2022年2月9日更新業種別M&A

オフショア開発のM&A・売却の流れや方法!買収積極企業は?

現在はグローバル化が進んでおり、世界中に優秀なIT技術者が数多くいます。この記事では、オフショア開発会社におけるM&A・売却の手段・方法・流れなど、M&A・売却を行うために必要な知識を解説しますので、お役立てください。

目次
  1. オフショア開発会社のM&A・売却・買収
  2. オフショア開発会社のM&A・売却の流れ
  3. オフショア開発会社のM&A・売却の方法
  4. オフショア開発会社のM&A・売却・買収のメリット
  5. オフショア開発会社のM&A・売却の価格相場
  6. オフショア開発会社のM&A・買収に積極的な企業
  7. オフショア開発会社のM&Aを失敗させないコツ
  8. オフショア開発のM&Aまとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

オフショア開発会社のM&A・売却・買収

オフショア開発会社のM&A・売却・買収

近年、日本企業がオフショア開発を手掛ける事例が増えており、特にベトナムなど東南アジアで行われるケースが目立っています。しかし、オフショア開発という言葉に聞き馴染みのない経営者の方も少なくありません。まずは、オフショア開発会社の概要および、M&A・売却・買収の基本的な意味を解説します。

オフショア開発会社とは

オフショア開発とは、海外の開発会社や海外の子会社などで、情報システム・ソフトウェア・Webシステムの開発業務などを委託・発注することです。オフショア開発会社とは、これらの委託・発注を受ける会社をさします。

オフショア開発として委託・発注する業務には、スマホアプリ・ソーシャルゲームなどの開発だけでなく、データ入力・サポート業務なども含まれます。

現在はグローバル化が進んでおり、世界中に優秀なIT技術者が数多くいます。そのため、オフショア開発を行うことにより、海外の優秀な人材をシステム開発に引き込み、より高品質な製品の開発が狙えるのです。

また、海外は日本に比べて人件費が低い国も多いことから、オフショア開発により優秀なIT技術者に人件費を抑えつつシステム開発を発注することが可能です。

M&A・売却・買収とは

M&Aとは、株式譲渡事業譲渡合併などの会社や事業の売却・買収手法や、法人の統合手段などをまとめた呼び方です。簡単にいうと、会社あるいは事業のビジネスを売り買いすること、2つ以上の会社を1つにすること、などの意味合いを持っています。

このうち、売却とは、会社の事業全部または一部を対象として第三者に売ることで、売り手は事業の存続・事業承継・資金調達などを主な目的として掲げます。一方、買収とは、第三者企業の事業全部あるいは一部を対象として買い取ることで、買い手は事業の拡大・新規事業への参入などを目的に掲げるケースが多いです。

従来、M&Aは一部の大企業のみ実施しており、それほど良いイメージを持たれていませんでしたが、近年は中小企業の後継者不足が深刻になっていることや国の推進などが影響し、中小企業が事業承継の手段としてM&Aを用いるケースが増えています。

【関連】IT統合でM&Aを成功させる方法!事例から学ぶポイント・注意点とは| M&A・事業承継の理解を深める

オフショア開発会社のM&A・売却の流れ

オフショア開発会社のM&A・売却の流れ

この章では、オフショア開発会社を対象とするM&A・売却を行う際の流れを解説します。

  1. M&Aの専門家に相談
  2. M&A先の選定・交渉
  3. 基本合意書の締結
  4. 買収側のデューデリジェンス
  5. 最終合意書の締結
  6. クロージング

①M&Aの専門家に相談

オフショア開発会社のM&A・売却の実施を決めたら、まずは仲介会社などの専門家に相談するのが一般的です。M&A仲介会社は、M&Aに関する知識や経験も豊富に有しているため、相談することで効果的かつ有効なサポートを提供してもらえます。

特に、オフショア開発会社のような海外案件では、国内でのM&A・売却に比べるとトラブルが起こる可能性が高いです。そのため、想定外の事態にも柔軟に対応できるような経験や知識が必要とされることから、相談する際は、事前にM&A仲介会社の実績を確認しておくと良いでしょう。

秘密保持契約の締結

秘密保持契約とは、自社の情報を提供する際に、外部に漏らしたり不正に利用されたりすることを防ぐために結ぶ契約のことです。秘密保持契約に記載する内容はケースによって異なりますが、一般的には下記の内容を盛り込みます。

  • 秘密保持契約の対象となる内容と期間 
  • 情報の漏えいがあった場合の損害賠償の可否 
  • 秘密保持を調べるための調査権限 
  • 問題が起こった場合の裁判所への手続き

【関連】秘密保持契約書(NDA)とは?書き方や有効期限、ひな形をご紹介| M&A・事業承継の理解を深める

②M&A先の選定・交渉

M&A仲介会社に事業承継を希望する条件を伝えると、条件に合う相手先を紹介してもらえます。そこから絞り込みを行い、有力な買い手候補に打診して、具体的な交渉へと進む流れです。

意向表明書の提示

意向表明書とは、譲受企業が譲り受けの意向を示すために譲渡企業へ提出する書面のことです。意向表明書の提出は必須ではありませんが、譲受企業の意向を書面にして譲渡企業に伝えることで、より円滑なM&Aの成約へとつながります。

③基本合意書の締結

トップ同士の面談や交渉の結果として、両社が基本的な内容に大筋で合意したら、最終合意に向けて基本合意書を締結します。基本合意書は原則として法的拘束力を持たず、デューデリジェンスの結果を加味し、後で契約内容を変更することも可能です。

また、仲介会社によっては基本合意の時点で中間金が発生するため、事前にチェックしておきましょう。

④買収側のデューデリジェンス

基本合意書を締結したら、買い手候補企業によるデューデリジェンスが実施されます。デューデリジェンスとは、企業調査のことで、企業の買収・出資等を行う際に、対象となる企業の価値やリスクを調査・査定を行うことです。

一般的には、財務状態を調べる「ファイナンシャルデューデリジェンス」、事業内容を調べる「ビジネスデューデリジェンス」などを実施します。売り手側は、これらのデューデリジェンスに対応するため、書類をそろえたり視察に立ち会ったりします。

また、専門的な質問を受けた際は、弁護士や会計士に相談しながら対応するのが一般的です。

⑤最終合意書の締結

デューデリジェンスの結果、問題がないと判断され、両社が納得すれば最終契約書の締結を行います。最終契約書は、基本合意書とは異なり、締結すると原則として取り消せないため、慎重に契約する必要があります。

⑥クロージング

クロージングは「終わり」を意味します。ビジネスシーンでも、何らかの手続きを終わらせる行為を「クロージング」と呼ぶ場合があります。

M&Aでも同じように、M&Aの手続きを完全に終わらせる行為をクロージングといいます。M&Aでは、最終契約を締結した段階ではなく、その後に資産の移転や代金支払いを済ませた状態をさすのが一般的です。

M&Aの最終契約からクロージングまでの移転手続きには、少なくとも1カ月程度の時間が求められます。

【関連】会社売却で必要な手数料とは?できるだけコストを抑えて会社売却を成功させよう| M&A・事業承継の理解を深める

オフショア開発会社のM&A・売却の方法

オフショア開発会社のM&A・売却の方法

この章では、株式売却・譲渡および、事業売却・譲渡の2つを解説します。

①株式売却・譲渡

株式売却・譲渡とは、株式を相手に譲渡することで経営権を譲渡する方法のことです。株式売却・譲渡では、会社が持っている権利義務や契約関係などはすべて引き継がれるため、取引先や従業員は大きな変化がなく事業を継続できます。

また、株主名簿の買い替えを行うのみでプロセスを済ませられるため、簡便な手続きで行えます。ただし、売り手企業のすべてを引き継ぐため、後に簿外債務などが発覚するなどのリスクに注意が必要です。

②事業売却・譲渡

事業売却とは、会社内に属する事業を売却することです。主に売り手が事業を売却する際に用いる言葉であり、事業譲渡と同様の意味合いを持ちます。事業譲渡では、譲渡対象にする資産・負債、従業員や契約などを選んで個別に進める必要があるため、株式譲渡と比べると手続きが複雑になりやすいです。

しかし、買手企業にとっては、簿外債務を引き受けてしまうリスクない点にメリットがあります。

③そのほかのM&A手法

上記以外の方法には、合併・会社分割などが挙げられます。以下では、それぞれの特徴を簡単に説明します。

合併とは

合併とは、2つ以上の企業が1つの企業に統合されることです。合併には、1つの事業体が消滅し対象の権利義務を承継する「吸収合併」と、全事業体が消滅してその権利義務の全てを新たな事業体が引き継ぐ「新設合併」があります。

会社分割

会社分割とは、会社の事業が有する権利義務の全部または一部を他の会社に承継させるM&A手法です。分割には、事業を既存の会社に承継させるM&A手法の「吸収分割」と、事業を新しく設立する法人に承継させるM&A手法の「新設分割」があります。

【関連】ソフトウェア業界のM&A・会社売却・買収の動向/相場/メリットを解説【事例あり】| M&A・事業承継の理解を深める

オフショア開発会社のM&A・売却・買収のメリット

オフショア開発会社のM&A・売却・買収のメリット

本章では、オフショア開発会社を対象とするM&Aで期待されるメリットを、当事会社それぞれの立場に分けて順番に紹介します。

売却側のメリット

売却側で期待されるメリットは、主に以下があります。

  • 後継者不在問題の解消 
  • 社員の雇用先維持
  • 競争激化の状態からの脱却
  • 大手企業への傘下入りに伴う事業の安定化
  • 譲渡利益の獲得

競争激化・市場規模の縮小・トレンドの変化など、オフショア開発業界で起こるさまざまな環境変化を踏まえると、M&Aによる売却は、会社の継続・成長にとって適した選択肢になり得ます。

買収側のメリット

買収側で期待されるメリットとしては、主に以下が挙げられます。

  • 優秀な人材の吸収
  • 成長速度の向上

日本国内での人材確保が難しいことから、外国人の技術者を獲得する目的でM&Aによる買収が行われるケースが増えています。

また、近年におけるオフショア開発市場の需要拡大に対応すべく、M&Aによる買収を行うケースも多いです。

【関連】IT企業は株式譲渡・会社譲渡がおすすめ!売却事例やスキームの違いを解説!| M&A・事業承継の理解を深める

オフショア開発会社のM&A・売却の価格相場

オフショア開発会社のM&A・売却の価格相場

オフショア開発会社のM&A・売却の取引価格は、対象企業の現在における資産価値だけでなく、近い将来に得られる収益の期待額を、ブランド力・事業の将来性・事業シナジーなどを加味しながら算出します。

そのため、ITオフショア開発会社のM&A価格を算出する際は、技術者の数とクオリティが重要な要素です。

ITオフショア開発会社の受託形式には、案件ごとに開発を受注する形式と、契約企業に対して専属チームを組み中長期にわたり開発を行う形式(ラボ型開発)がありますが、ラボ型開発では将来的に安定収益が期待されるため、企業価値評価にとってプラスに働きやすいといえます。

【関連】アプリ開発会社のM&A・事業承継の動向!売却相場や買収積極企業を解説| M&A・事業承継の理解を深める

オフショア開発会社のM&A・買収に積極的な企業

オフショア開発会社のM&A・買収に積極的な企業

ここでは、オフショア開発会社のM&Aを積極的に行っている買収企業を3社紹介します。

  1. GMOインターネット
  2. オルトプラス
  3. バイタリフィ

①GMOインターネット

GMOインターネットは、インターネットインフラ事業、インターネット広告・メディア事業、インターネット金融事業、仮想通貨事業などを展開する総合インターネットグループです。

アジア圏や北米などにおけるスマートフォン関連分野の開発体制強化と、アジア圏における事業展開を進めるために、スマートフォン関連分野の技術力のさらなる強化を図っています。

その一環として、2011年6月には、ベトナムを代表する技術系大学ハノイ工科大学の卒業した優秀なプログラマーやエンジニアを多数有するRun systemと資本業務提携契約を締結しています。

②オルトプラス

オルトプラスは、主にスマートデバイス向けコンテンツの開発・運営を行う日本のソフトウェア開発会社です。オフショア開発や東南アジア進出支援なども行っています。

2019年4月、オルトプラスは、ゲームソフト開発のエクストリーム(東京都豊島区)と共同出資で新会社を設立し、新会社にベトナムのオフショア開発子会社ALTPLUS VIETNAMの全株式を譲渡することを決定しました。

③バイタリフィ

バイタリフィは、ベトナムでのオフショア開発や、iPhone・Androidなどのスマートフォン向けのアプリ開発、Webサービスの企画開発などを得意とする会社です。

2019年7月、バイタリフィは、ハノイでオフショア開発を手掛けるスクーティーと資本業務提携を行い、第3者割当増資を引き受け子会社化しました。これにより、バイタリフィは、日本向けだけでなく、東南アジアからの請負やAI分野での新サービスの開発などを加速させています。

【関連】ベトナムのM&Aとは?M&A・買収事例10選やM&Aの法律や規制をご紹介| M&A・事業承継の理解を深める

オフショア開発会社のM&Aを失敗させないコツ

オフショア開発会社のM&Aを失敗させないコツ

オフショア開発会社のM&Aを失敗させないためには、以下のポイントを意識して進めることが必要です。

  1. 計画的に準備してM&Aを行う
  2. 業界需要に注意してタイミングを逃さない
  3. 簿外債務などに注意する
  4. M&Aの交渉期間の情報漏えいに注意する
  5. M&Aの専門家に相談する

①計画的に準備してM&Aを行う

オフショア開発会社のM&Aを失敗させないためには、M&Aアドバイザリーとの個別相談・M&A仲介会社との仲介契約締結・企業価値評価などを計画的に準備してM&Aを行うことが大切です。

M&Aは自身で進めることも可能ですが、実務量が非常に多いうえに、税務や法務などの専門知識が必要とされるため、専門家のサポートを受けて行う方が効率的です。

②業界需要に注意してタイミングを逃さない

オフショア開発会社のM&Aを失敗させないためには、業界需要に注意してタイミングを逃さないことも重要です。現在、IT人材不足は年々深刻さを増しており、業界需要は非常に高い状態にあるといえます。

③簿外債務などに注意する

オフショア開発会社のM&Aを失敗させないためには、簿外債務などのリスクにも注意しておかなければなりません。簿外債務とは、企業の貸借対照表上の計上されていない債務のことです。「簿外負債」とも呼ばれています。

中小企業の場合、簿外債務・簿外負債が発生するケースは決して珍しくないため、デューデリジェンスを徹底しリスクを最小限に抑えることが必要不可欠です。

④M&Aの交渉期間の情報漏えいに注意する

オフショア開発会社のM&Aを失敗させないためには、M&Aの交渉期間の情報漏えいに注意することが大切です。M&Aを行う際は、秘密保持契約を結びます。秘密保持契約とは、M&Aに関する情報を秘匿するために締結される契約のことです。

M&Aは異なる会社同士が経営統合を行うため、情報漏洩は従業員や取引先を動揺させる要因となり、離職や取引中止などが起こるおそれがあります。情報漏洩を防ぐためには、秘密保持契約を締結するとともに、従業員や取引先への告知タイミングにも注意しておくことが重要です。

⑤M&Aの専門家に相談する

M&A自体は自社の経営陣のみで進めることも可能ですが、スムーズかつ効果的に進めるためにはM&Aに関する専門知識や経験が必要不可欠です。特にオフショア開発のM&Aには注意すべき点が多いため、M&A仲介会社など専門家のサポートを受けながら進めましょう。

M&A総合研究所では、豊富な実績と専門知識を持つアドバイザーが、オフショア開発のM&Aを親身になってフルサポートいたします。料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です(※譲渡企業様のみ)。無料相談をお受けしていますので、オフショア開発のM&Aをご検討の際はお気軽にご相談ください。

M&A・事業承継の仲介会社ならM&A総合研究所

オフショア開発のM&Aまとめ

オフショア開発のM&Aまとめ

昨今はグローバル化が進んでおり、世界中に優秀なIT技術者が数多くいます。そのため、オフショア開発を行うことで、海外の優秀な人材をシステム開発に引き込み、より高品質のシステム開発を目指すことが可能です。 

今後はこれまで以上にグローバル化が進むため、オフショア開発会社のM&A・売却・買収はより積極的に行われるようになると推測されています。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬制
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法、2021年最新事例、買収防衛策も解説

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法、2021年最新事例、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。...

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法は多くの種類があり、それぞれ活用する場面や特徴が異なります。この記事では、マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセス、株...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

税理士法人・会計事務所のM&A動向!買収・売却・事業承継の事例を紹介!

税理士法人・会計事務所のM&A動向!買収・売却・事業承継の事例を紹介!

税理士法人・会計事務所は、税理士法人の増加や経営者の高齢化などによって、M&Aが活発化してきている業界です。本記事では、税理士事務所・会計事務所のM&Aについて、動向や売却・買収...

商社業界のM&A動向!売却や買収の事例・実績とM&Aのメリットを解説!

商社業界のM&A動向!売却や買収の事例・実績とM&Aのメリットを解説!

さまざまな商品の流通をサポートする商社業界は、トレーディング需要の減少などにより、M&Aによる積極的な経営で打開を図る企業が増えています。本記事では、商社業界のM&A動向について...

老人ホームM&Aの動向!最近のトレンドは?買い手と売り手のメリットも

老人ホームM&Aの動向!最近のトレンドは?買い手と売り手のメリットも

日本の高齢化社会が進むにつれ、老人ホームの需要が高まると予想されています。同業種だけでなく異業種からの参入も増えており、業界内のM&Aが活性化しています。本記事では、老人ホームM&amp...

障害福祉M&A!買い手と売り手のメリットとデメリットは?注意点なども解説

障害福祉M&A!買い手と売り手のメリットとデメリットは?注意点なども解説

障害福祉業界とは、介護を必要とする身体・知的・精神障害者の生活支援サービスを行う業界を指します。本記事では、障害福祉サービス事業者がM&Aを行う場合の買い手と売り手のメリットとデメリット...

グループホームは廃業するより売るべき?売り手と買い手のメリットを比較!

グループホームは廃業するより売るべき?売り手と買い手のメリットを比較!

新型コロナウイルス感染症の影響により、認知症高齢者グループホームなど、多くの介護事業所で経営が悪化し、廃業の危機に直面している所もあります。本記事では、グループホームを廃業するよりM&A...

調味料でもM&A?食品製造業界を調査!売却・買収の動向、過去事例も紹介

調味料でもM&A?食品製造業界を調査!売却・買収の動向、過去事例も紹介

今後、調味料・食品製造業界は、将来的に市場が縮小していく可能性があります。そのため、調味料・食品製造業界の大手企業はM&Aによって競争力を高める動きが見られます。本記事では、調味料・食品...

介護事業を買いたい!買い手が注意するポイントは?過去事例と共に紹介

介護事業を買いたい!買い手が注意するポイントは?過去事例と共に紹介

高齢化で介護事業が市場拡大しており、買いたいと思っている経営者も多いと考えられます。本記事では、介護事業を買いたい時に注意すべきポイントを解説します。また、実際に行われた介護事業のM&A...

調剤薬局・会社の身売りは大手に?理由は?売却するメリット、従業員の処遇も紹介

調剤薬局・会社の身売りは大手に?理由は?売却するメリット、従業員の処遇も紹介

調剤薬局業界では中小の薬局が大手に身売りするケースが多く、徐々に寡占化が進んでいます。本記事では調剤薬局の身売りについて、大手が主な買い手となる理由や、最近の大手薬局のM&A動向、身売り...

食肉卸業界のM&A成功/失敗事例5選!注意点や成功のポイントを解説

食肉卸業界のM&A成功/失敗事例5選!注意点や成功のポイントを解説

日本の食肉需要量は高く推移していますが、消費者のニーズが変化してきたにより多様な食肉生産が求められるようになってきています。本記事では、食肉卸業界でM&Aをする際の注意点や成功のポイント...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)