2021年5月8日更新都道府県別M&A

京都のM&A・会社売却の仲介会社をご紹介!M&A案件の探し方も解説

京都府の企業は、M&Aを駆使して外部の企業文化やノウハウなどを取り入れながら独自の発展を遂げてきました。京都府でM&Aを行う際は、全国規模の大手仲介会社だけでなく、地元の事情に詳しい仲介会社のサポートを得ることも検討しましょう。

目次
  1. 京都府のM&Aの現状
  2. 京都府のM&A・会社売却・事業承継の動向
  3. 京都府のM&A・会社売却・事業承継にオススメの仲介会社6選
  4. 京都府の公的機関
  5. 京都府近郊のM&A譲渡案件例
  6. 京都府のM&A事例
  7. 京都府でM&A案件を探す方法
  8. 京都府のM&Aまとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

京都府のM&Aの現状

京都府のM&Aの現状

現代日本において、M&Aは一般的に広く実施されている経営戦略のひとつです。中小企業・大企業などの規模を問わず、M&Aを実施している企業は増加しており、年間のM&A案件の数も増加傾向にあります。とはいえ、M&Aは地域ごとに特色があり、地域の事情に影響されやすいです。

そのため、特定の地域でM&Aで行う際は、事前にその地域の事情を踏まえておくと良いでしょう。そこで本記事では、京都府のM&Aについて、動向・オススメのM&A仲介会社などを中心に詳しく解説します。

まず、京都府のM&Aの現状を紹介します。レコフによると、2018年の京都府のM&A件数は合計で116件です。このうち「買い手・売り手ともに京都府内の企業のM&A」は11件、「買い手が京都府内・売り手が京都府外の企業のM&A」は55件、「買い手が京都府外・売り手が京都府内の企業のM&A」は50件でした。

また、京都府のM&A件数は、2014年〜2018年の期間において4年連続で増加傾向にあります。

参考:京都府のM&A(レコフ)

【関連】近畿のM&A・会社売却・事業承継まとめ!仲介会社情報や個人向け案件あり

京都府のM&A・会社売却・事業承継の動向

京都府のM&A・会社売却・事業承継の動向

本章では、京都府のM&Aの動向について取り上げます。京都府の企業の特性としては、「内向的」な側面が挙げられます。つまり、京都府の企業には内向的な一面があり、京都府の内部で企業を成長させていく傾向が少なからず見受けられるのです。

実際に任天堂・ワコールなどの京都府で創業された企業は、本社を東京に移さず京都府に置き続けるなど、積極的に外部に進出しない点が特徴的です。とはいえ、京都府の企業は決して閉鎖的ではありません。

京都府の老舗のお店に「婿入り」の文化があるように、京都府の企業では外部の文化・知識・ノウハウを積極的に取り入れています。いうなれば、京都府の企業は、外部に本社を移すことなく外部の都道府県の企業を積極的に取り入れるケースが多いです。

こうした傾向が見られるため、京都府の企業はM&Aを巧みに行うことで、事業をいたずらに拡大することを避けています。なお、M&Aとは異なる京都府の企業の強みとしては、人材採用のしやすさも特徴的です。京都府には大学が多数あり、多くの学生が拠点としているため、新卒採用を行いやすい環境だといえます。

この点も、京都府の企業が発展しやすい理由のひとつです。

【関連】京都府の事業承継とは?M&A仲介会社ランキングもご紹介

京都府のM&A・会社売却・事業承継にオススメの仲介会社6選

京都府のM&A・会社売却・事業承継にオススメの仲介会社6選

本章では、京都府エリアに対応しているオススメのM&A仲介会社を6社取り上げます。

  1. M&A総合研究所
  2. 京都経営グループ
  3. 中小企業M&Aサービス
  4. 京都銀行
  5. かえでファイナンシャルアドバイザリー
  6. 京都Map(京都M&Aプランニング)

それぞれの企業について順番に詳しく紹介します。

①M&A総合研究所

M&A総合研究所

M&A総合研究所

出典:https://masouken.com/

M&A総合研究所は、中小・中堅規模のM&A案件を主に手掛ける仲介会社です。全国の案件に対応しており、知識・経験が豊富なアドバイザーによる専任フルサポートを行っています。

通常M&Aでは半年〜1年程度の期間が必要とされていますが、M&A総合研究所ではスピーディーなサポートを実践しており、最短3ヵ月での成約実績も有しています。

料金体系は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です。(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)相談料は無料となっておりますので、お気軽にお問い合わせください。

会社名 M&A総合研究所
得意な業種 非特化型
対応地域 全国
報酬体系 完全成功報酬制(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)
公式ホームページ https://masouken.com/lp01

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

②京都経営グループ

京都経営グループは、その名のとおり京都府に拠点を置く税務・経営の専門家集団です。具体的にいうと、京都経営マネジメントプラン・京都経営M&Aセンター・税理士法人京都経営・京都経営コンサルティング・京都経営社労士事務所によってグループが構成されています。

京都経営グループは事業承継に関するコンサルティングを専門的に手掛けており、税理士を中心としたさまざまな経営の専門家がクライアントをノンストップでサポートしています。サポート内容は手厚く、後継者育成・M&A・クライアント企業の経営計画の策定などを専門的な知識を生かして支えている点が特徴です。

会社名 京都経営グループ
得意な業種 中堅・中小企業が得意
対応地域 京都府中心
報酬体系 要お問い合わせ
公式ホームページ http://kyotokeiei.com/jigyoshokei/

③中小企業M&Aサービス

中小企業M&Aサービスは中小企業のM&Aを専門的に手掛ける仲介会社であり、クライアントのM&Aを最大限にバックアップしています。また、日本M&Aセンターに加えて、税理士・司法書士・社会労務士などさまざまな専門家とも提携しており、ワンストップのサービスを受けることが可能です。

会社名 中小企業M&Aサービス
得意な業種 中小企業が得意
対応地域 京都府中心
報酬体系 要お問い合わせ
公式ホームページ http://www.ma-kyoto.co.jp/

④京都銀行

京都銀行は金融機関ですが、京都府の企業のM&Aや経営に関するサポートも手掛けています。地方銀行ならではの地方密着型のサポート体制に加えて、京都府・近畿地方に広いネットワークを保有しており、京都府の中小企業からすると心強い存在です。

また、京都銀行はM&Aの専門家の育成・ノウハウの蓄積なども行っており、より充実したサービスの提供に努めています。こうした事情もあり、京都銀行のM&A成約件数は増加中です。さらに、京都銀行ではM&Aだけでなく海外進出のサポートも手掛けており、京都府の中小企業のさらなる発展に貢献しています。

そのため、京都府に拠点を構える企業であれば、京都銀行の利用を検討すると良いです。

会社名 京都銀行
得意な業種 非特化型
対応地域 京都府中心
報酬体系 要お問い合わせ
公式ホームページ https://www.kyotobank.co.jp/

⑤かえでファイナンシャルアドバイザリー

かえでファイナンシャルアドバイザリーは東京都に本社を置く仲介会社ですが、大阪府にも拠点を持っており、京都府を含む関西の企業のM&Aに対応しています。かえでファイナンシャルアドバイザリーは顧客が幸せな結果をつかむM&Aの実現を目指しており、豊富なノウハウと経験で多くの依頼に応えてきました。

具体的には、証券会社・金融機関・大手M&A仲介会社などが取り組まない売上1億円前後の規模からの中小企業の事業承継M&A・事業再生M&A・ベンチャー企業M&Aなどを中心に、さまざまな業種で成約実績を持っています。

会社名 かえでファイナンシャルアドバイザリー
得意な業種 非特化型
対応地域 京都府を含む日本全国、海外
報酬体系 要お問い合わせ
公式ホームページ https://www.kaedefa.com/

⑥京都Map(京都M&Aプランニング)

京都Map(京都M&Aプランニング)は中小企業のM&Aを専門的に手掛けており、京都府の企業に向けた手厚いサポートを展開しています。また、京都Mapでは一般的なM&Aだけでなく「京都流M&A」のノウハウも心得ており、京都府の企業にマッチした手法でサポートしてくれる点が魅力です。

会社名 京都M&Aプランニング
得意な業種 中小企業が得意
対応地域 京都府中心
報酬体系 要お問い合わせ
公式ホームページ http://www.kyotomap.co.jp/

【関連】大阪のM&A仲介会社オススメ10選をご紹介

京都府の公的機関

京都府の公的機関

本章では、京都府のM&Aに関する公的機関として以下の4つを取り上げます。

  1. 京都府事業引継ぎ支援センター
  2. 京都府よろず支援拠点
  3. 京都商工会議所
  4. 京都信用保証協会

それぞれの機関について順番に詳しく紹介します。

①京都府事業引継ぎ支援センター

京都府事業引継ぎ支援センターは、相談料無料にて後継者対策への支援を手掛けている公的機関です。京都商工会議所から委託を受けて、事業承継などのサポートを手掛けています。

無料相談については、電話にて予約を行えます。また、後継者対策を検討している方向けのメールマガジンが発行されているため、京都府でM&Aを実施したい場合には積極的に活用しましょう。

事業引継ぎ支援センターの活用を政府も後押し

京都府をはじめとする各都道府県には、事業引継ぎ支援センターなどの公的機関が設置されています。また、政府では後継者不在などで事業存続に悩む経営者を助けるべく、事業引継ぎ支援センターの活用を推奨している状況です。

公的機関は基本的に無料で利用できるため、京都府でM&Aを行いたい場合には積極的に活用すると良いでしょう。とはいえ、公的機関では、必ずしもM&Aの仲介までを手掛けてくれるとは限りません。多くの公的機関ではM&A案件を探せても、仲介自体は仲介会社に委託する形式を取っています。

上記のケースでは、はじめからM&A仲介会社を利用したときと比較すると、多くの手間やコストが必要となる点に注意しましょう。

②京都府よろず支援拠点

京都府よろず支援拠点は、中小企業・小規模事業者向けに国が設立している無料の経営相談窓口です。経営に関するさまざまな知識を持ったコーディネーターや、中小企業診断士などの資格を持った専門家などが相談に応じてくれます。

関連するセミナーなども開催されているため、京都府でM&Aを行う際に役立てましょう。

③京都商工会議所

京都府商工会議所連合会は、京都府内の各地に設立された商工会議所の集まりです。福知山・宇治など、商工会議所は京都府内に8つ設置されています。会員は主に商工者・企業経営者などであり、相互の助け合いと京都府内の経済発展のために活動している機関です。

京都府商工会議所でも各種セミナーなどが実施されており、M&Aの際に役立てられます。

④京都信用保証協会

京都信用保証協会は、中小企業の資金計画をバックアップする公的機関です。主に金融面でのサポートを手掛けており、京都信用保証協会が公的な保証人となって資金を金融機関から借りやすくしています。

経営支援や補償制度なども取り扱っているため、京都でM&Aを行う際に役立てられる可能性があります。

【関連】事業引継ぎ支援センターとは?成約事例や案件・手数料について徹底解説

京都府近郊のM&A譲渡案件例

京都府近郊のM&A譲渡案件例

本章では、京都府近郊のM&A譲渡案件例として、3つを取り上げます。

介護用品レンタル事業のM&A

これは、介護用品をレンタルしている地域密着型企業のM&A譲渡案件です。ケアマネージャー向けに営業しており、介護用品のレンタル受注を受けています。要介護度の低い方に向けた歩行器や要介護度の高い方向けのエアマット・ベッドなどレンタル品は幅広いです。後継者不在により、譲渡を希望しています。

売上高 2,100万円台
売却希望額 1,500万円
譲渡希望理由 後継者不在

鶏肉の卸・販売会社のM&A

これは、30以上の固定客を持つ鶏肉の卸・販売会社のM&A譲渡案件です。飲食店の営業許可を保有しており、顧客とも良好な関係性を築いているほか、冷蔵庫や陳列棚などの設備も整っています。後継者不在により、M&Aで譲渡を希望しました。

売上高 1,300万円台
売却希望額 1,000万円
譲渡希望理由 後継者不在

婦人服の企画販売事業のM&A

これは、リネン素材の婦人服をメインに企画販売を行っている会社のM&A譲渡案件です。移り変わるトレンドに合わせた婦人服を企画販売しています。有名雑貨店などとも取引があり、京都府を中心に関西で幅広く販売している会社です。こちらも、後継者不在によりM&Aによる譲渡を希望しています。

売上高 7,700万円台
売却希望額 6,000万円
譲渡希望理由 後継者不在

【関連】M&A案件の探し方を解説!中小企業や個人事業主向けの少額案件の探し方と注意点

京都府のM&A事例

京都府のM&A事例

本章では、京都府の企業が当事会社となったM&A事例として、以下の3件を取り上げます。

  1. 旅行関連業界のM&A(ベストワンドットコム、えびす旅館)
  2. 学習塾業界のM&A(明光ネットワークジャパン、ケイ・エム・ジーコーポレーション)
  3. 自動車・建設機械の製造加工業界のM&A(武蔵精密工業、浅田可鍛鋳鉄所)

それぞれのM&A事例からポイントをつかんで、自社のM&A戦略策定に役立てましょう。

①旅行関連業界のM&A(ベストワンドットコム、えびす旅館)

ベストワンドットコム

ベストワンドットコム

出典:https://www.best1cruise-corp.info/

2018年12月、ベストワンドットコムは、えびす旅館の株式を取得し子会社化すると発表しました。買収側のベストワンドットコムは、ルーズ旅行を専門にオンライン旅行会社としてさまざまな事業を展開しています。

売却側のえびす旅館は、京都府京都市にて旅館を経営している会社です。本件M&Aにより、ベストワンドットコムは、えびす旅館の持つノウハウを生かしながらマーケットのさらなる拡大を図っています。

②学習塾業界のM&A(明光ネットワークジャパン、ケイ・エム・ジーコーポレーション)

明光ネットワークジャパン

明光ネットワークジャパン

出典:https://www.meikonet.co.jp/

2018年12月、明光ネットワークジャパンは、ケイ・エム・ジーコーポレーションの株式すべてを取得し完全子会社化すると発表しました。買収側の明光ネットワークジャパンは、個別学習指導塾の「明光義塾」を全国に展開しています。

売却側のケイ・エム・ジーコーポレーションは、京都府・滋賀県・奈良県にて「明光義塾」を43教室運営するフランチャイジーです。本件M&Aにより、明光ネットワークジャパンは、グループの企業価値向上を図っています。

③自動車・建設機械の製造加工業界のM&A(武蔵精密工業、浅田可鍛鋳鉄所)

武蔵精密工業

武蔵精密工業

出典:http://www.musashi.co.jp/

2018年10月、武蔵精密工業は、浅田可鍛鋳鉄所の株式すべてを取得し完全子会社化すると発表しました。買収側の武蔵精密工業は、独創的なものづくりを行っており、地球社会の発展に貢献しています。

売却側の浅田可鍛鋳鉄所は、京都府福知山市にて、自動車・建設機械・産業機械用の球状黒鉛鋳鉄素材および機械加工などを手掛ける会社です。本件M&Aにより、武蔵精密工業は、グローバルな供給体制の拡充や強化を図っています。

【関連】M&A成功事例とは?大手・中小企業、スタートアップやベンチャー企業のM&A成功事例を解説

京都府でM&A案件を探す方法

京都府でM&A案件を探す方法

本章では、京都府でM&Aを行う際の案件探しの方法について、以下の3つを取り上げます。

  1. M&A仲介会社に探してもらう
  2. 公的機関に探してもらう
  3. M&Aマッチングサイトを利用する

それぞれの項目について順番に詳しく紹介します。

①M&A仲介会社に探してもらう

M&Aの案件探しに最も多く用いられているのは、M&A仲介会社を利用する方法です。それではまず、M&A仲介会社を利用するメリットを確認しておきましょう。

  • 管理案件が多く希望する条件の案件を見つけやすい
  • M&Aに関する相談だけでなく仲介まで一貫して担当してもらえる
  • 公認会計士や弁護士などの専門家からアドバイスをもらえる可能性がある

1つ目のメリットは、管理案件が多く希望する案件を見つけやすい点です。全国規模に及ぶネットワークを持つM&A仲介会社であれば、京都府を含めた全国の案件を管理しています。また、M&A案件を探すだけでなく、クロージングまで含めて仲介を担当してもらえる点もメリットです。

公認会計士や弁護士などが在籍するM&A仲介会社もあり、こうした機関では専門的なアドバイスをもらえるなど手厚いサポートを受けられます。これに対して、M&A仲介会社を利用するデメリットは以下のとおりです。

  • M&A仲介会社によって手数料が異なるうえに、高額な費用がかかるケースがある
  • M&A仲介会社によっては、クロージングまで数ヵ月もの期間がかかってしまう

手数料などの金額は、M&A仲介会社により設定が異なります。着手金・手数料・月額の費用がかかる会社もあれば完全成功報酬のみの支払いで済む会社もあるため、費用についてはあらかじめ十分に調べましょう。

②公的機関に探してもらう

ここでは、公的機関にM&A案件を探してもらう方法について紹介します。まず、公的機関を利用するメリットは、以下のとおりです。

  • 地域に特化した機関であるため、京都府ならではの案件を管理しているケースがある

地元に根差した公的機関であれば、保有する独自のネットワークにより良質なM&A案件を見つけてくれる可能性があります。また、地元の文化・商慣習・業界の傾向などを理解しているため、相談をスムーズに行える可能性が高いです。これに対して、公的機関を利用するデメリットを以下にまとめました。

  • M&A仲介会社に比べて管理案件が少ないケースが多い
  • M&Aの仲介業務は行ってもらえないため、仲介自体はM&A仲介会社に依頼する必要がある

公的機関では京都府の案件を管理しているとはいえ、全国規模のネットワークを持つ仲介会社と比べると管理案件が少ない傾向にあります。そのため、希望する内容の案件を見つけられない可能性が高いです。また、公的機関では案件を探せたとしても、仲介のサポートを依頼できないケースが多く存在します。

仲介については、基本的に仲介会社をM&A紹介する形式が採用されています。こうしたケースでは、最初からM&A仲介会社を利用したときと比べると手間・時間が多くかかってしまうため注意しましょう。

③M&Aマッチングサイトを利用する

京都府は多くの会社が拠点を持つエリアであり、多くのM&A仲介会社・公的機関が存在します。こうした状況下で希望に沿ったM&A仲介会社や公的機関などを探すのは難しいため、まずはインターネットを利用してM&A案件を探してみる方法も効果的です。

最近はさまざまな規模の企業がM&Aを実施しており、中小企業を対象とするM&Aマッチングサイトも多く登場しています。M&Aマッチングサイトを利用すると、場所や時間帯に縛られず手軽にM&A案件探しを行うことが可能です。

売り手側であれば無料で利用できるサービスが多く、案件数が豊富な傾向にある点もメリットといえます。

【関連】M&Aサービス15選!各サービス/サイトの特徴を紹介

京都府のM&Aまとめ

京都府のM&Aまとめ

京都府の企業は内向的な一面があるものの、M&Aを駆使して外部の企業文化やノウハウなどを取り入れて独自の発展を遂げてきました。こうした京都府の企業の手腕は、M&Aの実施を検討する経営者にとって適した参考事例だといえます。

また、京都府でM&Aを行う際は、全国規模の大手仲介会社だけでなく地元の事情に詳しい仲介会社への依頼も検討すると良いでしょう。本記事の要点は、以下のとおりです。

・京都府のM&Aの現状
→2018年の京都府のM&A件数は合計で116件

・京都府のM&A・会社売却・事業承継にオススメの仲介会社6選
→M&A総合研究所、京都経営グループ、中小企業M&Aサービス、京都銀行、かえでファイナンシャルアドバイザリー、京都Map(京都M&Aプランニング)

・京都府の公的機関
→京都府事業引継ぎ支援センター、京都府よろず支援拠点、京都商工会議所、京都信用保証協会

・京都府でM&A案件を探す方法
→M&A仲介会社に探してもらう、公的機関に探してもらう、M&Aマッチングサイトを利用する

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」(譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!(譲渡企業様のみ)
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法、2021年最新事例、買収防衛策も解説

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法、2021年最新事例、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。...

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。この記事では、マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセス、株価算定...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

福岡のおすすめM&A仲介会社10選と案件一覧をご紹介!

福岡のおすすめM&A仲介会社10選と案件一覧をご紹介!

近年は事業承継を目的とするM&A件数が全国的に増えてきています。M&Aを検討している場合、どの専門家にサポートを依頼するかは成否を左右しかねない重要な要素です。本記事では、福岡県...

九州のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイトや1000万円以下案件一覧

九州のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイトや1000万円以下案件一覧

九州地方の経営者の中でM&A・会社売却・事業承継を考えられている方はたくさんいます。そこで、この記事ではM&A・会社売却・事業承継の案件を九州地方を中心に紹介します。また、個人向...

四国のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイト一覧や少額案件をご紹介

四国のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイト一覧や少額案件をご紹介

全国的にM&A・会社売却・事業承継の件数は増加していますが、四国地方でも同様の傾向が見られています。そこでこの記事では四国地方でのM&A・会社売却・事業承継の動向だけでなく、個人...

関西のM&A・会社売却・事業承継|スモールM&A案件一覧や仲介会社紹介

関西のM&A・会社売却・事業承継|スモールM&A案件一覧や仲介会社紹介

全国だけでなく関西地方でもM&A・会社売却・事業承継の成約件数は増加しています。そこでこの記事では関西地方のM&A・会社売却・事業承継について各府県別の背景やおすすめのM&amp...

【2020年最新】大阪の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

【2020年最新】大阪の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

昨今、大阪のM&A・会社売却が頻繁に行われており、様々な事例が見受けられるようになりました。今回は、最新の大阪の会社売却事例を20個ピックアップしました。さらに、おすすめ相談先も合わせて...

【2020年最新】名古屋の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

【2020年最新】名古屋の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

名古屋に拠点を置く・名古屋を事業エリアとする企業は、どういった理由でどのような買い手に会社売却を行っているのでしょうか。当記事では、名古屋の会社売却について20の事例を取り上げ、会社売却で利用で...

和歌山で事業承継するときの相談先は?仲介会社の利点や選び方まで

和歌山で事業承継するときの相談先は?仲介会社の利点や選び方まで

事業承継を和歌山でする際の相談先について紹介します。事業承継をスムーズに行うためには、複雑な手続きや知識が必要であるため、信頼できるM&A仲介会社への依頼が必要です。和歌山での事業承継を検討して...

大阪の事業承継における相談先は?仲介会社のメリットや選び方まで

大阪の事業承継における相談先は?仲介会社のメリットや選び方まで

事業承継を大阪でする際の相談先について紹介します。事業承継をスムーズに行うためには、複雑な手続きや知識が必要であるため、信頼できるM&A仲介会社への依頼が必要です。大阪での事業承継を検討している...

中国地方のM&A・会社売却・事業承継まとめ!スモール案件一覧や仲介会社を紹介

中国地方のM&A・会社売却・事業承継まとめ!スモール案件一覧や仲介会社を紹介

中国地方は、M&Aや会社売却、事業承継については災害の影響もあり、あまり進んでいないのが実情のようです。しかし今後は、会社売却やM&Aも視野に入れて、事業承継等の取り組むべきでしょう。

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
ご相談はこちら
(秘密厳守)