APV法

APV法

APV(Adjusted Present Value)法とは、企業価値を算出する方法の一つです。 ある事業から将来獲得できると予想されるFCFを、現在価値に割り引く点はDCF法と同様です。 ただし、資本構成が全て株主資本であると仮定する点が異なります。 株主資本コストでFCFを割り引いて算出した値に、負債調達による節税効果を加えることで企業価値を算出します。 APV法は、LBOを用いたM&Aや企業再生の際に用いられる手法です。

関連記事

企業価値の計算方法

企業価値の計算方法

M&Aは会社の売買ですから企業価値を数値化しなければなりません。企業価値の算定には複数の計算方法があります。それら計算方法は3種に大別され、ネットアセットアプローチ、インカムアプローチ、マーケッ...

有利発行とは?意味や非上場会社/M&Aでの活用、税務を解説

有利発行とは?意味や非上場会社/M&Aでの活用、税務を解説

有利発行は、第三者割当増資などを円滑に進めるうえで有効的な手段といえます。M&Aにおいて第三者割当増資を実施すれば、有利発行を行うことでより確実に経営統合を成立させ、シナジー効果が得られるでしょ...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)