DCF法

DCF法

DCF法とは、M&Aの際の企業価値算定手法の一つです。 企業価値の評価手法の中でも、インカムアプローチに基づいた手法です。 対象企業が将来獲得すると期待できるフリーキャッシュフローを、割引率を用いて現在価値に割り引いて企業価値を計算します。 割引率にはWACCと呼ばれる、株主資本と負債を考慮したものを用います。 将来の収益性を基に企業価値を算出するため、M&Aでは非常に合理的な方法となります。 ただし、100%正確に将来を予測できる訳ではないため、主観性を完全には排除出来ません。

関連記事

企業価値の計算方法

企業価値の計算方法

M&Aは会社の売買ですから企業価値を数値化しなければなりません。企業価値の算定には複数の計算方法があります。それら計算方法は3種に大別され、ネットアセットアプローチ、インカムアプローチ、マーケッ...

株式価値とは

株式価値とは

株式価値はM&Aでの会社売買の際、買収額を決定づけるものです。株式価値の計算方法はコストアプローチ、インカムアプローチ、マーケットアプローチの3種類に分類されます。株式価値と類似する企業価値・事...

M&Aの相場とは?決め方や注意点を紹介【事例付き】

M&Aの相場とは?決め方や注意点を紹介【事例付き】

M&Aの相場とは、企業を譲渡・譲受する際にふさわしいとされる金額です。買い手側と売り手側ではM&Aの相場観に差異があるため、折り合いを付ける必要があります。このとき利用されるのが、コストアプロー...

会社を売りたい

会社を売りたい

希望価格で会社を売るには、会社を磨き上げる努力をしながら多角的な視野を持ち、利益が最大になる方法を実践しましょう。本記事では、会社を売る方法をはじめ、値段の決め方や希望価格で売却する準備などをま...

インカムアプローチ

インカムアプローチ

企業価値を算出する3大手法の1つがインカムアプローチです。企業の将来性に着目する評価方法が特徴であるインカムアプローチには、他の手法同様にいくつかの方法が属します。中でもDCF法は、M&Aにおい...

会社売却の相場

会社売却の相場

会社や事業の売却相場を算出する方法には、純資産法・配当還元法・収益還元法・DCF法・批準法などがあります。また、会社や事業の売却相場は、人材や技術・ノウハウなどからも影響を受けます。会社や事業の...

会社売却のメリット・デメリットとは?方法、相場、税金も紹介

会社売却のメリット・デメリットとは?方法、相場、税金も紹介

会社売却には、会社の規模拡大や自社の存続などのメリットがあります。一方で、会社売却が必ずしも成功するとは限らないというデメリットもあります。会社売却を成功させるためには、「タイミングの見極め」や...

マーケットアプローチとは?企業価値の計算方法やメリットを解説【事例付】

マーケットアプローチとは?企業価値の計算方法やメリットを解説【事例付】

マーケットアプローチとは、市場取引の観点から企業(株価)を評価する方法です。類似業種比準方式・類似会社比準方式などの種類があり、前者は相続税を抑える目的で、後者は非上場企業の株価を算定する目的で...

コストアプローチ

コストアプローチ

コストアプローチとは純資産額を基準に企業価値を算定する方法の総称です。本来、コストアプローチは事業を継続しない会社に対し多用されます。簿価純資産法、時価純資産法、清算価値法、再調達原価法がコスト...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)