2020年1月18日公開業種別M&A

医薬品卸業界のM&A動向!今後、再編の波が来る?【売却相場/事例あり】

医薬品卸は業界再編が進んでいる業界で、M&Aによる買収・売却が活発に行われています。本記事では、医薬品卸業界のM&A・買収・売却について、M&Aの動向や売却相場、実際に行われた医薬品卸のM&A事例、買収・売却する時のポイントなどを解説します。

目次
  1. 医薬品卸業界のM&A
  2. 医薬品卸業界のM&A動向
  3. 医薬品卸業界のM&Aが行われる理由
  4. 医薬品卸業界の4大企業
  5. 今後医薬品卸業界に起こるM&Aによる再編予測
  6. 医薬品卸業界のM&A・売却相場
  7. 医薬品卸業界のM&A・売却・買収事例
  8. 医薬品卸業界のM&Aを成功させるには
  9. 医薬品卸業界のM&Aの際におすすめの相談先
  10. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
医薬品卸のM&A・事業承継

医薬品卸業界のM&A

医薬品卸業界のM&A

本記事では、医薬品卸業界のM&A・売却・買収について、今後の予測や売却相場を解説します。まずこの章では、医薬品卸業界やM&A・売却・買収といった、基本的な用語の意味を説明します。

医薬品卸業界とは

医薬品卸とは、製薬会社から医薬品を仕入れ、それを薬局やドラッグストアなどに販売することをいい、医薬品卸を営んでいる企業による業界を医薬品卸業界といいます。

医薬品は、適切な量を必要な機関へ確実に届けなければならず、災害時でも流通を途絶えさせることはできません。

また、運搬方法や温度管理などを厳重に行う必要があり、優れた人材と長年のノウハウが必要とされる事業です。

M&A・売却・買収とは

M&Aとは、Mergers and Acquisitions(合併と買収)の頭文字をとった用語で、会社を売却・買収したり、合併・分割したりする取引のことをいいます。

会社だけでなく、個人事業の売買や、会社が営んでいる事業の一部だけを売買することもM&Aに含まれます。

近年は、中小企業の事業承継手段としてのM&Aが注目を集めており、大企業や海外企業以外の企業にもM&Aが広がりつつあります。

【関連】医薬品製造のM&A・事業承継事例10選!積極買収企業も紹介!

医薬品卸業界のM&A動向

医薬品卸業界のM&A動向

この章では、医薬品卸業界のM&A・売却・買収の動向についてみていきます。医薬品卸業界のM&A・売却・買収動向には、主に以下4つの特徴がみられます。

【医薬品卸業界のM&A動向】

  1. 1990年代から医薬品卸業界はM&Aが活発
  2. 業界の特性として売上が伸びにくい
  3. 関連する同業種へのM&Aが増加
  4. 販路拡大を目指した他業種へのM&Aも見られる

1.1990年代から医薬品卸業界はM&Aが活発

医薬品卸業界には、かつて三星堂やクラヤ薬品を始めとする300社以上の企業が存在していましたが、他社との差別化が難しく、顧客を取り合って値引きをして利益が減少するなどの問題がありました。

1990年代からM&Aによる業界再編が進み、現在は大手4社がシェアの90%を占めるまで統合されています。

2.業界の特性として売上が伸びにくい

医薬品卸はメーカーと違って、独自の製品を開発して大幅に売り上げを伸ばすといったことはできないため、業界の特性として売上が伸びにくい傾向があります。

さらに、医薬品は命に関わることもある製品なため、業務に関して厳しい法規制があり他社と差別化がしづらいという面もあります。

加えて近年は、高齢化と調剤報酬の改定による単価の減少も、売上増を阻む要因となっています。

3.関連する同業種へのM&Aが増加

医薬品卸業界のM&A・売却・買収は、業界再編を目的として同業種へのM&Aを中心に行われてきましたが、現在は大手4社にまで統合され、業界再編は落ち着いてきた面があるともいえます。

しかし、近年の薬価改定やジェネリック医薬品の普及、大手ドラッグストアの資本業務提携など、医薬品卸業界を取り巻く環境は年々変化しています。

実際、大手医薬品卸会社のスズケンは、ジェネリック医薬品製造の合弁会社を設立するなど、関連する同業種へのM&Aを活発化させる動きをみせています。

今後は変わりゆく需要に対応するために、関連する同業種へのM&A・買収・売却がさらに増えてくると考えられます。

4.販路拡大を目指した他業種へのM&Aも見られる

医薬品卸業は差別化による利益拡大が見込みにくいということで、販路拡大を目指して他業種へのM&Aが行われる事例も見られます。

医薬品卸会社は大規模な流通ルートを持っており、これは他業種にとっては大きな魅力となります。この強みを生かした他業種への参入は、事業を大きく発展させる可能性もあるでしょう。

実際、最大手のメディパルホールディングスは化粧品や日用品も手がけており、今後も他業種への販路拡大の傾向は続くと予想されます。

医薬品卸業界のM&Aが行われる理由

医薬品卸業界のM&Aが行われる理由

医薬品卸業界のM&Aが行われる理由は、主に以下の3つがあります。

【医薬品卸業界のM&Aが行われる理由】

  1. 後継者問題の解決
  2. 医療報酬の改定による将来性の不安
  3. 圧倒的に大手企業がシェアを持つため

1.後継者問題の解決

日本では団塊世代が引退の時期を迎えるにあたって、中小企業の後継者問題が深刻となっていますが、地方の中小の医薬品卸会社でも、他業種と同様に後継者問題が深刻化すると考えられます

かつては後継者というと現経営者の親族が選ばれることが多かったですが、近年は少子化で子供がいない経営者がいたり、子供がほかの仕事に就いていて会社を継がせられないというケースが増えています。

子どもや親族に後継者がいない医薬品卸会社が、M&A・買収・売却によって事業承継する事例は、今後も増加するでしょう。

【関連】中小企業の後継者不足問題は深刻化している?解決策を紹介

2.医療報酬の改定による将来性の不安

診療報酬や調剤報酬といった医療関連の報酬は定期的に改定されており、高齢化への対応と、地域医療を充実させる地域包括ケアシステムの推進など、大幅な方針転換が打ち出されています。

報酬改定により将来性に不安を感じた中小の医薬品卸会社が、経営基盤の安定化のためにM&Aで大手の傘下に入る事例も今後は増えると予想されます。

3.圧倒的に大手企業がシェアを持つため

医薬品卸業界は90年代からの業界再編の結果、メディパルホールディングスを始めとする4社が90%のシェアを持つに至っています

この状況で中小の医薬品卸会社が生き残るのは難しく、M&A・買収・売却によって大手の傘下に入る動きが加速すると予想されます。

医薬品卸業界の4大企業

医薬品卸のM&A・事業承継
医薬品卸のM&A・事業承継
医薬品卸業界の4大企業

日本の医薬品卸業界は、メディパルホールディングス・アルフレッサホールディングス・スズケン・東邦ホールディングスの大手4社と、それ以外の中小の医薬品卸会社に分けられます。

医薬品卸会社は主な顧客が企業なので、一般の人にとってはなじみが薄いですが、最大手のメディパルホールディングスの年商は約3兆円もあり、2019年の日本企業売上高ランキング35位の大企業です。

【医薬品卸業界の4大企業】

  1. メディパルホールディングス
  2. アルフレッサホールディングス
  3. スズケン
  4. 東邦ホールディングス

1.メディパルホールディングス

メディパルホールディングスは、医療用または動物用の医薬品、化粧品や日用品、そして食品加工原材料などの卸売事業を営む会社の持株会社です。

小林製薬やアステラス製薬といった製薬会社が株主になっており、全国に調剤薬局を展開するクオール株式会社の株式を約20%保有する筆頭株主でもあります。

他の3社と違って、調剤薬局を傘下に持っていないことは、特徴の一つだといえるでしょう。

2.アルフレッサホールディングス

アルフレッサホールディングスは、業界2位の売上高を誇る医薬品卸会社であり、売上高は約2兆6000となっています。

メディパルホールディングスが医薬品以外にも幅広く手がけているのに対して、アルフレッサホールディングスはほぼ医薬品とその関連商品に特化しているのが特徴です。

3.スズケン

株式会社スズケンは業界第3位の医薬品卸会社で、売上高は約2兆1000億円となっています。

医薬品以外に医療機器や日用品・食品なども手がけており、メディパルホールディングスと同様、幅広く事業を広げているのが特徴です。

4.東邦ホールディングス

東邦ホールディングスは業界第4位の医薬品卸会社で、売上高は約1兆2000億円となっています。

医薬品以外にも、調剤薬局事業や治験のサポート事業(SMO)なども手がけているのが特徴です。

ロボットを活用したオートメーション化により、事業の効率化とミスの防止を徹底した管理方法を導入しています。

今後医薬品卸業界に起こるM&Aによる再編予測

M&Aによる再編予測

医薬品卸業界ではこれまでも活発なM&A・売却・買収による業界再編が行われてきましたが、今後も再編の動きは続くのでしょうか。

かつての業界再編は、中小の医薬品卸会社を統合することで収益力を上げることなどが目的でしたが、今後は薬価改定やドラッグストアの業界再編など、外部環境の変化に対応した再編が増えると予想されます。

また、調剤薬局事業や他業種への進出を目的とした再編も活発化すると考えられます。

医薬品卸業界のM&A・売却相場

医薬品卸業界のM&A・売却相場

医薬品卸のM&Aの売却相場は、医薬品卸業者の数があまり多くないのもあり、売却相場というのは計りづらい面があります

公開されている大手によるM&A・売却・買収事例を見ると、資本業務提携や吸収合併などが多く、単純に全株式を取得する完全子会社化の例が少ないのもあり、売却相場は見積もりづらいのが現状です。

事前に売却価格を算出する方法

医薬品卸の売却価格を事前に算出する方法としては、コストアプローチ・インカムアプローチ・マーケットアプローチといった手法があります。

コストアプローチは資産から負債を引いた額を会社の価値とする手法で、それに対してインカムアプローチは将来的なキャッシュフローを基準にします。

そして、マーケットアプローチでは、同業他社の株価などを参考に売却価格を算出します。

売却価格の算出は難しい?

医薬品卸会社の売却価格の算出には専門的な知識が要求されるので、個人で売却価格を算出するというのは難しいでしょう。

ただし、簿価と時価にあまり差がないと思われる場合は、帳簿上の資産から負債を単純に引き算することで、大まかな企業価値を見積もることも可能ではあります。

【関連】バリュエーション(企業価値評価)の方法・手法

医薬品卸業界のM&A・売却・買収事例

医薬品卸業界のM&A・売却・買収事例

この章では、実際に行われた医薬品卸業界のM&A・売却・買収事例を9例ご紹介します。

【医薬品卸業界のM&A・売却・買収事例】

  1. スズケンとWelbyの資本業務提携
  2. スズケンとDr.JOYの資本業務提携
  3. スズケンとヤマト科学の資本業務提携
  4. メディパルホールディングスとJCRファーマの資本業務提携
  5. スズケンとEPSホールディングス・EPS益新の資本業務提携
  6. ニュートリーが三和化学研究所のニュートリション事業を譲受
  7. アルフレッサによるエス・エム・ディ株式の譲渡
  8. アルフレッサホールディングスによるサンノーバの子会社化
  9. PALTACによる伊東秀商事の吸収合併

①スズケンとWelbyの資本業務提携

出典:https://www.suzuken.co.jp/

2019年に、株式会社スズケンが株式会社Welbyの株式を取得し、資本業務提携を締結しました。

スズケンは医薬品卸売を営むスズケングループの企業で、Welbyはパーソナルヘルスレコードを提供している会社です。

医療情報プラットフォームの構築、および新しいソリューションの提供などが目的となっています。

②スズケンとDr.JOYの資本業務提携

出典:https://www.suzuken.co.jp/

2019年に、株式会社スズケンがDr.JOY株式会社の第三者割当増資2億9,900万円分を引受け、資本業務提携を締結しました。

Dr.JOYは、医療機関および医療関連企業向けプラットフォーム「Dr.JOY~ドクタージョイ~」「Pr.JOY~パートナージョイ~」を提供している会社です。

両者の持つノウハウや経営資源を活用し、新しい医療情報プラットフォームとソリューションの構築を目指します。

③スズケンとヤマト科学の資本業務提携

出典:https://www.suzuken.co.jp/

2017年に、株式会社スズケンがヤマト科学株式会社の株式を取得し、資本業務提携を締結しました。

ヤマト科学は、産業機器・試験機器・研究施設などを提供している企業です。

両社が協力して製品とサービスを開発し、新しいソリューションを創出することを目的としています。

④メディパルホールディングスとJCRファーマの資本業務提携

出典:https://www.medipal.co.jp/

2017年に、株式会社メディパルホールディングスがJCRファーマ株式会社の株式の約22.5%を取得し、資本業務提携を締結しました。

メディパルホールディングスは医薬品や日用品卸売会社の持株会社で、JCRファーマは兵庫県の医薬品メーカーです。

メディパルホールディングスのネットワークとJCRファーマの製品開発力を融合し、企業価値の向上と発展を目指します。

⑤スズケンとEPSホールディングス・EPS益新の資本業務提携

出典:https://www.suzuken.co.jp/

2016年に、株式会社スズケンがEPS益新株式会社の株式を第三者割当で取得し、資本業務提携を締結しました。

EPS益新はEPSホールディングスの連結子会社で、医療・ヘルスケア事業を手がけるEPSグループにおいて、中国への事業推進と支援を担当しています。

中国での事業推進を共同で進めていくことが目的となっています。

⑥ニュートリーが三和化学研究所のニュートリション事業を譲受

出典:https://www.nutri.co.jp/

2016年に、ニュートリー株式会社が株式会社三和化学研究所のニュートリション事業を譲受しました。ニュートリーは三井製糖株式会社の連結子会社で、三和化学研究所は株式会社スズケンの連結子会社です。

ニュートリーは病気の方のためのサポート食品を販売する会社で、三和化学研究所は医薬品やヘルスケア製品の開発・販売会社です。営業基盤の拡大や開発力の強化などが目的となっています。

⑦アルフレッサによるエス・エム・ディ株式の譲渡

出典:https://www.alfresa.co.jp/

2016年に、アルフレッサ株式会社が、完全子会社であるエス・エム・ディ株式会社の株式を、富田薬品株式会社と株式会社モロオに20%ずつ譲渡しました。

アルフレッサはアルフレッサホールディングスの子会社で、医薬品や医療機器の卸売会社です。そしてエス・エム・ディは温度管理ツールや医薬品の配送を営んでいる会社です。

当事例は、スペシャリティ医薬品の流通の連携強化を目的として行われました。

⑧アルフレッサホールディングスによるサンノーバの子会社化

出典:https://www.alfresa.com/

2016年に、アルフレッサホールディングス株式会社が、サンノーバ株式会社の医薬品製造販売事業を子会社化して譲受しました。

サンノーバが承継会社を設立し、それをアルフレッサホールディングスが吸収分割する形で譲受します。

製造受託事業を拡充し、医薬品等製造事業を強化することを目的としています。

⑨PALTACによる伊東秀商事の吸収合併

出典:http://www.paltac.co.jp/

2015年に、株式会社PALTACと伊東秀商事株式会社が、伊東秀商事を合併消滅会社、PALTACを合併存続会社とする吸収合併の契約を締結しました。

PALTACはスーパーやドラッグストアなどに医薬品や日用品を卸売する会社で、伊東秀商事は化粧品や日用品の卸売会社です。

両社のノウハウと経営資源を融合し、生産性の向上を目指します。

医薬品卸業界のM&Aを成功させるには

M&Aを成功させるには

医薬品卸業界のM&Aを成功させるには、以下のようなポイントを押さえておきましょう。

【医薬品卸業界のM&Aを成功させるには】

  1. 顧客データや収益予測などを用意しておく
  2. 計画的に準備を行う
  3. M&Aの目的を明確にしておく
  4. 売却条件をはっきりと決めておく
  5. M&Aの専門家に相談する

1.顧客データや収益予測などを用意しておく

医薬品卸業界のM&Aで買い手候補と交渉する時は、どういった顧客を持っているか、今後の収益はどれくらい見込めるかなどを、買い手側に分かりやすく説明することが大切です。

あらかじめ顧客や収益予測に関するデータや資料を用意しておき、交渉時に買い手側が理解しやすいように準備しておきましょう。

2.計画的に準備を行う

医薬品卸業界のM&Aは、何の準備もなくいきなり交渉を開始してもうまくいきません。

事業承継計画書の作成や企業の磨き上げ作業など準備をしっかり整えてから、買い手候補の選定・交渉に入るようにしましょう。

3.M&Aの目的を明確にしておく

医薬品卸のM&A・売却では、後継者を見つけて引退したい、大手の傘下に入って経営を安定させたいなど、それぞれの事例でM&Aの目的があると思います。

こういったM&Aの目的をはっきりさせておくと、買い手側も交渉がしやすく手続きがスムーズに進みます

4.売却条件をはっきりと決めておく

医薬品卸のM&A・売却・買収では、売り手側・買い手側双方に求めている条件があります。

ゆずれない売却条件をはっきり決めておき、納得いかない条件でM&Aを締結してしまわないように準備しておくことが大切です。

5.M&Aの専門家に相談する

医薬品卸のM&A・売却・買収は、医薬品卸業界の動向や財務・税務の知識など、幅広い知識と経験を必要とします。

こういった知識を有するM&Aの専門家に相談して、適切なサポートを受けながら交渉を進めていくようにしましょう。

医薬品卸業界のM&Aの際におすすめの相談先

おすすめの相談先

医薬品卸のM&A・売却・買収をお考えの方は、ぜひM&A総合研究所へご相談ください。

医薬品卸のM&Aの経験があるアドバイザー・会計士・弁護士が3名体制で就き、親身な対応でクロージングまでフルサポートいたします。

着手金・中間金無料の完全成功報酬制を採用しており、分かりやすい料金体系で安心してご利用しただくことができます。

無料相談は24時間年中無休でお受けしていますので、医薬品卸のM&A・売却・買収をお考えの方は、どうぞお気軽にお問い合わせください。

医薬品卸のM&A・事業承継ならM&A総合研究所

まとめ

まとめ

本記事では、医薬品卸のM&A・売却・買収について解説しました。医薬品卸は大手4社による寡占状態というのもあり、中小の医薬品卸会社のM&Aによる売却、および外部環境の変化に対応したさらなる業界再編が進むと予想されます。

【医薬品卸業界のM&A動向】

  1. 1990年代から医薬品卸業界はM&Aが活発
  2. 業界の特性として売上が伸びにくい
  3. 関連する同業種へのM&Aが増加
  4. 販路拡大を目指した他業種へのM&Aも見られる

【医薬品卸業界のM&Aが行われる理由】
  1. 後継者問題の解決
  2. 医療報酬の改定による将来性の不安
  3. 圧倒的に大手企業がシェアを持つため

【医薬品卸業界の4大企業】
  1. メディパルホールディングス
  2. アルフレッサホールディングス
  3. スズケン
  4. 東邦ホールディングス

【医薬品卸業界のM&A・売却・買収事例】
  1. スズケンとWelbyの資本業務提携
  2. スズケンとDr.JOYの資本業務提携
  3. スズケンとヤマト科学の資本業務提携
  4. メディパルホールディングスとJCRファーマの資本業務提携
  5. スズケンとEPSホールディングス・EPS益新の資本業務提携
  6. ニュートリーが三和化学研究所のニュートリション事業を譲受
  7. アルフレッサによるエス・エム・ディ株式の譲渡
  8. アルフレッサホールディングスによるサンノーバの子会社化
  9. PALTACによる伊東秀商事の吸収合併

【医薬品卸業界のM&Aを成功させるには】
  1. 顧客データや収益予測などを用意しておく
  2. 計画的に準備を行う
  3. M&Aの目的を明確にしておく
  4. 売却条件をはっきりと決めておく
  5. M&Aの専門家に相談する

医薬品卸のM&A・売却・買収をお考えの方は、M&A総合研究所へご相談ください。

M&A総合研究所では、アドバイザー・会計士・弁護士による専門家チームが、医薬品卸のM&A実績・経験を活かし、クロージングまでフルサポートいたします。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

Documents
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは合併と買収という意味の言葉です。M&Aは経営戦略として人気で、年々行われる件数が増加しています。経営課題解決のために前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲介会社と相談しながら、自...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をする上で、現在価値の理解は欠かせません。現在価値は、今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引や契約、投資では重要な概念です。

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功事例付き】

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功事例付き】

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継は、企業による新規参入の規制緩和により増加傾向にあります。本記事では、放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継動向や手続きの流れ、...

駐車場業界のM&A・譲渡のメリットや注意点、仲介会社も紹介!

駐車場業界のM&A・譲渡のメリットや注意点、仲介会社も紹介!

駐車場業界は土地さえあれば参入しやすい事業です。しかし、人口減少や車離れの影響で、簡単に収益が得られなくなると予測されています。その時に取れる手段の1つがM&A・譲渡です。この記事では駐車場業界...

3年以内の廃業率70%!飲食店が廃業する実態と理由、潰れない店の特徴

3年以内の廃業率70%!飲食店が廃業する実態と理由、潰れない店の特徴

飲食店は毎年数多くの新規参入がありますが、その一方で毎年数多くの廃業も出ている業界です。本記事では、3年以内の廃業率が70%ともいわれている、飲食店が廃業へと至る理由や、潰れない飲食店の特徴など...

住宅建設業界のM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

住宅建設業界のM&A・買収の最新動向/相場/メリットを解説【事例あり】

本記事では、住宅建設業界のM&Aについて、2020年の業界の最新動向や買収相場の考え方、M&Aのメリット・デメリットなどを解説していきます。実際に行われた住宅建設会社のM&A事例も、2020年の...

金融・リース・レンタル業を事業承継するには?事例、注意点を紹介

金融・リース・レンタル業を事業承継するには?事例、注意点を紹介

お金や資産を貸し出して利益を得ているのが金融・リース・レンタル事業です。当記事では、金融・リース・レンタル事業の概要をはじめ、各業種が抱えている問題や、事業承継の可能性、事業承継の手順・事例・注...

ソフトウェア業界のM&A・会社売却・買収の動向/相場/メリットを解説【事例あり】

ソフトウェア業界のM&A・会社売却・買収の動向/相場/メリットを解説【事例あり】

今後の成長が期待されているITソフトウェア業界では、ソフトウェア開発の重要性の高まりから、他業界やスタートアップ企業の参入が多く、M&Aが積極的に実施されています。本記事では、ITソフトウェア業...

マツエクサロンのM&A動向!メリットや注意点、おすすめ仲介会社を解説

マツエクサロンのM&A動向!メリットや注意点、おすすめ仲介会社を解説

利用者にまつ毛エクステを施すのがマツエクサロンの事業です。当記事では、マツエクサロンが置かれている現状をはじめ、M&Aの動きや、M&Aを用いた際のメリット、M&Aで注意を払う点、M&Aの手続き、...

ジュエリー業界のM&Aのメリットや注意点、仲介会社も紹介!

ジュエリー業界のM&Aのメリットや注意点、仲介会社も紹介!

ジュエリー業界は国内の市場規模は減少しているものの海外展開など顧客のニーズが変化してきており、今まで以上にM&Aが行われるようになると予測されます。今回は今度積極的に行われていくジュエリー業界の...

金融・リース・レンタル業の事業譲渡(事業売却)を分かりやすく解説

金融・リース・レンタル業の事業譲渡(事業売却)を分かりやすく解説

資金・商品を貸して利益を得るのが金融・リース・レンタル業です。当記事では、金融・リース・レンタル業の内容をはじめ、各業界に見られる事業譲渡(事業売却)の動きや、事業譲渡(事業売却)の手順、メリッ...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント
【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。
医薬品卸のM&A・事業承継
ご相談はこちら
(秘密厳守)