リネンサプライ・クリーニング会社のM&A動向!売却/買収の流れや注意点を解説!

リネンサプライ・クリーニング業界では、後継者不足の解消や市場縮小の影響から生き残るためにM&Aが行われております。昨今では総合業種を目指してM&Aを行うなど、業界での売却や買収は活発化しています。このような動向を踏まえ、M&Aの流れや注意点などを解説します。

業種別M&A

2020年3月3日更新

目次
  1. リネンサプライ・クリーニング会社のM&A
  2. リネンサプライ・クリーニング会社のM&A動向
  3. リネンサプライ・クリーニング会社のM&Aの流れ
  4. リネンサプライ・クリーニング会社がM&Aを行うタイミング
  5. リネンサプライ・クリーニング会社のM&Aの注意点
  6. リネンサプライ・クリーニング会社のM&Aにおすすめの相談先
  7. リネンサプライ・クリーニング会社のM&A事例
  8. まとめ

【CEO/CFO/M&A担当者限定】
プレミアムM&A案件情報・最新M&Aニュースをお届け

リネンサプライ・クリーニング会社のM&A

リネンサプライ・クリーニング会社

はじめに、リネンサプライ・クリーニング会社の定義とM&Aの意味についてお伝えしていきます。

リネンサプライ・クリーニング会社とは

リネンサプライとクリーニング会社は一見すると同じような業務をしているようにも見えますが、その定義は異なっています。まずクリーニング会社は衣服や布製品、皮革製品の洗濯を行う事業をいい、一般的には店舗で受け取った衣服などを店舗で、あるいは工場で洗濯した後に顧客に返却する業態を取っています。

リネンサプライ会社も布製品の洗濯を行いますが、クリーニング会社とは取り扱っているものが異なり、シーツやテーブルクロス、ベッドリネンやナプキンなどの麻製品を専門に取り扱っています。加えて、リネンサプライ会社はクリーニング会社と業態も大きく異なっています。

リネンサプライ会社はリネン製品自体を所有しており、それを契約している業者に貸し出しています。そして、定期的に貸し出したリネン製品を回収して洗濯し、再び業者に貸し出していくことで利益を上げています。

M&Aとは

M&Aとは、会社が他の会社へ売却こと、あるいは他の会社を買収することによって経営統合や合併を実行する経営手法のことをさします。M&Aは会社そのものを統合するため、事業の規模拡大や新事業の立ち上げなどを簡潔に実践できるようになります。

また、大手の会社に売却することで資本の傘下に入ることができ、経営不振からの脱却や経営権を託すことで事業承継を実践できます。M&Aは汎用性が高い経営手法であるため、昨今では大手はもちろん、中小企業や零細企業、個人事業も実施するようになっています。

※関連記事
M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!
M&Aによる売却とは?売却先企業の選定・売却案件の探し方

リネンサプライ・クリーニング会社のM&A動向

リネンサプライ・クリーニング会社のM&A動向

リネンサプライ・クリーニング会社のM&A動向は、以下のようになっています。

  1. 市場の縮小による競争の激化
  2. 後継者問題・従業員の高齢化など悩みが多い
  3. ニーズに合わせた立地・サービスを展開
  4. 総合業種を目指したM&Aが増加

①市場の縮小による競争の激化

リネンサプライ・クリーニング会社の業界は、少子高齢化による人口減少により国内市場が徐々に縮小しております。それに伴い、競争が激化してシェアの獲得が難しくなっています。また、ホテルや旅館などの業者を顧客とするリネンサプライ会社は業者の盛衰の影響を受けやすいです。

ホテルや旅館などの廃業が増えれば収益が減少してしまいますので、特に中小規模のリネンサプライ・クリーニング会社にとっては苦境が続いています。とりわけ人口減少が著しい地方のリネンサプライ・クリーニング会社は、これまでの経営を続けていくだけでは立ち行かなくなるでしょう。

そのため、シェアの獲得や生き残りをかけてM&Aを実施するリネンサプライ・クリーニング会社は増えています。

②後継者問題・従業員の高齢化など悩みが多い

中小規模のリネンサプライ・クリーニング会社の悩みの種となりがちなのが、後継者問題や従業員の高齢化です。長年続けてきたリネンサプライ・クリーニング会社は経営者が高齢化しており、健康不良で経営を続けていくことが難しくなっています。

加えて、少子化によって若手の従業員を取り入れることができず、従業員においても高齢化が進んでいます。このような事態を解決するうえで、M&Aによる事業承継や人材の確保で有効的な選択肢として注目されています。

③ニーズに合わせた立地・サービスを展開

従来のリネンサプライ・クリーニング会社といえば、店舗を構えてリネン製品や顧客の衣服などを洗濯することが主な業務でした。しかし、昨今はニーズに合わせた立地・サービスを展開する動きが見られ、業務内容が多様化しています。

立地に関しては、従来のように商店街や住宅街に店舗を構えるだけでなく、顧客に合わせて大型の商業施設やスーパーマーケットなどに出店するクリーニング会社が目立っています。また、コンビニエンスストアなどの異業種と提携し、従来の業態にとらわれない新たなサービスを提供するケースも増えています。

さらに、アパレル会社などと提携して洗濯以外にも衣服の保存に役立つサービスを提供できるようにするクリーニング会社もあります。しかし、このように新たなサービスを展開するためには資金が必要となります。

そのため、中小規模の会社同士が統合することや大手の会社の傘下に入るなどにより、新たなサービスの展開を図っています。

④総合業種を目指したM&Aが増加

昨今は、リネンサプライ・クリーニング会社が総合業種を目指してM&Aを実施するケースが増加しています。従来のリネンサプライ・クリーニング会社は、それこそリネン製品や衣服の洗濯が主な業務でしたが、それだけでは他社とのサービスの差別化ができず、競争で不利になります。

洗濯のみならず、衣服に関する多角的なサービスを実施することがリネンサプライ・クリーニング会社の今後の課題といえ、そのためにM&Aを活用しています。

※関連記事
跡取りがいない会社のM&Aを成功させるには?M&A相談先の選び方や後継者不足問題を解説

リネンサプライ・クリーニング会社のM&Aの流れ

M&Aの流れ

リネンサプライ・クリーニング会社がM&Aを行う際の流れは、以下のとおりです。

  1. M&A仲介会社などへの相談
  2. 相手の選定
  3. 基本合意書の締結
  4. デューデリジェンスの実施
  5. 最終契約書の締結
  6. クロージング
では、それぞれのプロセスをこれから見ていきましょう。

①M&A仲介会社などへの相談

M&Aを行う場合、まずはM&A仲介会社などの専門家に相談し、サポートを得られるようになってからスタートするようにしましょう。M&Aはスキームが多種多様であり、それぞれプロセスも異なります。それに加えて、財務や税務などの専門的な知識が必要な場面もあるため、専門家のサポートは欠かせません

秘密保持契約書の締結

M&A仲介会社のサポートを依頼する際、仲介契約と一緒に秘密保持契約書を締結することになります。秘密保持契約書とは、会社の秘密情報の取り扱いに関する取り決めをまとめた契約書のことです。M&Aは会社同士が経営統合を進めるため、社内の秘密情報を相手の会社やM&A仲介会社に開示します。

その秘密情報がM&Aに関係のない外部に漏れることはあってはならないことであり、その取り扱いに関して秘密保持契約書を締結することは非常に重要であるといえます。

②相手の選定

M&Aでは買い手もしくは売り手となる会社を選定するのですが、このプロセスはM&A仲介会社と一緒に行っていきます。M&A仲介会社はそれぞれ独自のネットワークや豊富な案件を持っており、そこから適切な買い手や売り手を探していきます。

M&Aの相手はM&A仲介会社から複数社提示されるのが一般的ですので、自社のニーズを踏まえて慎重に吟味していきましょう。

意向表明書の提示

選定した買い手・売り手が決まると、次のステップとしてトップ面談を実施します。ここでM&Aを行うことに双方が合意すれば次のプロセスに進んでいくのですが、その際に買い手が意向表明書を提示することもあります。

意向表明書とは、M&Aのスキームやスケジュール、譲渡価格などについて記されたものであり、簡単にいうと「この条件でM&Aを進めていきます」という意思を表明する書類です。意向表明書の提示は必須ではありませんが、提示があることでM&Aを前向きに考えていると捉えられます。

③基本合意書の締結

基本合意書は、M&Aにおける基本的な事項が記載された書類であり、通常はトップ面談後に締結します。基本合意書もM&Aの契約に関係する書類ではありますが、法的拘束力はありません。そのため、交渉の結果によっては内容が変わることもあります。

また、このあとに買い手が行うデューデリジェンスの結果次第ではM&Aが破談となることもありますが、基本合意書には法的拘束力がないため契約違反を理由に損害賠償などのトラブルに発展することはありません。

④デューデリジェンスの実施

デューデリジェンスとは、買い手が売り手の会社のリスクを洗い出す作業のことであり、簿外債務や訴訟などM&A後に経営の妨げとなるものやトラブルに発展する可能性があるリスクの有無を調査します。

そのため、デューデリジェンスはM&Aのプロセスの中でもとりわけ重要なものとして位置づけられています。その結果次第でその後の交渉に大きく影響し、譲渡価格が大きく変わることもありますし、M&Aが破談となることもあります。

⑤最終契約書の締結

デューデリジェンスの結果に問題なく、交渉がまとまれば最終契約書の締結に入ります。最終契約書は基本合意書とは異なり、最終的に決定された譲渡価格や条件、表明保証などが記されて法的拘束力も持ちます。

そのため、最終契約書の内容に違反すれば損害賠償請求や訴訟となることもあります。

⑥クロージング

クロージングとは、最終契約書に基づいてM&Aを実行していくプロセスです。クロージングでは譲渡価格通りの対価の支払から、業務のすり合わせ・引継ぎ、役員の選定などが行われ、すべての作業の完了をもってM&Aが終了となります。

なお、これらのプロセスを経営者だけで行うのは難しく、安心して任せられる専門家にサポートを受けることが望ましいです。その際は、ぜひM&A総合研究所へご相談ください。M&A仲介会社であるM&A総合研究所には会計士や知識と経験が豊富なアドバイザーが在籍しています。

これまでにさまざまな業種においてM&Aを成功に導いており、そのノウハウを活かしてM&Aのフルサポートいたします。費用においても国内最安値水準の完全成功報酬制となっておりますので、お気軽にお問い合わせください。

>>【※相談無料】M&A仲介サービスはこちら

※関連記事
デューデリジェンスとは?目的・方法・種類
M&Aの流れ、進め方について解説します

リネンサプライ・クリーニング会社がM&Aを行うタイミング

M&Aのタイミング

リネンサプライ・クリーニング会社のM&Aを行うタイミングとしては、以下のような局面が挙げられます。

  1. 後継者問題に直面したとき
  2. 売却・買収先企業から打診があったとき
  3. 競争が激しく事業の継続が難しいとき

①後継者問題に直面したとき

リネンサプライ・クリーニング会社で後継者問題に直面した際は、M&Aを考慮すべきでしょう。昨今は、中小企業や零細企業を中心に後継者がいないケースが増えています。そして、高齢化した経営者の引退と同時に廃業することで、地域経済の損失につながっています。

M&Aは買い手となる会社に経営権を託すため、後継者が不在でも事業承継が可能となります。それが地域経済の損失を防ぐことにもつながりますので、事業承継について考え始めたらできるだけ早くM&A仲介会社などの専門家に相談だけでも行うようにしましょう。

②売却・買収先企業から打診があったとき

売却・買収を考えている会社から打診があったときも、M&Aを考えるタイミングといえるでしょう。いずれを行うにせよ、M&Aを実践すれば事業規模の拡大や経営基盤の強化など、さまざまなメリットを受けられます。うまく活用できれば、会社のさらなる成長や存続を実現できるでしょう。

もちろん、M&Aで得られるメリットが少なければ拒否することも選択肢の1つです。専門家の助言を得るなど、慎重に判断するようにしましょう。

③競争が激しく事業の継続が難しいとき

リネンサプライ・クリーニング会社は競争が激化していることは先ほどお伝えしましたが、競争の過程で事業の存続が難しくなる場面もあります。そのような際も、M&Aを考えるタイミングになるといえるでしょう。

資本力の乏しい中小規模や零細規模のリネンサプライ・クリーニング会社は競争で生き残ることが難しく、シェアの獲得に失敗すれば存続も難しくなります。これをM&Aによって大手の傘下に入ることができれば、経営基盤を盤石にすることができます。

さらに、大手のノウハウやサービスも利用できるため、事業の存続だけでなく成長にも期待できるようになります。ただし、いずれのタイミングでもM&Aにはリスクがつきものですので、リスクマネジメントを行うことを忘れてはなりません。

※関連記事
M&Aのリスクとは?売り手・買い手のリスクやリスクマネジメント方法を解説

リネンサプライ・クリーニング会社のM&Aの注意点

M&Aの注意点

リネンサプライ・クリーニング会社がM&Aを行う場合、以下のことに注意する必要があります。

  1. 計画的にM&Aの準備を行う
  2. 事業を売却・買収する目的を明確にする
  3. 理想的な売却先・買収先を選定する
  4. M&Aの際には従業員の離職を防ぐ
  5. M&Aの専門家に相談する

①計画的にM&Aの準備を行う

計画的なM&Aの準備は、M&Aを実現するうえで欠かせません。M&Aはスキームによってプロセスが異なっており、中には煩雑で手間がかかるものもあります。そのため計画的に準備をしておき、スケジュールも綿密に決定しておかないと無駄なコストを費やすことになりかねません。

また、M&Aは一般的に6カ月~1年半程度かかるといわれており、準備を怠るとさらに長引いて交渉を続ける体力が減ってしまいます。入念な準備をしておけば無駄な時間をかけることなく、場合によっては短縮できるようになるでしょう。

②事業を売却・買収する目的を明確にする

事業を売却・買収する目的を明確にしておくことは非常に重要です。M&Aはいうなれば会社同士のお見合いのようなものであり、経営統合を行う目的が合致しなければ成功しません。M&Aが他の会社と経営統合する行為である以上、将来的なビジョンを見据えた明確な目的を持っておくことが大切です。

③理想的な売却先・買収先を選定する

M&Aを成約させるためには、理想的な売却先・買収先を選定するようにしましょう。M&Aの相手となる会社を選定するコツは、財務状況のみならず相手の経営理念や経営のノウハウ、経営者同士の相性など多角的な視点から分析することです。

M&Aを行うことで相手の会社とは今後二人三脚で進んでいくことになりますが、お互いの方向性が合致していなければ思うようにシナジー効果は得られず、M&Aの破綻をも招きます。また、買い手によっては経営統合後に売り手が望まない方向に経営を進められる恐れがあります。

そうならないためにも、きちんと会社を任せられる買い手を慎重に選ぶようにし、買い手となる場合も売り手の意向を尊重するようにしましょう。

④M&Aの際には従業員の離職を防ぐ

M&Aを実施する際に注意しなければならないことの1つに、従業員の離職があります。M&Aの実行によって会社の環境や経営方針、業務の進め方やルールなどが大きく変わる可能性があります。そのため、従業員にとってはマイナスの変化が発生する恐れもあります。

そのような事態になれば従業員が反発して離職する人も現れてくるでしょう。従業員の離職はM&Aに深刻な影響を及ぼします。従業員が減れば事業が立ち行かなくなる恐れがありますし、情報漏洩が発生するリスクが高まります。

実際、M&Aをきっかけに従業員が大量に離職して経営統合が失敗に終わったケースもあるほどです。従業員の離職は決して軽々しく扱ってよいものではなく、適切なタイミングで慎重にフォローを行う必要があります。

⑤M&Aの専門家に相談する

ここまでの注意点のうち、従業員へのフォローはM&Aを行う会社が主導して行わなければなりません。しかし、そのほかの注意点については自社だけで対応することが難しいのが実情です。しかし、M&Aの専門家に相談することで、これらについても対応できるようになります。

とりわけM&A仲介会社では、M&Aを行う目的の明確化や適切なスキームの選択、相手の選定のみならず、スムーズに実行できるようサポートしてくれます。その結果、M&Aの成功率が上がりますし、費やす時間も短縮できるようになります。

できるだけ費用をかけずに、それでいてスピーディーにM&Aを実行したい場合は、M&A総合研究所へご相談ください。M&A総合研究所では高度な知識と経験を持つアドバイザーがスピーディーなサポートを実践しており、平均3ヶ月という期間で成約を実現します。

ご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

>>【※平均3ヶ月でスピード成約】M&A仲介サービスはこちら

※関連記事
事業譲渡が従業員に与える影響
事業売却と社員

リネンサプライ・クリーニング会社のM&Aにおすすめの相談先

おすすめの相談先

リネンサプライ・クリーニング会社のM&Aでは、M&Aの専門家に相談・依頼をすることで成功率を高め、成約までの期間を短縮することができます。ここでは、リネンサプライ・クリーニング会社がM&Aを行う際におすすめの相談先を紹介しますので、専門家を選ぶ際の参考にしてください。

今回紹介するおすすめの専門家は、以下のとおりです。

  1. 株式会社M&A総合研究所
  2. 株式会社レコフ
  3. 株式会社中小企業M&Aサポート
では、これら3つの専門家の特徴をこれから解説していきます。

①M&A総合研究所

M&A総合研究所は、完全成功報酬制のM&A仲介会社の中でもトップの評価を得ています。会計士や弁護士の資格を持つ人や、高度な知識を持つアドバイザーがこれまでにさまざまなM&Aを成功に導いています。

また、AIを活用したプラットフォームを運営しており、最良の相手をマッチングしてくれます。

会社名 株式会社M&A総合研究所
サイトURL https://masouken.com/lp01
特徴 さまざまな業種に対応しており、完全成功報酬制のM&A仲介会社でトップの評価
手数料・報酬 相談料:無料
着手金:無料
中間報酬:無料
成功報酬:レーマン方式
電話番号 0120-401-970

②レコフ

レコフはあらゆる業界・業種のM&Aに携わっているだけでなく、日本の各都道府県の経済動向についても正確に分析しています。それによって抽出した情報をサポ―トにも活用するため、M&Aがより円滑に進められるようになります。
 

会社名 株式会社レコフ
サイトURL https://www.recof.co.jp/
特徴 あらゆる業界・業種、各都道府県の動向への正確な分析
手数料・報酬 月払いの業務委託手数料+レーマン方式に基づいた成功報酬
電話番号 03-3221-4945

③中小企業M&Aサポート

中小企業M&Aサポートは、その名のとおり中小企業のM&Aを専門的に扱っています。この会社の最大の強みはM&A案件を丁寧に分析してデータを集め、それらを元にサポートするという点です。これにより、高い成約率を誇っています
 

会社名 株式会社中小企業M&Aサポート
サイトURL https://www.chusho-ma-support.com/
特徴 丁寧な分析と高い成約率
手数料・報酬など 完全成功報酬制。最低成功報酬150万円
電話番号 03-6860-8272

リネンサプライ・クリーニング会社のM&A事例

最後に、リネンサプライ会社やクリーニング会社で行われたM&Aの事例を3つ紹介していきます。

①きょくとうによる新幸の店舗取得

2019年5月、新幸のクリーニング取次店をきょくとうが20店舗取得すると発表しました。きょくとうは全国各地にクリーニング取次店や工場を有しており、新幸はクリーニング取次店やクリーニングの宅配サービスを首都圏で行っている会社です。

きょくとうは、新幸の取次店を取得することで事業の拡大を図っています。

②ヤマシタと日商リネンサプライの吸収合併

2019年4月、ヤマシタは子会社である日商リネンサプライを吸収合併すると発表しました。両社はいずれもリネンサプライを行う会社であり、この吸収合併によって日商リネンサプライはヤマシタの栃木事業所となり、基盤の強化につなげています。

③松屋リネンサプライによる会社分割

2018年11月、松屋リネンサプライが会社分割し、それをトーカイが取得することを発表しました。トーカイは、リネンサプライのほかに福祉用具の貸与や販売なども行っています。松屋リネンサプライも同様にリネンサプライと福祉関係の事業を行っています。

松屋リネンサプライは、福祉関係の事業を切り離して本業に集中することができるようになり、トーカイは同事業の強化に成功しています。

まとめ

まとめ

リネンサプライ・クリーニング会社にとって、M&Aは業界を生き残るうえで必要な手段となり得ます。また、後継者の問題を抱える会社の有効な解決策にもなります。しかし、M&Aを成約させるためには専門家のサポートが不可欠といえます。

M&A・事業承継を円滑に進めるにも、業界のM&Aにおいて支援経験を豊富に持つ専門家に相談しましょう。最後に、この記事の要点をまとめると、以下のようになります。

・リネンサプライ・クリーニング会社のM&A動向
→市場の縮小による競争の激化、後継者問題・従業員の高齢化など悩みが多い、ニーズに合わせた立地・サービスを展開、総合業種を目指したM&Aが増加

・リネンサプライ・クリーニング会社のM&Aの流れ
→仲介会社などへの相談、事業承継先の選定、基本合意書の締結、デューデリジェンスの実施、最終契約書の締結、クロージング

・リネンサプライ・クリーニング会社がM&Aを行うタイミング
→後継者問題に直面したとき、売却・買収先企業から打診があったとき、競争が激しく事業の継続が難しいとき

・M&Aを行う際の注意点
→計画的にM&Aの準備を行う、事業を売却・買収する目的を明確にする、理想的な売却先・買収先を選定する、M&Aの際には従業員の離職を防ぐ、M&Aの専門家に相談する

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士、弁護士がいるM&A総合研究所にご相談ください。

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士、弁護士がフルサポート
  3. 平均3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【CEO/CFO/M&A担当者限定】
プレミアムM&A案件情報・最新M&Aニュースをお届け

関連記事

【2020年最新版】レストランのM&A・売却事例15選!専門家による解説付き

【2020年最新版】レストランのM&A・売却事例15選!専門家による解説付き

本記事では、レストランのM&A・売却事例のなかから、2020年の最新事例をピックアップして15選ご紹介します。また、レストランのM&A・売却動向や今後の課題、売却にかかる費用や売却相場、M&A・...

M&A
調剤薬局のM&A・譲渡は物件契約の手間が省ける!おすすめ仲介会社は?

調剤薬局のM&A・譲渡は物件契約の手間が省ける!おすすめ仲介会社は?

調剤薬局業界では、売却件数が増えている一方で、調剤薬局を買収して業規模拡大を図るところもみられます。調剤薬局のM&A・譲渡は、物件契約の手間が省けるなどのメリットがあります。この記事では、調剤薬...

M&A株式譲渡事業譲渡
病院・医療法人のM&Aの7つのポイント!買収積極企業は?【持分あり/なし】

病院・医療法人のM&Aの7つのポイント!買収積極企業は?【持分あり/なし】

病院・医療法人のM&Aは、株式会社のM&Aとは手続きが異なるため、違いを把握したうえで最適なスキームを選択する必要があります。本記事では、病院・医療法人のM&Aについて、持分のあり・なしでの違い...

M&A
機械器具小売業界のM&A・売却・買収!売却相場やおすすめ相談先は?

機械器具小売業界のM&A・売却・買収!売却相場やおすすめ相談先は?

自動車・自転車および家電を販売する機械機器小売は、今後M&A・売却・買収が活発になっていくと考えられる業種です。本記事では、機械器具小売業界のM&A・売却・買収について、売却相場やおすすめの相談...

M&A
調剤薬局を高額で買取してもらうには?価格の算出方法を解説!

調剤薬局を高額で買取してもらうには?価格の算出方法を解説!

調剤薬局業界は現在、M&Aによる売却が増加しています。調剤報酬改定による売り上げの低下や経営者の高齢化と後継者不足、薬剤師の不足などが主な原因です。また、他業種からの大手企業参入などにより、中小...

M&A
調剤薬局の今後の予測を発表!2020年の調剤改定でM&Aが増加?

調剤薬局の今後の予測を発表!2020年の調剤改定でM&Aが増加?

近年、度重なる調剤報酬改定によって徐々に経営が難しくなっている調剤薬局業界ですが、今後も様々な理由から経営の難易度が上がり、M&Aの頻度が高くなることが予想されます。当記事では、調剤薬局業界の現...

M&A
調剤薬局の継承の相場や注意点を解説【事例あり】

調剤薬局の継承の相場や注意点を解説【事例あり】

近年の調剤薬局業界における事業継承件数の増加は、度重なる調剤報酬改定や後継者不足などで経営が難しくなっているのが原因です。M&Aを検討する際、継承価格の相場が気になる人も多いでしょう。当記事では...

M&A
建築設計/検査会社のM&A動向!売却額の相場や相談先を解説

建築設計/検査会社のM&A動向!売却額の相場や相談先を解説

本記事では、建築設計/検査会社のM&A・売却・買収について、M&A動向やM&A・売却・買収を行うメリット、売却額の相場や企業価値評価方法を解説しています。そのほか、建築設計/検査会社のM&Aを行...

M&A
調剤薬局の経営が厳しいのは調剤報酬改定が原因?生き残りにはM&A?

調剤薬局の経営が厳しいのは調剤報酬改定が原因?生き残りにはM&A?

近年、調剤報酬改定が行われたことにより、調剤薬局の経営が以前にも増して難しいものになっています。本記事では、調剤薬局業界の現状と、調剤薬局が生き残る手段としてM&Aを活用することは有効なのかにつ...

M&A
記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
イベント情報

【CEO/CFO/M&A担当者限定】
プレミアムM&A案件情報・最新M&Aニュースをお届け

ご相談はこちら
(秘密厳守)