詐害行為

詐害行為

詐害行為とは、債務者が債権者の利益を害することを知っていながら、自身の財産を故意に減らす行為です。 債務者が詐害行為を受けた場合、民法に則ってその詐害行為の取り消しを請求できます。 M&Aにおいても、詐害行為とその取消権が認められています。 具体例として、二社間によるM&A契約を結んだ例を考えてみます。 売り手企業が買い手側の利益を害するのを知って、故意に自社の企業価値を減少させた場合、詐害行為としてみなされます。 この際、買い手側はその詐害行為の取り消しを請求出来ます。 M&Aの際には、自身の行為が詐害行為とならないか、注意しておく必要があります。

関連記事

営業譲渡とは?手続きやメリット、事業譲渡との違い、税務を解説

営業譲渡とは?手続きやメリット、事業譲渡との違い、税務を解説

営業譲渡は、会社の一部の事業を他社に引き継ぐM&Aの手法です。買い手側には節税やシナジー効果などのメリットがあり、売り手側には組織を整理できるなどのメリットがあります。営業譲渡を実施する...

事業譲渡における挨拶状の作成方法とは?記載内容、テンプレートも紹介

事業譲渡における挨拶状の作成方法とは?記載内容、テンプレートも紹介

事業譲渡後、事業運営の会社が変わる挨拶状を取引先など関係者宛てに送付しますが、どのような内容を盛り込めばよいでしょうか。本記事では事業譲渡の挨拶状についてテンプレート(雛形)を示しつつ、送付の適...

会社分割と債務超過

会社分割と債務超過

債務超過会社にとって、会社分割は非常に役立つ手法です。債務超過部分を切り離したり、優良部分を独立させることで、経営再建を実現できます。会社法における債務超過会社の会社分割と注意点、債務超過会社の...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)