ROA

ROA

ROA(Return on Assets)とは、M&A等の際に相手企業の収益性を測る指標です。 M&A実務においては、総資本利益率と呼ばれます。 ROAは、利益を総資本で割ることで算出できます。 分子には、営業利益や経常利益、事業利益等を用いるのが一般的です。 中小企業の収益性を測る上では、ROEではなくROAを用いた方が良いとされています。 ROEは、株主資本の減少等の資本政策によって比較的簡単に増加出来ます。 一方でROAは、資本政策による増加の余地が小さい上に、本業による利益を分子に用いています。 以上の理由から、中小企業のM&Aでは、ROAを用いた方が正確に収益力を測ることが可能です。

関連記事

企業価値の計算方法

企業価値の計算方法

M&Aは会社の売買ですから企業価値を数値化しなければなりません。企業価値の算定には複数の計算方法があります。それら計算方法は3種に大別され、ネットアセットアプローチ、インカムアプローチ、...

バリュエーション(企業価値評価)の方法・手法

バリュエーション(企業価値評価)の方法・手法

投資やM&Aではバリュエーション(企業価値評価)は必要不可欠です。バリュエーションの方法にはコストアプローチ、インカムアプローチ、マーケットアプローチの3種類があります。それぞれの具体的...

M&Aの成功は27%?コロナ禍でも失敗せずに成功確率を高める方法!

M&Aの成功は27%?コロナ禍でも失敗せずに成功確率を高める方法!

M&Aを活用する目的の変化や支援制度の充実化に伴い、近年M&Aの成功率が上昇しています。一方、M&Aの成功率を下げる要因としてデューデリジェンスの軽視や偶発債務などが問題...

減損処理とは?メリット・デメリットや計算方法をわかりやすく解説

減損処理とは?メリット・デメリットや計算方法をわかりやすく解説

M&Aや事業投資では、減損処理と呼ばれる会計処理が必要となる場合があります。投資の成果が芳しくない場合、減損処理を行い資産価値を減額しなければなりません。本記事では、減損処理について、対...

有利子負債比率とは?業種別ランキングや適正目安・計算式を解説

有利子負債比率とは?業種別ランキングや適正目安・計算式を解説

財務状況の安全性を測る上で、有利子負債比率は役立つ指標です。中小企業であれば100%以下が有利子負債比率の適正目安と言われており、70〜80%であれば理想的です。有利子負債比率を活用し、M&am...

収益向上とは?施策や方法、意味を経営分析について解説します

収益向上とは?施策や方法、意味を経営分析について解説します

収益向上の施策は短期間では実現できないものの、長期的には会社に大きな効果をもたらすでしょう。収益向上のためには、商品単価や購買頻度の向上、新規顧客の獲得に取り組む必要があります。競合他社との差別...

経営分析の方法とは?目的や種類、財務分析との違いを解説

経営分析の方法とは?目的や種類、財務分析との違いを解説

会社経営において、運営状態を把握して自社の経営状況を鮮明に可視化するには、経営分析の方法や種類などを理解しておく必要があります。この記事では、経営分析について、方法・目的・種類、財務分析との違い...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)