあります。買収対価支払い、税金、簿外債務や不要資産の引き継ぎ、契約と許認可の移転、手続き方法の5点において異なる会社分割...

新設分割とは?メリット・デメリット、手続き、M&Aでの活用方法を解説

新設分割とは?メリット・デメリット、手続き、M&Aでの活用方法を解説

会社分割手法の1つである新設分割とは、新しく会社を設立して既存事業の一部または全部を移転することです。合弁企業設立やグループ内再編など多面的用途があり、それに応じてやり方も変わります。新設分割の...

株式移転とは?株式交換との相違点、メリット・デメリット、手続き、活用事例を解説

株式移転とは?株式交換との相違点、メリット・デメリット、手続き、活用事例を解説

株式移転は、新設した持株会社へ自社の株を移行して経営統合するM&A手法です。株式移転は株式譲渡などとは異なり、買収時に多額の資金を用意しなくてよい点がメリットです。本記事では、株式移転に...

不動産M&Aとは?手法、メリット・デメリットの比較、節税や会社分割について解説

不動産M&Aとは?手法、メリット・デメリットの比較、節税や会社分割について解説

不動産M&Aは、不動産取得を目的として実施するM&Aです。 通常の不動産売買にはないさまざまなメリットを獲得できる一方、デメリットも存在します。この記事では、不動産M&A...

M&Aの税金に関する知識!買い手・売り手の節税対策、税務を徹底解説【2022年最新】

M&Aの税金に関する知識!買い手・売り手の節税対策、税務を徹底解説【2022年最新】

M&Aの実施を目指す際には、その成否にのみ目が向きがちですが、実施後に課せられる税金についても考慮しておくべきです。本記事では、M&Aのスキームごとに生じる税金を説明するとともに...

M&Aコラム
人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)