M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル

2019年11月27日更新
この記事は、約5分で読めます。

リネンサプライ・クリーニング会社のM&A動向!売却/買収の流れや注意点を解説!

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

M&Aは業界によって動向が異なっており、自分の会社における業界の傾向については知っておく必要があります。今回はリネンサプライ・クリーニング会社のM&A動向についてお伝えしていきます。また、M&Aの基本的な知識についても解説していきます。

目次
  1. リネンサプライ・クリーニング会社のM&A・売却・買収
  2. リネンサプライ・クリーニング会社のM&A動向
  3. リネンサプライ・クリーニング会社のM&A・売却・買収の流れ
  4. リネンサプライ・クリーニング会社のM&Aのタイミング
  5. リネンサプライ・クリーニング会社のM&A・売却・買収の注意点
  6. リネンサプライ・クリーニング会社のM&A・売却・買収の際におすすめの相談先
  7. まとめ

リネンサプライ・クリーニング会社のM&A・売却・買収

リネンサプライ・クリーニング会社

はじめにリネンサプライ・クリーニング会社の定義と、M&A・売却・買収の意味についてお伝えしていきます。

リネンサプライ・クリーニング会社とは

リネンサプライ・クリーニング会社は一見すると同じような業務をしていますが、その定義は異なっています。

クリーニング会社は衣服や布製品、皮革製品の洗濯を行う事業をいいます。一般的には店舗で受け取った衣服などを店舗で、あるいは工場で洗濯した後に顧客に返却する業態を取っています。

リネンサプライ会社も布製品の洗濯を専門としていますが、クリーニング会社とは取り扱っているものが異なっています。

リネンサプライ会社はその名の通りリネン製品、つまりシーツやテーブルクロス、ベッドリネンやナプキンなどといった麻製品を専門的に取り扱っています。

加えてリネンサプライ会社はクリーニング会社と業態も大きく異なっています。

そもそもリネンサプライ会社はリネン製品それ自体を所有しており、それを契約している業者に貸し出しています。そして定期的に貸し出したリネン製品を回収して洗濯し、再び業者に貸し出していくことで利益を上げています。

M&A・売却・買収とは

M&Aとは会社が他の会社へ売却、あるいは他の会社を買収することによって経営統合や合併を実行する経営手法のことを指します。

M&Aは会社そのものを統合するため、事業の規模拡大や新事業の立ち上げなどを簡潔に実践できるようになります。

また、大手の会社に売却することで資本の傘下に入って経営不振を脱却したり、経営権を託すことで事業承継を実践することも可能です。

M&Aは汎用性が高い経営手法であるため、昨今では大手はもちろん、中小企業や零細企業、個人事業も実施するようになっています。

【関連】買収ニュースとは?事例20選、買収の注意点をご紹介

リネンサプライ・クリーニング会社のM&A動向

リネンサプライ・クリーニング会社のM&A動向

リネンサプライ・クリーニング会社のM&A動向は以下のようになっています。

  1. 市場の縮小による競争の激化
  2. 後継者問題・従業員の高齢化など悩みが多い
  3. ニーズに合わせた立地・サービスを展開
  4. 総合業種を目指したM&Aが増加

1.市場の縮小による競争の激化

リネンサプライ・クリーニング会社の業界の競争の激化に大きく影響しているのが市場の縮小です。

昨今は少子高齢化による人口減少で国内市場が徐々に縮小しており、シェアの獲得がだんだん難しくなっています。

ホテルや旅館などの業者を顧客とするリネンサプライ会社も、業者の盛衰に影響を受けやすく、ホテルや旅館などの廃業が増えれば収益が減少してしまいます。

そのため、リネンサプライ・クリーニング会社もシェアの獲得のために競争が激化しており、中小規模のリネンサプライ・クリーニング会社にとっては苦境が続いています。

とりわけ人口減少が著しい地方のリネンサプライ・クリーニング会社は、これまでの経営を続けていくだけでは立ち行かなくなるでしょう。

そのため、シェアを獲得し、競争に生き残るべくM&Aを実施するリネンサプライ・クリーニング会社は増えています。

2.後継者問題・従業員の高齢化など悩みが多い

中小規模のリネンサプライ・クリーニング会社の悩みの種となりがちなのが後継者問題・従業員の高齢化です。

長年続いてきたリネンサプライ・クリーニング会社は経営者も従業員も高齢化しており、健康不良で経営を続けていくことが難しくなりがちです。加えて少子化で若手の従業員を取り入れることもできないケースも少なくありません。

このような事態を解決するうえで、M&Aによる事業承継が有効的な選択肢として注目されています。

3.ニーズに合わせた立地・サービスを展開

従来のリネンサプライ・クリーニング会社といえば、店舗を構え、リネン製品や顧客の衣服などを洗濯することが主な業務でした。しかし、昨今はニーズに合わせた立地・サービスを展開することで業務内容が多様化しています。

立地に関しては従来のように商店街や住宅街に店舗を構えるだけでなく、顧客に合わせて大型の商業施設やスーパーマーケットなどに出店するクリーニング会社が目立っています。

さらにコンビニエンスストアなどの異業種と提携し、従来の業態にとらわれない新たなサービスを提供するケースも増えています。加えてアパレル会社などと提携することによって、洗濯以外にも衣服の保存に役立つサービスを提供できるようにするクリーニング会社もあります。

4.総合業種を目指したM&Aが増加

昨今は、リネンサプライ・クリーニング会社が総合業種を目指してM&Aを実施するケースが増加しています。

従来のリネンサプライ・クリーニング会社はそれこそリネン製品や衣服の洗濯が主な業務でしたが、それだけでは他社とのサービスの差別化ができず、競争で不利になります。

洗濯のみならず、衣服に関する多角的なサービスを実施することがリネンサプライ・クリーニング会社の今後の課題だといえます。

【関連】跡取りがいない会社のM&Aを成功させるには?M&A相談先の選び方や後継者不足問題を解説

リネンサプライ・クリーニング会社のM&A・売却・買収の流れ

M&Aの流れ

リネンサプライ・クリーニング会社のM&Aの流れは以下の通りです。

  1. 仲介会社などへの相談
  2. 事業承継先の選定
  3. 基本合意書の締結
  4. デューデリジェンスの実施
  5. 最終契約書の締結
  6. クロージング

1.仲介会社などへの相談

M&Aは仲介会社などに相談し、サポートを得られるようになってからスタートするようにしましょう。

M&Aはスキームが多種多様であり、それぞれプロセスも全く異なっています。さらに財務や税務などといった専門的な知識が必要な場面もあるため、専門家のサポートは欠かせません。

必ず相性の良い専門家をパートナーにしておくようにしましょう。

秘密保持契約書の締結

M&A仲介会社のサポートを依頼する際、仲介契約と一緒に秘密保持契約書を締結することにもなります。

秘密保持契約書は会社の秘密情報の取り扱いに関する取り決めをまとめた契約書のことです。

M&Aは会社同士が経営統合を進めるプロセスであるため、社内の秘密情報を相手の会社やM&A仲介会社に開示することも少なくありません。そのため、秘密保持契約書を締結することは重要であるといえます。

2.事業承継先の選定

M&A先、つまり買い手や売り手を選定するプロセスはM&A仲介会社と一緒に行っていきます。

M&A仲介会社はそれぞれ独自のネットワークや豊富な案件を持っており、それらを生かして買い手・売り手を探していきます。

自身の条件を参照しつつ、慎重に吟味していきましょう。

意向表明書の提示

選定した買い手・売り手とトップ面談を実施し、M&Aを行うことが確定すれば買い手から意向表明書が提示されることがあります。

意向表明書はM&Aのスキームやスケジュール、譲渡価格などについて記されたものであり、「この条件でM&Aを進めていきます」という意思を表明する書類といえます。

意向表明書の内容は買い手と売り手の協議の結果によりますが、法的拘束力がない事項が記されていることが多く、場合によっては提示されないことがあります。

3.基本合意書の締結

基本合意書はトップ面談後に締結する契約ですが、法的拘束力を持っていない事項がまだ多いため、交渉の結果によっては内容が覆ることもあります。

4.デューデリジェンスの実施

デューデリジェンスは売り手の会社のリスクを洗い出す作業です。

デューデリジェンスはあらゆるM&Aのスキームの中でもとりわけ重要なものとして位置づけられています。

デューデリジェンスの結果はその後の交渉にも大きく影響するものであり、譲渡価格が大きく変わることもあれば、M&Aの成否を左右することも珍しくありません。

5.最終契約書の締結

交渉がまとまれば最終契約書の締結に入ります。

最終契約書は基本合意書とは異なり、最終的に決定された譲渡価格や条件、表明保証などが記されています。そのため法的拘束力が発生しており、内容に違反すれば損害賠償請求や訴訟を招くことになります。

6.クロージング

クロージングはM&Aによる経営統合を実践していくプロセスです。

クロージングでは譲渡価格通りの対価の支払から、業務のすり合わせ・引継ぎ、役員の選定などが行われていきます。

【関連】デューデリジェンスとは?目的・方法・種類

リネンサプライ・クリーニング会社のM&Aのタイミング

M&Aのタイミング

リネンサプライ・クリーニング会社のM&Aのタイミングとしては、以下のようなものが挙げられます。

  1. 後継者問題に直面した時
  2. 売却・買収先企業から打診があった時
  3. 競争が激しく事業の継続が難しい時

1.後継者問題に直面した時

リネンサプライ・クリーニング会社で後継者問題に直面した際はM&Aを考慮すべきでしょう。

昨今は中小企業や零細企業を中心に後継者がいないケースが増えており、事業承継ができなくなることが珍しくありません。そのような会社は高齢化した経営者の引退と同時に廃業することもあり、地域経済の損失につながっています。

ただ、さきほどもお伝えしたようにM&Aなら事業承継ができるようになります。M&Aは買い手となる会社に経営権を託すため、後継者が不在でも事業承継が可能です。

しかし、M&Aによる事業承継を行うのであれば、なるべく迅速に進めるようにしましょう。

経営者が高齢化している場合、体調不良で万が一のことがあったり、判断能力が低下しているような状態であればM&Aを実行することは難しくなります。

2.売却・買収先企業から打診があった時

売却・買収を考えている会社からM&Aの打診があった際もM&Aを考えるタイミングといえるでしょう。

売却・買収のいずれを行うにせよ、打診があるならM&Aは考えるべき事柄です。

M&Aを実践すれば事業規模の拡大や経営基盤の強化など、様々な恩恵に与かれます。上手く活用できれば会社のさらなる成長や存続を実現できるでしょう。

ただ、もちろんM&Aで得られる利益が少なければ拒否することも選択肢の一つになります。M&Aを行うと経営の危機に瀕すれば買い手、あるいは売り手の会社と共倒れになってしまう恐れがあります。

時には専門家の助言を得るなどして、慎重に判断するようにしましょう。

3.競争が激しく事業の継続が難しい時

リネンサプライ・クリーニング会社の業界の競争が激化していることはさきほどお伝えしましたが、競争の過程で事業の存続が難しくなる場面もあります。そのような際もM&Aを考えるタイミングになるといえるでしょう。

元々中小規模や零細規模のリネンサプライ・クリーニング会社は競争で生き残ることが難しく、シェアの獲得に失敗すれば存続も難しくなります。

ただ、M&Aで大手の資本の傘下に入ることができれば経営基盤を盤石にすることができます。さらに、大手のノウハウやサービスも利用できるため、事業の存続だけでなく成長も期待できるようになるでしょう。

【関連】M&Aのリスクとは?売り手・買い手のリスクやリスクマネジメント方法を解説

リネンサプライ・クリーニング会社のM&A・売却・買収の注意点

M&Aの注意点

リネンサプライ・クリーニング会社のM&Aを行う場合、懸念される注意点は以下の通りです。

  1. 計画的にM&Aの準備を行う
  2. 事業を売却・買収する目的を明確にする
  3. 理想的な売却先・買収先を選定する
  4. M&Aの際には従業員の離職を防ぐ
  5. M&Aの専門家に相談する

1.計画的にM&Aの準備を行う

計画的なM&Aの準備は、M&Aの成約を実現するうえで欠かせません。

そもそもM&Aはスキームによってプロセスが異なっており、中には煩雑で手間がかかるものもあります。そのため計画的に準備をしておき、スケジュールも綿密に決定しておかないと無駄な時間やコストを費やすことになりかねません。

また、M&Aは一般的に6カ月~1年半程度かかるといわれていますが、準備を怠ると長引くことになります。

そうなると交渉を続ける体力が減ってしまい、精度が下がる恐れがあります。ただ、入念な準備をしておけばかかる時間を短縮化できるようになるでしょう。

2.事業を売却・買収する目的を明確にする

事業を売却・買収する目的を明確にしておくことは非常に重要です。

M&Aはいうなれば会社同士のお見合いのようなものであり、お互いの経営統合を行う目的に双方が合意をしておくことは不可欠です。

ただ、曖昧で単純な目的であると相手から同意を得ることは難しいでしょう。M&Aが複数の会社と経営統合する行為である以上、将来的なビジョンを見据えた明確な目的を持っておくことが大切です。

3.理想的な売却先・買収先を選定する

M&Aを成約させたいのであれば、理想的な売却先・買収先を選定するようにしましょう。

M&Aの相手となる会社を選定するコツは財務状況のみならず、相手の経営理念や経営のノウハウ、経営者同士の相性など多角的な視点から分析することです。

M&Aで経営統合をする以上、相手の会社とは二人三脚で進んでいくことになりますが、お互いの方向性が合致していなければシナジー効果は得られないですし、M&Aの破綻をも招きます。

とりわけM&Aで売り手となる場合は買い手の選び方には注意しましょう。

買い手の手腕によっては経営統合後に、売り手の望まない方向に経営を進められる恐れがあります。そうならないためにも、きちんと会社を任せられる買い手を慎重に選ぶようにしましょう。

4.M&Aの際には従業員の離職を防ぐ

M&Aを実施する際に注意しておくべきことの一つに従業員の離職があります。

M&Aの実行によって、会社の環境や経営方針、業務の進め方やルールなどが大きく変わる可能性があります。そのため、従業員にとってはマイナスの変化が発生する恐れもあります。

もしそのような事態になれば、当然従業員が反発して離職することになるでしょう。

従業員の離職はM&Aに深刻な影響を及ぼします。従業員が減れば事業が立ち行かなくなる恐れがありますし、情報漏洩が発生するリスクが高まります。

実際、M&Aをきっかけに従業員が大量に離職したために経営統合が大失敗に終わったケースもあるなど、従業員の離職は決して軽々しく扱ってよいものではありません。

5.M&Aの専門家に相談する

さきほども触れましたが、M&Aを行うのであれば専門家に相談するようにしましょう。

実績のある専門家であれば、M&Aの成功率が上がりますし、費やす時間も短縮化できるようになります。中にはM&Aが1か月で成約したケースもあります。

【関連】事業譲渡が従業員に与える影響

リネンサプライ・クリーニング会社のM&A・売却・買収の際におすすめの相談先

おすすめの相談先

リネンサプライ・クリーニング会社のM&A・売却・買収の際におすすめの相談先は以下の通りです。

  1. M&A総合研究所
  2. レコフ
  3. 中小企業M&Aサポート

M&A総合研究所

M&A総合研究所は完全成功報酬制のM&A仲介会社の中でもトップの評価を得ています。

それもAIを活用した独自のマッチングや、優秀なアドバイザーだけでなく連携した弁護士・会計士のサポートを提供しているからです。
 

サイトURL https://masouken.com/lp01
特徴 独自のサポートにより、完全成功報酬制のM&A仲介会社でトップの評価
手数料・報酬など 相談料:無料
着手金:無料
中間報酬:無料
成功報酬:レーマン方式
電話番号 0120-401-970

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

レコフ

レコフはあらゆる業界・業種のM&Aのみならず、日本各都道府県の経済の動向も正確に分析しています。

そのうえで抽出した情報をサポ―トにも活用するため、M&Aがより円滑に進められるようになります。
 

サイトURL https://www.recof.co.jp/
特徴 あらゆる業界・業種、各都道府県の動向への正確な分析
手数料・報酬など 月払いの業務委託手数料+レーマン方式に基づいた成功報酬
電話番号 03-3221-4945

中小企業M&Aサポート

中小企業M&Aサポートはその名の通り中小企業のM&Aを専門的に扱っています。

この会社の最大の強みはM&A案件を丁寧な分析にすることでデータを集め、それらを元にサポートするという点です。それにより、中小企業M&Aサポートは非常に高い成約率を誇っています。
 

サイトURL https://www.chusho-ma-support.com/
特徴 丁寧な分析と高い成約率
手数料・報酬など 完全成功報酬制。最低成功報酬150万円
電話番号 03-6860-8272

まとめ

まとめ

リネンサプライ・クリーニング会社にとって、M&Aは業界を生き残るうえで必要な手段となり得ます。

ただ、M&Aを成約させるには正しい知識を修め、専門家の助力を得ることが不可欠です。この点は意識しておきましょう。

【リネンサプライ・クリーニング会社のM&A動向】

  1. 市場の縮小による競争の激化
  2. 後継者問題・従業員の高齢化など悩みが多い
  3. ニーズに合わせた立地・サービスを展開
  4. 総合業種を目指したM&Aが増加

【リネンサプライ・クリーニング会社のM&Aの流れ】

  1. 仲介会社などへの相談
  2. 事業承継先の選定
  3. 基本合意書の締結
  4. デューデリジェンスの実施
  5. 最終契約書の締結
  6. クロージング

【リネンサプライ・クリーニング会社のM&Aのタイミング】

  1. 後継者問題に直面した時
  2. 売却・買収先企業から打診があった時
  3. 競争が激しく事業の継続が難しい時

【M&Aを行う場合の懸念される注意点】

  1. 計画的にM&Aの準備を行う
  2. 事業を売却・買収する目的を明確にする
  3. 理想的な売却先・買収先を選定する
  4. M&Aの際には従業員の離職を防ぐ
  5. M&Aの専門家に相談する

リネンサプライ・クリーニング会社のM&A・事業承継を円滑に進めるには、リネンサプライおよびクリーニング業界のM&A支援経験を豊富に持つM&A仲介会社のサポートが欠かせません。

M&A総合研究所では、豊富な知識と実績を持ったアドバイザー・会計士・弁護士の専門家チームがM&A・事業承継をフルサポートします。

無料相談は24時間年中無休でお受けしていますので、リネンサプライ・クリーニング会社のM&A・事業承継をご検討の際は、まずはお気軽にご相談ください。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
ご相談はこちら
(秘密厳守)