M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル

2019年11月26日更新
この記事は、約2分で読めます。

京都のM&A・会社売却の仲介会社をご紹介!M&A案件の探し方も解説

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

京都の企業は内向的な一面はあるものの、外部の企業文化やノウハウなどをM&Aを駆使して上手く取り入れ、独自の発展を遂げてきました。そんな京都の企業の手腕はM&Aを行おうとしている経営者にとって参考になるものだと思います。また、京都でM&Aを行う際には、全国規模の大手だけでなく、地元の事情に詳しいM&A仲介会社のサポートを得ておくことがおすすめです。

目次
  1. 京都のM&A
  2. 京都のM&Aの現状
  3. 京都のM&A仲介会社おすすめ6選
  4. 京都のM&A案件の探し方
  5. まとめ

京都のM&A

M&Aを行うことは、今や一般的な経営戦略となっているといえます。
中小企業、大企業と規模を問わず、M&Aを行っている企業はどんどん増えており、年間のM&A案件の数も右肩上がりになっています。
一方、M&Aは地域ごとに特色があり、地域の事情に影響されることもあります。
そのため、特定の地域でM&Aで行うのであれば、その地域の事情を踏まえておいた方がいいでしょう。
今回は京都のM&Aの現状や、M&A仲介会社について詳しく解説していきます。

京都のM&Aの現状

ここからは、本題である京都のM&Aの現状についてお伝えしていきます。
京都にある企業の特性としては「内向的」だという点が挙げられます。
京都の企業は内向的であり、京都の内部で企業を成長させていく傾向があります。
実際、任天堂やコワールなどといった京都生まれの企業は本社を東京に移さず、京都に置き続けるなど、積極的に外部に出ない点が特徴的です。
ただ、だからといって京都の企業は閉鎖的というわけではありません。
京都の老舗のお店に「婿入り」という文化があるように、京都の企業は外部の文化や知識、ノウハウを取り入れることに長けています。
そのため、外部に本社を移すようなことはせずとも、京都の企業は外部の企業を積極的に取り入れることが多いです。
このような傾向があるため、京都の企業はM&Aはやり方が巧みであり、安易にM&Aを連発して事業のいたずらな拡大をすることが少なくなっています。
ちなみに、M&Aとは別の京都の企業の強みとして、人材採用のしやすさが挙げられます。
京都は大学が多く、多くの学生が住んでいるため、新卒採用がしやすい環境になっているからです。
これも京都の企業が発展しやすい理由の一つだといえるでしょう。

京都のM&A仲介会社おすすめ6選

ここでは京都エリアに対応してくれるM&A仲介会社を6つご紹介します。

M&A総合研究所

全国のM&A案件の取り扱いをしており、中小企業のM&Aも実現させる仲介会社です。
規模の小さい企業がM&Aを実施することが考えられますが、そのような案件にも対応しています。

また、M&Aプラットフォームや日本最大級のM&Aメディアからの情報によって、短期間でマッチングを行うので、人件費の削減を可能にしているため、他者よりも低い価格でM&Aの成立を目指すことができるのです。

通常のM&A取引は、交渉から成立まで半年から1年程度かかる場合もありますが、早いクロージングを目指し、平均して3ヶ月から6ヶ月でクロージングを行います。

それを可能にしているのは、M&Aプラットフォームを利用した独自のAIシステムによって早期にマッチングを行います。
安心してM&Aのサポートを受けることができるでしょう。

京都経営グループ

京都経営グループは、その名の通り京都に拠点を置く税務・経営の専門家集団です。
京都経営グループは事業承継に関するコンサルティングを専門としており、税理士を中心とした様々な経営のプロフェッショナルがクライアントをサポートしてくれます。
京都経営グループのサポートは非常に手厚く、後継者育成からM&A、クライアントの企業の経営計画の策定などを、専門的な知識を生かしてクライアントを支えてくれます。
さらに京都経営グループの強みは、京都経営M&Aセンターや京都経営社労士事務所などといったグループ企業や社外ブレーンと連携しており、クライアントに専門家のサポートをノンストップで受けられるような体制を構築しています。

中小企業M&Aサービス

中小企業M&Aサービスは中小企業のM&Aを専門としたM&A仲介会社であり、クライアントが掲げるM&A案件を最大限バックアップしてくれます。
中小企業M&Aサービスは日本M&Aセンターと提携していることに加え、税理士や司法書士、社会労務士などといった様々な専門家と提携しているため、ワンストップで手厚いサービスを受けることができます。

京都銀行

京都銀行は金融機関ですが、京都の企業のM&Aや経営のサポートも行っています。
地方銀行ならでは地方密着型の体制に加え、京都や近畿地方に広いネットワークを持っているため、京都の中小企業にとって心強い味方になってくれるでしょう。
さらに、京都銀行はM&Aの専門家の育成やノウハウの蓄積なども行っており、より充実したサービスの提供に努めています。
それもあって、京都銀行の取引先が行ったM&Aは成約件数が増えています。
さらに京都銀行はM&Aだけでなく、海外進出のサポートも行っており、京都の中小企業の更なる発展に貢献しています。
京都に拠点を構える企業であれば、京都銀行のサポートはぜひとも受けておきたいところです。

かえでファイナンシャルアドバイザリー株式会社

かえでファイナンシャルアドバイザリー株式会社は東京に本社を置くM&A仲介会社ですが、京都にも拠点を持っており、関西方面の企業のM&Aにも対応してくれます。
かえでファイナンシャルアドバイザリー株式会社はクライアントの企業が幸せな結果になれるM&Aの実現を目指しており、豊富なノウハウと経験を用いて様々な企業の依頼に応えてきました。
その結果、かえでファイナンシャルアドバイザリー株式会社は2017年にトムソンロイターの「中規模市場 日本M&Aリーグテーブル」で3位を獲得するなど、多大な評価を得ています。

京都Map

京都Mapは中小企業のM&Aを専門としており、京都の企業に向けた手厚いサポートを展開しています。
京都Mapは一般的なM&Aだけでなく、「京都流M&A」のノウハウも心得ており、京都の企業にマッチした手法でサポートしてくれるのも魅力です。

京都のM&A案件の探し方

京都のM&A案件を探す際には、M&A仲介会社や金融機関のような専門家に協力した方が手っ取り早いでしょう。
全国に展開している大手の業者に依頼するのもいいですが、地元に根差した業者に依頼するのもおすすめです。
地元に根差した業者だからこそ持っている独自のネットワークなら、隠れている良質なM&A案件を見つけてくれることもあるからです。
さらに、そのような業者であれば、地元の文化や商慣習、業界の傾向を理解しているので、交渉がスムーズに進めてくれるでしょう。
さきほどもお伝えしたように、京都は独自の企業文化を持っているため、地元の業者を味方に付けた方がやりやすくなります。
また、経営者自身のネットワークを駆使してM&A案件を探してみるのもおすすめです。
業者に依頼する場合、報酬を支払ったにも関わらず、その結果空振りだったというケースは少なくありません。
M&A案件を見つけるために、いくつもの業者に依頼し続けるのもいいですが、それでは無駄なコストがかかってしまいます。
そのため、必要があれば業者と並行し、自分でM&A案件を探せば、万が一業者の方が空振りだった際のバッファーになります。
意外と身近なところに良質なM&A案件が見つかるケースは少なくないので、ぜひ試してみてください。

まとめ

京都の企業は内向的な一面はあるものの、外部の企業文化やノウハウなどをM&Aを駆使して上手く取り入れ、独自の発展を遂げてきました。
そんな京都の企業の手腕はM&Aを行おうとしている経営者にとって参考になるものだと思います。
また、京都でM&Aを行う際には、全国規模の大手だけでなく、地元の事情に詳しいM&A仲介会社のサポートを得ておくことがおすすめです。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
ご相談はこちら
(秘密厳守)