組織再編税制

組織再編税制

組織再編税制とは、組織再編を実施した際の税金に関する制度です。組織再編税制では、三つの場合に税金を課税します。①資産移転実施時の法人への課税、②資産の時価評価を実施する際の株主への課税、③株式交付を受ける株主に対する課税。

関連記事

会社売却の方法とは?手続き・売却後の従業員の処遇・注意点を解説

会社売却の方法とは?手続き・売却後の従業員の処遇・注意点を解説

会社売却の方法には、株式譲渡・事業譲渡・合併などがあります。一般的な方法は株式譲渡ですが、どの方法での売却が一番良いのかは、会社の状況や売却目的などによって異なるのです。会社を売却するメリット・...

組織再編税制

組織再編税制

組織再編税制とは、企業が事業円滑化などのために行う組織再編に対して定められた特別な課税制度です。組織再編税制の対象となる行為には、合併、会社分割、現物出資、現物分配、株式移転、株式交換、スピンオ...

株式交換とは?メリット・デメリット、M&Aでの活用や自己株式の消却について解説

株式交換とは?メリット・デメリット、M&Aでの活用や自己株式の消却について解説

株式交換とは、対象会社の発行済株式すべてを株式の交換によって取得し、完全親会社となるための手法であり、会社の組織再編の際に活用されています。この記事では、株式交換を活用するメリット・デメリット、...

会社分割とは?手続きやメリット・デメリット、事業譲渡との違いを解説

会社分割とは?手続きやメリット・デメリット、事業譲渡との違いを解説

会社分割とは、一部または全部の事業を他社に承継するM&A手法をさします。経営統合・グループ内再編など組織再編の方法として用いられるケースが一般的であり、税金の負担が軽い点などがメリットです。本記...

会社分割と事業譲渡 5つの違い

会社分割と事業譲渡 5つの違い

M&Aの手法として混同されやすい会社分割と事業譲渡には大きな違いがあります。買収対価支払い、税金、簿外債務や不要資産の引き継ぎ、契約と許認可の移転、手続き方法の5点において異なる会社分割と事業譲...

株式移転とは?手続きやメリット・デメリット、M&Aにおける活用や事例を解説

株式移転とは?手続きやメリット・デメリット、M&Aにおける活用や事例を解説

株式移転とは、新たに設立した持株会社に自社の株を移行することで、経営統合や持株会社の設立を行うM&A手法です。株式移転は株式譲渡などの手法と異なり、買収時に多額の資金を用意しなくてもよいというメ...

M&Aの税務

M&Aの税務

M&Aでは金銭の授受があるため、そこに必ず税務が生じます。またM&Aでは譲受対象が株式、事業、資産、権利など様々であり、それぞれにおいて税務は違います。さらに個人、法人でも税務は変わるため厄介で...

新設分割と吸収分割の違い

新設分割と吸収分割の違い

企業組織再編を目的とする会社分割は2種類あり、それぞれ新設分割、吸収分割と呼ばれています。事業譲渡と混同されやすい新設分割と吸収分割は、どちらもM&Aの専門的な手法です。新設分割と吸収分割、それ...

株式交換のスケジュール

株式交換のスケジュール

株式譲渡などのM&A手法と違って株式交換を実施する場合、完了するまでの間にさまざまなスケジュールを経て手続きが進みます。1つの手続きだけで事態が終わらないために、株式交換が効力を発生する日を見越...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)