2020年2月23日更新業種別M&A

ラーメン屋における事業売却とは?メリット・デメリットを解説

ラーメン屋業界は競争が激しく、近年は経営戦略の手段の一つとして、M&Aによる事業売却(事業譲渡)が増加しています。本記事ではラーメン屋の事業売却におけるメリット・デメリットと注意点を解説します。

目次
  1. ラーメン屋における事業売却とは
  2. ラーメン屋業界の現状
  3. ラーメン屋業界の見通し
  4. ラーメン屋の事業売却におけるメリット・デメリット
  5. ラーメン屋の事業売却における注意点
  6. ラーメン屋の事業売却の事例
  7. ラーメン屋の事業売却においてM&A専門家へ相談する理由
  8. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ラーメン屋のM&A・事業承継

ラーメン屋における事業売却とは

出店したい業態としてトップ5に入るほど、ラーメン店は根強い人気がありますです。一方、ラーメン店は出店してから3年以内に閉店する店舗が7割以上とも言われています。

近年、企業の大小を問わず事業売却(事業譲渡)を含むM&Aを実施する会社が増えており、当たり前に行う経営手法となりつつあります。最近では個人経営レベルでも行うことが増え、経営状態を改善するうえで有効的な選択肢になっているといえるでしょう。

M&Aとは、「Mergers(合併)」and 「Acquisitions(買収)」を略した言葉で、つまり「合併と買収」という意味です。ラーメン屋業界においても売り手が売却範囲を自由に決定することができるため、最近ではM&Aによる事業売却(事業譲渡)のケースが増加しています。

※関連記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!

事業売却とは?方法や事例、価格算定方法や事業売却益をわかりやすく解説

ラーメン屋業界の現状

ラーメンは日本人にとっては国民食といっても過言ではなく、海外観光客からも非常に人気が高い料理です。ここではまずはじめに、ラーメン屋業界の現状についてお伝えします。

非常に活気がある市場

ラーメン屋業界は非常に活気がある市場だといえます。「ラーメン評論家」という言葉が登場するように、ラーメンに情熱を傾ける人も多く、ラーメン屋業界は毎年3,000軒も新規開店するなど、新たな参入者が絶えません。

ラーメン屋業界の市場規模も6,000億円となかなか大きいものであり、日本全国にラーメン屋の店舗は3万5,000店舗ほどあるといわれています。最近のラーメンは多様化しており、常に新しい味のラーメンが登場するなど刻々と変化を続けています。

またラーメンというと庶民派料理の印象もありますが、昨今は美食志向が強まっており、1,000円代の価格のラーメンも受け入れるようになってきています。中にはミシュランに名前が載るような有名店も生まれており、今後も新たな人気ラーメンが続々と誕生することも充分にあり得るでしょう。

参入障壁が低い

ラーメン屋業界の特徴の一つとして、「参入障壁が低い」という点が挙げられます。ラーメン屋は新規開店をする際の費用や設備投資が少なくてすむうえに、多少手狭な物件でも充分お店としてやっていけるため、創業しやすい事業だといえます。

何より主力商品であるラーメンは国民食といえるほど人気が高く、しっかりと作りこまれているものであるなら、非常に利益が得やすいです。またラーメン屋業界でチェーン展開をして大手は全体の3割程度で、残りの7割が個人経営です。

大手の寡占化があまり進んでおらず、個人経営でも「行列が絶えない人気店」になることも不可能ではありません。「ラーメンが好き」で「創業したい」方であれば、ラーメン屋はすぐに新規開店ができるため、若年層の創業者が多くなっています。

競争が激しい

ラーメン屋業界のもう一つの特徴として、「競争が激しい」という点が挙げられます。全国に3万5000店舗もラーメン屋があれば当然顧客の争奪戦は激しくなります。参入障壁も低いため、毎年3000軒もライバルが登場しています。このような業界であれば、必然的に生き残り競争は激化するでしょう。

年間閉店割合

1年間の閉店数がラーメン屋業界の競争の激しさを物語っています。ラーメン屋は1年間のうち、実に4割が閉店すると言われています。毎年の新規開店数と同じ数が閉店するともいわれており、新しくラーメン屋が生まれるのと同じ速度でラーメン屋が潰れているというわけです。ある意味ラーメン屋業界は新陳代謝が高いといえますが、それだけ生き残りが難しいといえるでしょう。

よくも悪くもラーメンは人気の食べ物であり、なおかつ多種多様なジャンルが登場しているため、客も選択肢が多く与えられている状態です。そのためライバル店が多いほど固定客の獲得が難しいです。流行りが上手く読めず、全く客が来ない店も珍しくありません。

生き残りのポイント

流行にうまく乗って一時的に人気店になったとしても、ブームが過ぎた途端にすぐ潰れてしまうこともあります。またラーメン屋にはなかなか利益を確保しづらい一面もあります。

売上高は高いですが、客単価が低く、仕入れ費や光熱費などの雑費も高いため、利益率が低くなる傾向にあります。これもラーメン屋の生き残りの難しさの一因になっているといえるでしょう。ラーメン屋業界で生き残るにはいかに利益を確保し、固定客を確保するかが肝心だといえます。

ラーメン屋業界の見通し

今後のラーメン屋業界の動向としては、以下の2点が挙げられます。

チェーン店が増加する

競争が激しく、新規開店も多いラーメン屋業界ですが、その新陳代謝も徐々に飽和しており、過渡期を迎えつつあります。そのため、今後は経営基盤が盤石なチェーン店が増加していく可能性があります。
現在こそチェーン店が占めるのは3割程度ですが、そのうち4割を超えることにもなり得るでしょう。

地域への出店が増加

今後は地域へのラーメン屋出店が増加する可能性も高くなっています。事業を行うと言えば都心部がベストだと考える経営者は多いですが、ラーメン屋の売り上げには地域差の影響はあまり見られません。むしろ競争相手が少ない地域であれば固定客の確保もしやすく、利益が上がる可能性が高まります。そのため都心部にこだわらず、地域への出店を考えるラーメン屋の店主も増えています。

※関連記事

M&Aによる売却とは?売却先企業の選定・売却案件の探し方

個人事業主の資金調達方法

ラーメン屋の事業売却におけるメリット・デメリット

ラーメン屋のM&A・事業承継
ラーメン屋のM&A・事業承継

ラーメン屋の事業売却に関するメリット・デメリットをお伝えします。

ラーメン屋の事業売却のメリット

ラーメン屋の事業売却のメリットは買い手・売り手によって異なります。

買い手のメリット

買い手にとっての最大のメリットは新しくラーメン屋を開店する際にかかるコストを減らせるという点です。新しくラーメン屋を開店するとなると、物件探しから設備投資、従業員の確保まで様々な手間がかかります。しかし事業売却をしている既存のラーメン屋を買収すれば、これらの手間を省くことが可能になります。

さらにそのラーメン屋に固定客がついているのなら、そのまま固定客を確保することも可能になります。また、出店したい地域があるのなら、事業売却のようなM&Aはすぐに現地で拠点が築けます。効率的な事業展開を実現してくれるでしょう。

売り手のメリット

売り手の事業売却のメリットはラーメン屋の存続が可能になり得る点です。事業売却が成功し、大手の資本の傘下に入れば経営基盤を強化することができます。固定客がつかず経営に苦戦しているラーメン屋だとしても、大手の企業から資金の注入を受けられれば、お店の経営が安定化します。

必要な投資もできるようになり、大手企業のメニューを扱えるようになればブランド力も上がるため、固定客を集めやすくなるでしょう。引退してラーメン屋をたたもうとしている経営者にとっても事業売却は有効的です。

長年運営している地域のラーメン屋などは地元の固定客も多く、ラーメン屋をたたんでしまうことにためらいを抱くケースは少なくありません。その際に事業売却を行い、第三者にラーメン屋を買収してもらえれば、事業承継ができるようになります。

そうすれば引退したあともラーメン屋を存続させられるため、固定客を安心させることができるでしょう。加えて事業売却なら売却益が手に入り、引退する際に老後の生活資金確保もできるようになります。

ラーメン屋の事業売却のデメリット

主に売り手側のデメリットについて述べます。ラーメン屋の事業売却のデメリットは「時間の確保が難しい」という点です。ラーメン屋に限らず、飲食店は全般的に時間に追われやすい事業形態です。開店中はもちろん、開店前から仕入れや仕込みを行ったり、閉店後に後片付けをするなど、経営者(店長)にかかる業務は非常に多いです。

人気店であれば休日どころか休憩時間もとれないケースは珍しくありません。事業売却を行うとなっても、準備や交渉を行う時間の確保は難しくなるでしょう。さらに当然ながら事業売却は丹念な準備と交渉が欠かせません。これらを怠れば、事業売却は失敗に終わってしまい兼ねません。

事業売却を行うのであれば、時間を確保してしっかりスケジュールを立てたうえで臨むようにしましょう。後述するようになるべく事業売却など、M&Aの専門家の力を借り、スムーズに準備や交渉を進められるようにしておきましょう。

また、必要があれば事業売却などM&Aに関する知識を蓄えておくことも大切です。経営者もある程度素養がなければ、専門家や契約の良し悪しも見抜けません。なるべく知識をつけておくようにしましょう。

※関連記事

ラーメン屋の事業承継とは?課題や注意点について解説

事業譲渡・事業売却のよくある相談内容まとめ【相談先一覧あり】

ラーメン屋の事業売却における注意点

ラーメン屋の事業売却における注意点は「タイミング」です。あらゆる業界・業種にもいえますが、M&Aはタイミングが重要です。市場や業界の動向、経営状態、同業他社のM&Aのニーズの変化など、様々な情報を網羅したうえでタイミングを見極めてM&Aを行う必要があります。

「思い立ったが吉日」というわけではありませんが、事業売却の必要性を感じつつも、日々の業務にかまけて後回しにしているとチャンスを逃してしまいます。すでに事業売却はラーメン屋の経営上の選択肢として定着しつつあり、事業の建て直しや事業承継のために事業売却を実施するケースは増えています。

また、先述のとおりラーメン屋業界は過渡期を迎えています。徐々に勢力図も変わってくることが予想されるため、事業売却を行うタイミングは必ず見極めるようにしましょう。

M&A総合研究所では事業売却のタイミングのみならず、多角的にお客様のM&Aをサポートしています。公認会計士も在籍しており、経験・知識豊富な専門家が金額の算出や条件交渉など、少しでも会社を高く売れるようM&Aの成功を全力でサポートしております。事業売却をご検討の際にはぜひご相談(無料)ください。

>>【※相談無料】M&A仲介サービスはこちら

※関連記事

事業譲渡・事業売却の戦略まとめ!成功・失敗ポイントは?【事例あり】

M&Aを活用した事業再生とは?メリット・デメリットの流れをご紹介

ラーメン屋の事業売却の事例

ラーメン屋は個人経営が多い業界です。しかしさらなる事業の拡大を目指すのであれば、個人経営レベルの戦略では上手くいかない可能性が高いでしょう。より安定的な事業展開を実現したい場合には、あえて大手に買収されるという手段が非常に有効です。

事例-「つけめんTETSU」YUNARI-

ラーメン屋が事業売却などのM&Aを行う事例は増えていますが、その代表例といえるのが「つけめんTETSU」を経営するYUNARIでしょう。YUNARIは2014年にM&Aを実施し、上場企業であるクリエイト・レストランツ・ホールディングスと資本提携を結びました。

つけめんTETSU自体は年商20億円を稼ぎ出す複数店舗を構える人気店であるため、このM&Aは意外に見えるかと思います。しかしこのM&Aはむしろさらなる事業展開を目指すために行われたものであり、実際YUNARIは大手企業のノウハウを取り込むことでより安定的な経営手法を手に入れています

事例-「灯花」グッドヌードルイノベーション-

2019年6月に株式会社創業新幹線は、東京ラーメンオブザイヤーなど各種受賞をしている「灯花」を展開する株式会社グッドヌードルイノベーションを100%子会社化しました。

創業新幹線は「起業支援事業」「外食事業」「飲食店コンサルティング事業」「海外展開戦略支援事業」を主軸とし、ラーメン・中華を中心に世界で130店舗以上の展開を行う企業です。今回の買収を機に、グッドヌードルイノベーションは、創業新幹線の持つノウハウ・ネットワークを活かした海外及び国内での多店舗展開が実現可能となりました。

また、創業新幹線は「日本と中国の食文化で世界中を豊かにする」というミッションの実現に向け、グッドヌードルイノベーションの商品開発能力を基に、既存商品と業態にさらなる磨きをかけ、両社事業展開のより一層の加速を目指すとしています。

※関連記事

ラーメン屋のM&Aの現状と動向とは?成功・失敗事例を紹介!

M&Aによる会社売却・事業売却

ラーメン屋の事業売却においてM&A専門家へ相談する理由

ラーメン屋の事業売却にはM&A専門家への相談がおすすめです。なぜ専門家への相談が必要なのか、具体的な理由を見て見ましょう。

専門的な知識を要する

実際に事業売却を行うのであれば、M&A仲介会社のような専門家に相談するようにしましょう。M&Aには丹念な準備や交渉が必要なだけでなく、理想的な買い手を見つけるためのネットワークや税務・財務・法務などの専門的な知識も必要になります。

正直、経営者だけで行うことは簡単ではありませんし、日々の業務をこなしながらM&Aに必要なノウハウを得ることは難しいでしょう。そのため、M&A仲介会社のような専門家の力を借りることは至極当然だといえます。

ラーメン屋業界に精通したM&A仲介会社もある

他方で、M&A仲介会社に相談する際の不安点としては「M&Aの規模」です。かつてはある一定以上の規模にならなければ、相談やサポートを請け負ってくれないM&A仲介会社がほとんどでした。中小企業はもちろん、個人経営となれば相手にされないケースは少なくありません。

しかし、昨今のM&A仲介会社は取引価格が小さいいわゆる「スモールM&A」も取り扱うようになっています。数百万円規模のM&Aでもサポートしてくれるうえに、リーズナブルな報酬で対応してくれる仲介会社もあるようです。

また、最近はラーメン屋のような飲食店のM&Aの実績を持つM&A仲介会社も増えており、業界に精通している専門家のサポートが受けられます。M&A総合研究所でも、経験豊富な専門家がフルサポートしています。相談は無料となっていますので、積極的に利用しましょう。

※関連記事

事業売却における仲介サポート

M&A大手仲介会社と中小仲介会社との違いとは?M&A大手仲介会社へ依頼する際のメリット・デメリットも解説

まとめ

ラーメン屋業界は競争が激しく、新しい店と潰れる店が目まぐるしく入れ替わっています。そんな業界で生き残るには、固定客と利益の確保が重要だといえるでしょう。その際、事業売却は有効的な手段だといえます。

大手に買収されることができれば、経営基盤が強化できるだけでなく、人気のメニューも扱えるようになります。そして事業のさらなる成長や業界での生き残りが実現できるようになります。事業売却(事業譲渡)はM&Aの一つに含まれます。経営者の方であれば、経営戦略手段としてのM&Aを一度は検討してみるとよいでしょう。

もしお困りのことがあればM&A総合研究所までお気軽にお問い合わせください。M&A総合研究所では全国のM&A案件を取り扱い、中小企業のM&Aを数多く実現させてきました。規模の小さい企業がM&Aを実施する案件にも柔軟に対応しています。

>>【※完全成功報酬制】M&A仲介サービスはこちら

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功事例付き】

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功事例付き】

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継は、企業による新規参入の規制緩和により増加傾向にあります。本記事では、放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継動向や手続きの流れ、...

駐車場業界のM&A・譲渡のメリットや注意点、仲介会社も紹介!

駐車場業界のM&A・譲渡のメリットや注意点、仲介会社も紹介!

駐車場業界は土地さえあれば参入しやすい事業です。しかし、人口減少や車離れの影響で、簡単に収益が得られなくなると予測されています。その時に取れる手段の1つがM&A・譲渡です。この記事では駐車場業界...

3年以内の廃業率70%!飲食店が廃業する実態と理由、潰れない店の特徴

3年以内の廃業率70%!飲食店が廃業する実態と理由、潰れない店の特徴

飲食店は毎年数多くの新規参入がありますが、その一方で毎年数多くの廃業も出ている業界です。本記事では、3年以内の廃業率が70%ともいわれている、飲食店が廃業へと至る理由や、潰れない飲食店の特徴など...

住宅建設業界のM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

住宅建設業界のM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

本記事では、住宅建設業界のM&Aについて、2020年の業界の最新動向や買収相場の考え方、M&Aのメリット・デメリットなどを解説していきます。実際に行われた住宅建設会社のM&A事例も、2020年の...

金融・リース・レンタル業を事業承継するには?事例、注意点を紹介

金融・リース・レンタル業を事業承継するには?事例、注意点を紹介

お金や資産を貸し出して利益を得ているのが金融・リース・レンタル事業です。当記事では、金融・リース・レンタル事業の概要をはじめ、各業種が抱えている問題や、事業承継の可能性、事業承継の手順・事例・注...

ソフトウェア業界のM&A・会社売却・買収の動向/相場/メリットを解説【事例あり】

ソフトウェア業界のM&A・会社売却・買収の動向/相場/メリットを解説【事例あり】

今後の成長が期待されているITソフトウェア業界では、ソフトウェア開発の重要性の高まりから、他業界やスタートアップ企業の参入が多く、M&Aが積極的に実施されています。本記事では、ITソフトウェア業...

マツエクサロンのM&A動向!メリットや注意点、おすすめ仲介会社を解説

マツエクサロンのM&A動向!メリットや注意点、おすすめ仲介会社を解説

利用者にまつ毛エクステを施すのがマツエクサロンの事業です。当記事では、マツエクサロンが置かれている現状をはじめ、M&Aの動きや、M&Aを用いた際のメリット、M&Aで注意を払う点、M&Aの手続き、...

ジュエリー業界のM&Aのメリットや注意点、仲介会社も紹介!

ジュエリー業界のM&Aのメリットや注意点、仲介会社も紹介!

ジュエリー業界は国内の市場規模は減少しているものの海外展開など顧客のニーズが変化してきており、今まで以上にM&Aが行われるようになると予測されます。今回は今度積極的に行われていくジュエリー業界の...

金融・リース・レンタル業の事業譲渡(事業売却)を分かりやすく解説

金融・リース・レンタル業の事業譲渡(事業売却)を分かりやすく解説

資金・商品を貸して利益を得るのが金融・リース・レンタル業です。当記事では、金融・リース・レンタル業の内容をはじめ、各業界に見られる事業譲渡(事業売却)の動きや、事業譲渡(事業売却)の手順、メリッ...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
ラーメン屋のM&A・事業承継
ご相談はこちら
(秘密厳守)