CAPM

CAPM

CAPMとは、株主資本コストを計算するモデルです。 株主資本コストとは、企業が最低限満たすべき収益率を指します。 主にM&Aの企業価値評価(DCF法)に必要となる、割引率(WACC)を計算する際に用いられます。 株主資本コストを用いてWACCを計算し、そのWACCを用いてM&Aで必要となる企業価値を算出します。 CAPMによる株主資本コストの計算式は以下になります。 ・株主資本コスト=リスクフリーレート+β×市場リスクプレミアム リスクフリーレートやβ値については、投資会社のサイト等で公開されているため、M&Aの実務でも簡単に使用できます。

関連記事

資金調達コスト

資金調達コスト

ビジネスを拡大させ、経営を継続していくためには資金調達が必要不可欠です。しかし、資金を調達するとなればコストも必要になります。今回は、資金調達におけるコストの概要やコストを抑える調達方法などにつ...

期待収益率とは?求め方や意味、M&Aにおける期待収益率の活用

期待収益率とは?求め方や意味、M&Aにおける期待収益率の活用

M&Aや株式投資を行う際は、期待収益率を理解しておくことが必要です。期待収益率とは「ある資産の運用により、獲得が期待できるリターン(収益)の平均値」ことを意味します。この記事では、期待収...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)