金庫株

金庫株

金庫株とは、企業が所有している自己株式を指します。 取得回数や時期に制限がなく、保有し続ける事が可能であるために金庫株と呼ばれています。 中小企業の事業承継では、自己株式の相続税を納める際の負担が大きいです。 そこで、後継者が相続した金庫株を会社側が買い取る事により、相続税の納税資金を確保できます。 ただし企業側が取得できる金庫株は、分配可能額の範囲内に限られています。 そのため、金庫株の買取タイミング等を含めて、事業承継の計画を立てる必要があります。

関連記事

株式交換とは?手法の概要、メリット・デメリット、手続きの流れ、最新事例も解説

株式交換とは?手法の概要、メリット・デメリット、手続きの流れ、最新事例も解説

株式交換とは、対象会社の発行済株式すべてを株式の交換によって取得し、完全親会社となるための手法であり、会社の組織再編の際に活用されています。この記事では、株式交換を活用するメリット・デメリット、...

自社株買いと株価の関係

自社株買いと株価の関係

自社株買いが行われると、少なからず株価に影響がでますが、どのような関係性によるものなのでしょうか。この記事では。自社株買いの手法、自社株買いの目的とメリット、自社株買いにおける消却と株価への影響...

自己株式とは?メリット・デメリット、制限やM&Aでの活用をわかりやすく解説

自己株式とは?メリット・デメリット、制限やM&Aでの活用をわかりやすく解説

自己株式は、敵対的買収への防衛策や事業承継対策などの目的で利用されます。M&Aの対価には、費用や手間を削減できるうえに既存株主の利益を害さない自己株式の利用も検討しましょう。本記事では、...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)