2021年2月13日更新業種別M&A

動物病院の事業承継を成功させるポイント!買収/売却の注意点【事例付き】

中小企業に含まれる動物病院においても、他業種と同様に後継者不在の問題に悩まされている状況です。そこで本記事では、一般業種とは異なる点も多い動物病院における事業承継の現状を確認しつつ、M&Aの視点から事業承継により動物病院を継続させていく具体策を紹介します。

目次
  1. 動物病院の事業承継とは?
  2. 動物病院業界の最新市場動向
  3. 動物病院の事業承継方法
  4. 動物病院買収/売却時の注意点
  5. M&Aでの事業承継を活用した動物病院の開業
  6. 動物病院の積極買収企業5選
  7. 動物病院の事業承継の成功ポイント
  8. 動物病院の事業承継事例3選!
  9. 動物病院の事業承継価格相場
  10. 動物病院の事業承継まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
動物病院のM&A・事業承継

動物病院の事業承継とは?

動物病院の事業承継とは?

事業承継とは、会社経営者が運営している事業・経営している会社を後継者に譲り渡す行為を意味します。これまで非上場の中小企業の事業承継は、身内あるいは社内で行われるケースがほとんどでした。

しかし、昨今では身内・社内での事業承継が困難となっており、後継者不在の問題が大きくクローズアップされています。これを受けて、2000年代以降からは、M&Aによる第三者への事業承継が大きく注目されるようになりました。

こうした事態を国も鑑みており、中小企業における事業承継の支援事業に力を入れています。これは、日本経済の停滞を避けて活性化を促すためには、中小企業の活力が欠かせない判断のもと実施されています。

現在では、多くの中小企業において経営者の高齢化などを理由にM&Aを用いた事業承継件数が増加しています。とはいえ、業界によってはM&Aも含めて事業承継がスムーズに進んでいない状況も見受けられます。

本記事で取り上げる動物病院業界は、他の一般的業種に比べると事業承継できずに廃業する割合が多い業界です。その一方、現代社会で進行する高齢化と核家族化を受けて、ペットの存在意義・価値が急速な高まりを示しています。

つまりペットの健康や長寿を願う家庭は増えており、各地域における動物病院に対するニーズが高まっています。こうした事情を踏まえると、動物病院は社会の要請に応える意識を持って事業承継を行う必要があります。

加えて、動物病院を廃業するよりも、他者に事業承継を行う方が得られるメリットは大きいです。以上のことから、動物病院をM&Aにより事業承継する方法は、買収サイド・売却サイドいずれの立場にとっても知っておくべき有益な情報だといえます。

本記事を読み、M&Aにより動物病院を事業承継する可能性について把握しましょう。

【関連】事業承継セミナーとは?種類やメリット、参加するときの注意点を解説

動物病院業界の最新市場動向

動物病院業界の最新市場動向

いかなる業界・業種にも、外部から見ているだけではわからない実態が存在します。とはいえ、業界内部に属していても、客観的視点を見失って問題に気づきにくかったり、対応に遅れを取ってしまったりするケースも珍しくありません。そこで本章では、動物病院業界の現状を俯瞰しながら把握しましょう。

①動物病院の現状

動物病院を取り巻く環境を取り上げる際に欠かせないテーマとして、日本国内におけるペットの飼育数が挙げられますが、ここではペットの中でも代表的な存在である犬と猫の飼育数について紹介します。一般社団法人 ペットフード協会の調査推計によると、犬猫ともに飼育数のピークは2008年です。

2008年には犬が約1,310万頭・猫が約1,089万頭と報告されましたが、2019年には犬が約880万頭・猫が約979万頭といずれも減少しており、とりわけ犬の飼育数減少率が高いです。犬猫の飼育数減少が今後も進めば、動物病院の存亡に関わる事態に発展しかねません。

なお、犬猫以外の小動物すべてを合わせた世帯飼育率は、2018年時点で約45%です。これに対して、動物病院の数は、2013年以降より毎年約200院前後のペース増加しており、2019年時点で10,560院と報告されています。

ペットとは別に家畜など産業動物専門の動物病院もあり、こちらは3,969院です。もともと動物病院の地域ごとの分布数は人口数・世帯数と比例しており、東京などの首都圏・大都市圏では集中が著しく供給過多の懸念もあります。

供給過多のイメージとしては、全くの異業種ではありますがコンビニエンスストア業界の現状を見ると理解しやすいです。

②動物病院の事業承継動向

多くの動物病院に共通する傾向としては、獣医師である院長が経営者も兼ねている点が挙げられます。加えて、動物医療という社会的ニーズがあるために、一般業種の経営者のように特定の年齢でリタイアすることなく高齢になっても現職を継続している点が大きな特徴です。

そして、体力の限界による引退・廃業ではなく、その決断前に他界してしまい家族が廃業措置を取らなければならないケースが多い点が、従来の動物病院業界に多いパターンとされてきました。

この背景には、一般業種の企業とは違って、身内が後継者になる場合には動物医療を行う意思だけでなく、獣医師資格の取得も求められる条件が深く関係しています。

また、2018年の農林水産省のデータによると、一般動物病院の11,981院のうち複数の獣医師がいる施設は4,342院であり、7,639院の動物病院は院長1人で医療業務を行っているうえに院内に後継者が不在です。

その一方で、新規開院を志している獣医師・学生がいることも事実であり、動物病院の存続は地域社会からの要請でもあります。こうした事情が重なり合って、動物病院業界ではM&Aを用いた第三者への事業承継に注目が集まっています

【関連】相続による事業承継は相続税の負担が大きい!事業承継税制を活用しよう

動物病院の事業承継方法

動物病院の事業承継方法

動物病院の事業承継には、以下の3つの方法があります。

  1. 親族内での事業承継
  2. 勤務医への事業承継
  3. M&Aによる第三者への事業承継

これら3つの事業承継におけるメリットとデメリットについて、それぞれ個別に紹介します。

①親族内での事業承継

動物病院の事業承継としてまず一般的に考えられるのは、動物病院院長である経営者が自身の親族に動物病院を事業承継する方法です。この方法は、院長1人が現場の獣医師であるような小規模な動物病院の場合に多く採用されます。

ところが近年では少子化の進行により、動物病院の跡を継ぐ意思を持つ親族が減った点や、獣医学部への進学および獣医師免許取得が困難である点を理由に、動物病院の後継者として事業承継を望む人材が親族内に見当たらないケースも増えてきています。

メリット

親族内の事業承継における最も大きなメリットは、動物病院関係者からの理解を得やすく、スムーズな引き継ぎが可能である点です。特に患者サイドから見れば院長の交代は重大な関心ごとであるため、旧院長の身内が後継者となれば一定の安心感を与えられます。

親族への事業承継のもう1つのメリットは、事業承継の手続きが他の方法より簡易で済む点です。親族への事業承継では相続という形で譲渡が行えますが、事業承継者が親族ではない第三者であればさまざまな契約を締結しなければなりません。そのほか、資産を移転する手続きなども発生します。

第三者への事業承継は諸手続きに労力がかかってしまうものの、親族への相続を用いた動物病院の事業承継であれば労力を抑えることが可能です。さらに第3のメリットとして、親族への事業承継が早期に決まっている場合、後継者教育の期間を十分に確保できるため、スムーズな引き継ぎが行える点が挙げられます。

デメリット

親族に動物病院を事業承継する場合のデメリットとしては、後継者に経営能力が備わっておらず動物病院の経営を危うくするおそれがある点が挙げられます。たとえ動物医療にやりがいを持って獣医師の免許を取得した人物が後継者となったとしても、経営能力については別問題です。

動物病院といえども1つの企業であり、院長であれば単純に動物医療を行うだけでなく経営にも深く関与しなければなりません。これは一般の中小企業でも問題になりますが、経営者の後継者である親族が必ずしも経営能力にたけているとは限らず苦戦するケースが多く見られます。

とりわけ都市部では動物病院の供給過多が目立っているため、単純に動物病院を事業承継して引き継いだだけでは生き残っていけない可能性も十分にあり得ます。

②勤務医への事業承継

院長1人しか獣医師がいない動物病院では採用できない選択肢ですが、獣医師を勤務医として雇用している動物病院であれば、自院の勤務医に後継者として事業承継する方法も実行可能です。この方法は、主として親族内に後継者がいない場合に次善の策として採用されます。

メリット

経営する動物病院内に勤務医が複数いる場合、その中から最も経営能力の高い後継者を選べます。つまり、獣医師としての適性と動物病院の経営者としての適性の両方を兼ね備えた人物を後継者として選べる点がメリットです。

デメリット

動物病院の勤務医が事業承継する人材として適任だったとしても、本人が引き受けてくれない可能性がある点は見逃せないデメリットです。そもそも勤務医が動物病院の事業承継を行うためには、それ相応の資金が必要となります。動物病院の経営権を得るには、動物病院を買収しなければなりません。

そのため、前もって動物病院の独立開業を考えていて資金をためていた勤務医でないと非常に困難です。合わせて、動物病院を事業承継すれば債務も引き継ぐことになるため、後継者には大きな覚悟も必要となります。

また、最近は動物病院でも医療訴訟が起こるケースがあり、院長であればその矢面に立たなければならず、慰謝料を請求されるリスクも存在します。これらを多大なリスクと捉える勤務医の場合には、事業承継を引き受ける可能性が非常に低いです。

なお、農林水産省の2018年統計によると、2人以上の勤務医がいる動物病院は1,907院のみです。したがって、複数の勤務医から有望な後継者を選べる動物病院は、全体の約16%に限られます。

③M&Aによる第三者への事業承継

従来では上述した2つの事業承継が不可能だった場合、廃業してしまう動物病院も少なくありませんでした。しかし、昨今ではM&Aという考え方・方法論が中小企業経営者に浸透してきたことを背景に、動物病院でも同様の動きが目立っています。

動物病院の廃業は、経営者である院長に出費などのデメリットをもたらす可能性があります。また、地域社会からは存続を求められており、今後もM&Aによる第三者への動物病院の事業承継は増加する見込みです。

メリット

動物病院をM&Aにより第三者に事業承継する行為は、すなわち動物病院を売却する行為と同義です。そのため、当然ながら、経営者は売却代金という収入を獲得できます。動物病院をリタイアした経営者にとって、老後の資金としてまとまった金額を確保できる点は大きなメリットです。

その一方で廃業した場合、設備・建物の処理でむしろ赤字が出てしまう可能性があります。また、院長がこれまで苦労して運営してきた動物病院について、やる気・資金力・能力のある人物を幅広い候補者から選んだうえで事業承継できる点も大きなメリットです。

こうした後継者に動物病院を事業承継できれば、動物病院は経営が継続されるため、地域社会への貢献にもつながります。

デメリット

M&Aにより第三者への事業承継を行う場合のデメリットは、時間を要する点にあります。そのほか、M&AプロセスをM&A仲介会社に依頼する場合には、依頼契約料・中間手数料などが発生する可能性がある点もデメリットです。もしもM&Aが不成立となった場合、上記の費用は無駄な出費となってしまいます。

とはいえ、これらのデメリットは解消する手段があります。それは、豊富な実績があり、なおかつ完全成功報酬制を採用しているM&A仲介会社に依頼することです。もしもM&A仲介会社の選択でお悩みの場合には、M&A総合研究所にお任せください。

M&A総合研究所では、事業承継M&Aに豊富な知識と経験を持つアドバイザーがM&Aをフルサポートしております。国内最安値水準の手数料体系に強みがあるほか、完全成功報酬制を採用しておりますので、成約に至らない限り費用は一切発生いたしません。

相談料は無料となっておりますので、M&Aによる動物病院の事業承継を検討している場合にはお気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所
【関連】M&Aのメリットとは?買い手・売り手のメリットやM&A戦略策定・手法別のメリットを紹介

動物病院買収/売却時の注意点

動物病院のM&A・事業承継
動物病院のM&A・事業承継
動物病院買収/売却時の注意点

本章では、事業承継にあたって動物病院を買収/売却する際の注意点について取り上げます。まず紹介するのは、買収時のポイントです。

買収時の注意点

事業承継にあたって動物病院を買収する際には、取引を行う目的を明確化させることが大切です。買収目的をはっきりさせると、具体的な戦略を策定できるため買収の方向性を定めやすくなります。これに伴って、最適な買収手法を検討しやすくなり、自社の状況に応じた買収取引が実現可能となります。

その一方で、買収目的がはっきりしていないと、買収後に想定していたメリットが得られなかったといった事態に陥るケースがあります。たとえ買収に多額の費用をかけたとしても事業戦略として意義の薄い取引になりかねないため、これを避けるためにも買収目的をはっきりさせてください。

売却時の注意点

事業承継にあたって動物病院を売却する際には、後継者となる企業を慎重に選ぶことが大切です。具体的には、相手企業の事業内容や経営方針などを確認しながら、自身の動物病院との相性を吟味しなければなりません。これにより、売却後の事業継続可能性を高められます。

なお、買収および売却プロセスを進めていくには、法務・税務・財務などの専門知識だけでなく、取引に関する交渉力も求められます。こうしたプロセスを自身のみで進めることは非常に難しいため、M&Aによる事業承継に精通する専門家からサポートを十分に受けるようにしましょう。

【関連】M&Aの注意点(売り手編)

M&Aでの事業承継を活用した動物病院の開業

M&Aでの事業承継を活用した動物病院の開業

本章では、動物病院をM&Aによって親族以外の第三者に事業承継するケースを念頭に、現状・メリット・リスク・注意点などについてまとめました。なお、勤務医が動物病院を事業承継する場合も第三者への事業承継であることに変わりはないため、基本的には多くの点が一致します。

①開業後の状況

「第三者の若い後継者に引き継いだら経営が悪化するのでは?」と、心配する動物病院の経営者は少なくありません。また、後継者側からしても、「動物病院を引き継いだ後にうまくやっていけるのか?」と、不安に思う方もいます。実際、事業承継後に経営悪化どころか逆に業績を伸ばしている動物病院は多いです。

もともと動物病院を引き継ごうと考える人物であれば、目的意識が高くやる気に満ちあふれています。これは直接的に接する患者側から見ても一目瞭然であり、安心してペットを任せられる熱意ある獣医師として信頼を勝ち得ることは難しくありません。

また、昨今の動物医療は、人間に対する医療と同様に目覚ましく進歩しています。若い獣医師の場合、最新情報に精通しており治療に最新の知識・療法を施せるため、高く評価されやすいです。その結果として、多くのケースで第三者の動物病院事業承継は成功しています。

②M&Aでの事業承継による動物病院開業のメリット

次に、M&Aによる事業承継で動物病院を開業するメリットを2つ取り上げます。

既存の設備・人材を活用して動物病院を運営できる

仮にゼロから動物病院を始める場合、病院の建築・建て替え費用・設備の購入費用など非常に多くの資金が必要となるほか、工事には多くの時間がかかります。また、動物病院の規模によっては、運営のための人材も確保しなければなりません。

しかし、M&Aによって動物病院を事業承継すれば、すでに設備・人材などがそろっているうえに工事にかかる時間も必要なくなります。労力の面から考えても、はるかに軽度な労力で済むメリットは大きいです。

なお、動物病院が廃業するとスタッフは新たに職を探さなければならないため、事業承継という雇用が確保される選択肢の採用は、働いている従業員の側から見ても喜ばしいでしょう。

かかりつけの動物病院として既存の患者を持っている

動物病院を新規開業する場合、患者が診療に訪れるかどうかは開業してみないとわかりません。特に供給過多が指摘される都市部では過当競争が目立っており、多大な費用と労力をかけた新規開業が報われない可能性も大いにあります。

その一方で既存の動物病院には、これまで運営してきた実績として相応数の患者を持っています。また、特に動物医療では患者が通う病院を頻繁に変えるケースはそれほど見られず、事業を承継した後継者によほどの問題がない限り診療先を変える事態は起こりません。

つまり、患者の来院数を意識しながら仕事をしたり患者数を増やすためのPRに悩んだりすることなく、本来の職務である動物医療に専念できる点が、M&Aによる動物病院の事業承継の大きなメリットです。

③M&Aでの事業承継による動物病院開業の注意点

メリットばかりに思えるM&Aを用いた動物病院の事業承継ですが、注意しておくべき点も存在します。ここでは、大きな注意点を3つ取り上げます。

動物病院の立地を選べない

既存の動物病院は地域社会にとって欠かせない存在であり、簡単に移転できるものではありません。移転してしまうと、せっかくのお抱え患者を手放してしまうケースも考えられます。

したがって、事業承継者にとって好条件の動物病院が見つかったとしても、自身の現在の居住地から離れている場合には、移り住んで動物病院を事業承継するのかしないのか選択しなければなりません。もしも家族がいる場合には、なおさら大きな問題となります。

資金準備

M&Aにおける動物病院の事業承継では、たとえ新規開業と比較すると少額になるといっても、建物・設備・人材・既存患者・歴史・評判など動物病院が持つすべてを買い取るため、やはり相応の資金が必要です。

新規開業ではないために、動物病院の建物の修繕・設備の入れ替えなどを早期に行わなければならない可能性もあり、こうした資金繰りも想定しておかなければなりません。つまり、親族内での相続による事業承継と比較すると、資金をどれだけ用意できるかが成功のカギを大きく握ります。

交渉で断られる可能性

M&Aによる事業承継の交渉では、売却側が買収側に対して金銭面の条件以上に人格重視で承継の可否を決める傾向が強い点に大きな特徴があります。動物病院という事業の特性上、獣医師でもある院長は、患者側と直接的に接触します。

患者たちと人間的な相性が合うか合わないか、ひいては現院長から見て人間性に共感できるかどうかは、動物病院の事業承継において重要視されるポイントです。逆にいえば、どれだけ潤沢に資金があっても、院長に気に入られなければ事業承継を断られてしまう点は覚悟しておきましょう。

【関連】事業承継対策は必須?事前の準備や注意点について徹底解説【事例付】

動物病院の積極買収企業5選

動物病院の積極買収企業5選

ここでは、動物病院の積極買収企業を5つ紹介します。これらの企業は動物病院の事業承継において有力なパートナー候補に位置づけられるため、概要を把握して自身の事業承継に生かしましょう。

企業名 事業概要 アピールポイント
ペッツファースト ・犬猫専門ペットショップ「P's-first(ペッツファースト)」を全国展開。
・動物病院、ペット保険、トリミングサロンなどペット関連事業を拡大。
・グループ売上は約100億円、年間販売数は2万頭
・大切な命を扱う企業として優良なブリーダーや取引企業とのエンゲージメント、1頭1頭のトレーサビリティの確立などCSR活動にも注力。
エルソフト ・教育現場で採用されている個別演習システム「eトレ」を中心とした教育ソフトウェアの開発がメイン。
・教育ビジネス支援など教育関連事業の展開。
・主力商品「eトレ」で利用できるプリントは18万ページ以上。
・代表の丹羽氏が経営コンサルタントとしての豊富な経験を生かし、売り手企業様の事業継続や成長をサポート。
ハンファQセルズジャパン ・太陽光発電関連事業、化学品、精密機器、鉄鋼、セキュリティカメラなど幅広い産業のアジア諸国間での輸出入業務および日本市場での販売事業を展開。 ・1984年の設立以来、日本市場で築き上げてきた大手企業との取引基盤を活用いただけることに加え、海外でも韓国の親会社グループをはじめとする関係各社へのアプローチが可能。
・資金も潤沢に提供可能。
デパート ・企画、戦略の立案からデザイン、実装、システム開発、保守、運用までこなすWeb制作会社。
・関連会社であるWeb・IT系人材サービス会社とも連携し、大手企業を中心に多数のクライアントとの取引実績を保有。
・前身の会社時代から10年以上の継続的な取引があるクライアントあり。
・「誰かを想って創る」姿勢によりクライアントからの信頼を獲得。
Logos&Pathos Consulting ・経営コンサルティングを中心にコンサル会社向けソリューション開発、M&Aアドバイザリー、CVCのほか、農業や健康食品などの新規事業開発にも取り組む。 ・抽象的なフレームワークによる経営コンサルティングではなく、実行支援」が得意。
・この知見を生かし、自身も手を動かして相手企業の事業をサポート。

【関連】動物病院におけるM&Aの売却/買収事例とは?買う・売る方法、費用の相場を解説

動物病院の事業承継の成功ポイント

動物病院の事業承継の成功ポイント

ここまでで基本情報を把握したところで、本章では動物病院の事業承継の成功ポイントおよび失敗を避ける方法について取り上げます。

成功ポイント①

1つ目は、M&Aによる事業承継を行う際の売却側における成功ポイントです。M&Aを用いて事業承継を行う際は、事前に自身の動物病院の魅力や強みを洗い出しておくようにしましょう。これにより、M&Aにおいてふさわしい買い手側を見つけやすくなります。

加えて、M&Aによる事業承継では買い手側のニーズを把握することも大切です。そもそもM&Aでは、買い手側のニーズと自社のアピールポイントが一致する場合に、希望どおりの条件で取引が成立します。アピールポイントを整理しながら買い手側のニーズをリサーチして、自身にとってふさわしい後継者を選びましょう。

成功ポイント②

2つ目は、M&Aによる事業承継を行う際の買収側における成功ポイントです。そもそも事業承継における後継者側では、事業エリアの拡大・技術力の強化のほか、両社のノウハウ・技術・人材を活用すればサービス体制の強化なども実現できます。

ただし、こうしたメリットを獲得するには、後継者側からすると「自身が強化したい分野」「強化すべき事業エリア」を事前に把握しておかなければなりません。

成功ポイント③

3つ目は、買い手側・売り手側ともに大切にすべきポイントです。M&Aによる事業承継では、情報漏えいに注意しましょう。具体的にいうと、M&Aの準備段階では、極めて限定した範囲の人に情報を留めておいてください。

M&Aによる事業承継で最もおそれるべき事態は、取引途中の情報漏えいにより案件自体が消滅してしまうことです。確実に事業承継を済ませられるよう、専門家と相談のうえ情報公開は然るべきタイミングで実施しましょう。

失敗しないためには?

これまで紹介した成功ポイントを踏まえると、M&Aによる動物病院の事業承継において失敗を避けるには、専門家のサポートが必要不可欠です。専門家に依頼することで、事業承継の成功確率を大幅に向上させられます。もしも専門家選びでお悩みでしたら、M&A総合研究所にお任せください。

M&A総合研究所にはM&Aによる事業承継の知識・経験が豊富なアドバイザーが在籍しており、後継者となる相手企業とのマッチングから統合プロセスに至るまでM&Aをフルサポートしております。

国内最安値水準の手数料体系に強みがあるほか、完全成功報酬制を採用しておりますので、成約に至らない限り費用は一切発生いたしません。相談料は無料となっておりますので、M&Aを用いた動物病院の事業承継を検討している場合にはお気軽にご相談ください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所
【関連】事業承継の支援まとめ!サービスや機関、助成金を紹介

動物病院の事業承継事例3選!

動物病院の事業承継事例3選!

本章では、動物病院の事業承継事例として、以下3つを取り上げます。

  1. 山口獣医科病院の事業承継ケース
  2. もっとぎゅっと少額短期保険の事業承継ケース
  3. 平岩動物病院の事業承継ケース

それぞれの事例からポイントを確認し、自身の事業承継に生かしましょう。

①山口獣医科病院の事業承継ケース

山口獣医科病院

山口獣医科病院

出典:https://yamaguchi-vh.com/

2018年5月、YCP Lifemateは、山口獣医科病院を事業譲渡の手法を用いて事業承継しました。事業譲渡の取引価格は非公開です。買収側(後継者)のYCP Lifemateは、YCPグループで動物医療事業を展開しています。

売却側の山口獣医科病院は、神奈川県にて40年以上にわたり動物病院を経営してきました。山口獣医科病院の事業承継によって、YCP Lifemateでは予防医療・高度医療などの充実化を図っています。

②もっとぎゅっと少額短期保険の事業承継ケース

もっとぎゅっと少額短期保険

もっとぎゅっと少額短期保険

出典:https://www.rakuten-ssi.co.jp/club/

2018年3月、楽天は、もっとぎゅっと少額短期保険の株式すべてを取得する形で事業承継を行いました。株式の取得価額は非公開です。買収側(後継者)の楽天は、インターネット関連サービスを中心に事業を展開する企業です。

売却側のもっとぎゅっと少額短期保険は、犬猫などのペットが動物病院において治療・手術を受けた際の費用補償を提供している少額短期保険会社です。

もっとぎゅっと少額短期保険の事業承継により、楽天では9500万人超の楽天会員へのアプローチを実現しており、楽天会員の要望に合致した商品・サービスの開発に取り組むと発表しています。

③平岩動物病院の事業承継ケース

平岩動物病院

平岩動物病院

出典:http://www.isumi-ah.com/index.html

2015年10月、田中芳生氏は、平岩動物病院の事業を承継しました。その後の2017年9月には、いすみ動物病院へと改名しています。本件事業承継における取引価格は非公開です。

買収側(後継者)の田中芳生氏は、日本大学農獣医学部(現生物資源学部)卒業後に東京都内の動物病院で勤務を始めています。その後、静岡・埼玉の大規模動物病院の勤務医・分院長を経て開業に至りました。

売却側の平岩動物病院は、千葉県いすみ市で動物医療を提供する病院です。事業承継により、平岩動物病院の前院長は経営の引退を実現しています。

【関連】事業承継に成功/失敗した会社の事例4選!特徴やポイントを徹底分析

動物病院の事業承継価格相場

動物病院の事業承継価格相場

M&Aにおける動物病院の事業承継とは、譲受者が譲渡者から動物病院を買い取る行為でもあります。そのため、どなたでも動物病院の譲渡価格の相場は気になるはずです。そこで本章では、動物病院の事業承継価格相場について詳しく紹介します。

①動物病院の事業承継時の相場感

M&Aを用いた企業買収は広く一般に売り出されるわけではないため、画一的な相場価格といえる金額は存在しません。取引条件は個々の動物病院によって異なるため、残念ながら家賃相場的な指標はないのです。

ただし、他業種との比較という観点では、動物病院の事業承継価格の相場は安い傾向にあることは指摘できます。その理由の1つは何よりも譲渡側が動物病院の存続を強く願っている点であり、これは地域社会からのニーズも関係しています。

もう1つの理由としては、譲渡者が人物重視で譲受者を選ぶ傾向がある点です。その結果として、譲受者が用意できる資金で譲渡価格が決められるため、一般企業と比較したときに低めの金額でM&Aが成立するケースが多いといえます。

②動物病院のM&Aでの価格算出方法

動物病院の事業承継価格には画一的な相場がないため、M&Aではケースバイケースで動物病院の価値を計算し目安となる譲渡価格を算出します。この算出方法には多くの種類があり、複数の方法を交えて用いるのが一般的です。

算出方法は、大きく分けると以下の3つが存在します。詳細な計算自体はM&Aの仲介会社で実施するため任せてしまって問題ありませんが、ここでは3つの算出方法のコンセプトがどのようなものであるかを把握しておきましょう。

  • インカムアプローチ
  • マーケットアプローチ
  • コストアプローチ

それぞれの概要について順番に紹介します。

インカムアプローチ

インカムアプローチとは、過去のこれまでの経営実績にもとづいて将来の収益予想を立て、これを基準に譲渡価格を算出する方法です。収益予想は、大まかな見込み試算ではなく、事業計画書を策定して計算します。

M&Aでの譲渡価格算出方法としては、最も現実的な判断を下しやすいです。ただし、収益予想はあくまでも予想に過ぎないため、どれだけ綿密な事業計画であっても作成者の主観・恣意が入り込む可能性は否定できない点がデメリットといえます。

マーケットアプローチ

マーケットアプローチとは、経営情報が公開されている上場企業の中から同業種あるいは経営規模が類似する会社を選び、当該会社の状況・情報をもとにして譲渡価格を算出する方法です。市場の実例を参考にするため、客観性に優れている手法だといえます。

ただし、動物病院という業種は特殊な部類に該当するため、参考にできる同業種あるいは類似業種・類似企業が上場企業の中から見つかるかどうかはわからない点がデメリットです。もしも見つからなかった場合は、この算出方法は採用できません。

コストアプローチ

コストアプローチとは、貸借対照表中の純資産額や負債額を用いて行う譲渡価格の算出方法です。最も簡易的な方法であり、時間をかけずに譲渡価格を導き出せます。わかりやすい点も特徴的ですが、インカムアプローチで見られた将来的な収益力については全く加味されません。

他業種も同様ですが、動物病院の場合にも将来の収益性について想定していない譲渡価格の算出は現実的ではありません。そのため、現在では特異なケースでのみ用いられる算出方法です。

以上、動物病院のM&Aでの価格算出方法でした。動物病院の事業承継価格の算出では、担当するM&A仲介会社の実績が不十分だと安心して任せられない事態も起こり得ます。もしもM&A仲介会社選びでお悩みでしたら、M&A総合研究所にお任せください。

M&A総合研究所では、M&Aに豊富な知識と経験を持つアドバイザーがM&Aをフルサポートしております。国内最安値水準の手数料体系に強みがあるほか、完全成功報酬制を採用しておりますので、成約に至らない限り費用は一切発生いたしません。

相談料は無料となっておりますので、M&Aによる動物病院の事業承継を検討している場合にはお気軽にご相談ください。

【関連】会社売却の価格の決め方は?M&A前に押さえるべきこと

動物病院の事業承継まとめ

動物病院の事業承継まとめ

本記事で紹介した犬猫の飼育数の減少は、動物病院業界において大きなニュースです。今後もペット飼育数の減少傾向は継続するかもしれませんが、ペットはすでに愛玩動物ではなく大切な家族としての地位を確立しており、今後もそれは変わりません。そして、ペットの健康の担い手である動物病院の重要性も不変です。

需要の高さを考えれば、動物病院を廃業してしまうよりもM&Aで事業承継する選択肢を一度検討しましょう。本記事の要点をまとめると、以下のとおりです。

・動物病院の現状
→犬猫の飼育数の減少、動物病院数の増加

・動物病院の事業承継動向
→M&Aを用いた第三者への事業承継に注目が集まっている

・動物病院の親族内での事業承継
→動物病院関係者からの理解を得やすい(メリット)、動物病院の経営が危うくなるおそれ(デメリット)

・動物病院の勤務医への事業承継
→経営能力の高い後継者を選べる(メリット)、本人が引き受けてくれない可能性(デメリット)

・動物病院のM&Aによる第三者への事業承継
→売却利益の獲得(メリット)、時間がかかる(デメリット)

・動物病院買収/売却時の注意点
→取引を行う目的を明確化させる(買い手側)、後継者となる企業を慎重に選ぶ(売り手側)

・動物病院の事業承継の成功ポイント
→事前に自身の動物病院の魅力や強みを洗い出しておく、「自身が強化したい分野」「強化すべき事業エリア」を事前に把握する など

・動物病院の事業承継価格相場
→事業承継価格の相場は安い傾向にある

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成功報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。この記事では、買収の意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

老人ホームM&Aの動向!最近のトレンドは?買い手と売り手のメリットも

老人ホームM&Aの動向!最近のトレンドは?買い手と売り手のメリットも

日本の高齢化社会が進むにつれ、老人ホームの需要が高まると予想されています。同業種だけでなく異業種からの参入も増えており、業界内のM&Aが活性化しています。本記事では、老人ホームM&Aの動向や買い...

障害福祉M&A!買い手と売り手のメリットとデメリットは?注意点なども解説

障害福祉M&A!買い手と売り手のメリットとデメリットは?注意点なども解説

障害福祉業界とは、介護を必要とする身体・知的・精神障害者の生活支援サービスを行う業界を指します。本記事では、障害福祉サービス事業者がM&Aを行う場合の買い手と売り手のメリットとデメリット、M&A...

グループホームは廃業するより売るべき?売り手と買い手のメリットを比較!

グループホームは廃業するより売るべき?売り手と買い手のメリットを比較!

新型コロナウイルス感染症の影響により、認知症高齢者グループホームなど、多くの介護事業所で経営が悪化し、廃業の危機に直面している所もあります。本記事では、グループホームを廃業するよりM&Aによる売...

調味料でもM&A?食品製造業界を調査!売買の動きや過去事例なども紹介

調味料でもM&A?食品製造業界を調査!売買の動きや過去事例なども紹介

調味料・食品製造業界は、将来的に市場が縮小していく可能性があります。そのため、調味料・食品製造業界の大手企業はM&Aによって競争力を高める動きがみられます。本記事では、調味料・食品製造業界の動向...

介護事業を買いたい!買い手が注意するポイントは?過去事例と共に紹介

介護事業を買いたい!買い手が注意するポイントは?過去事例と共に紹介

高齢化で介護事業が市場拡大しており、買いたいと思っている経営者も多いと考えられます。本記事では、介護事業を買いたい時に注意すべきポイントを解説します。また、実際に行われた介護事業のM&A事例や、...

調剤薬局の身売りは全て大手に?理由は?他の買い手のメリットも調査

調剤薬局の身売りは全て大手に?理由は?他の買い手のメリットも調査

調剤薬局業界では中小の薬局が大手に身売りするケースが多く、徐々に寡占化が進んでいます。本記事では調剤薬局の身売りについて、大手が主な買い手となる理由や、最近の大手薬局のM&A動向、身売りを検討す...

食肉卸業界のM&A成功/失敗事例5選!注意点や成功のポイントを解説

食肉卸業界のM&A成功/失敗事例5選!注意点や成功のポイントを解説

日本の食肉需要量は高く推移していますが、消費者のニーズが変化してきたにより多様な食肉生産が求められるようになってきています。本記事では、食肉卸業界でM&Aをする際の注意点や成功のポイント、M&A...

美容雑貨製造業界のM&A・事業承継!動向・注意点・相場を解説【事例有】

美容雑貨製造業界のM&A・事業承継!動向・注意点・相場を解説【事例有】

近年、美容雑貨製造業界のM&Aが活発になっています。特に、インバウンド需要の拡大や海外製品の輸入増加が影響しており、対応力をつけるためにM&Aを実行するケースも増えています。今回は、美容雑貨製造...

空調機器製造業界のM&A情報!メリット・デメリットや注意点を解説

空調機器製造業界のM&A情報!メリット・デメリットや注意点を解説

空調機器製造業界とは、エアコン、空気清浄機、冷凍機、送風機器、換気扇などの空調設備を製造している業界であり、現在は変化の時期を迎えています。本記事では、空調機器製造業界でM&Aを行うメリット・デ...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
動物病院のM&A・事業承継
ご相談はこちら
(秘密厳守)