M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル

2019年12月22日更新
この記事は、約5分で読めます。

千葉のM&A・会社売却の仲介会社をご紹介!M&A案件の探し方も解説

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

千葉県は他の地域と比べると、有名な企業が集まりやすい産業集積都市です。加えて、金融機関や地元のテレビ局がM&A仲介会社などと協力し、地域に根差したネットワークを活用することで、M&Aが行いやすい環境を創り上げています。

目次
  1. 千葉県のM&A
  2. 千葉県のM&A・会社売却・事業承継の動向
  3. 千葉県でM&A仲介会社を選ぶ基準
  4. 千葉県のM&A・会社売却・事業承継にオススメの仲介会社6選
  5. 千葉県の公的機関
  6. 千葉県県近郊のM&A譲渡案件例
  7. 千葉県のM&A事例
  8. まとめ

千葉県のM&A

M&Aは大企業から中小企業まで、さまざまな企業で行われている経営戦略です。M&Aはかつて「会社を売り払う」というネガティブなイメージが伴うものでしたが、今では多種多様な目的で一般的に行われるようになりました。

加えて、M&AをサポートしてくれるM&A仲介会社が多く登場し、M&Aが行いやすい環境ができています。一方、M&Aは地方によって傾向に特色があり、それを知っておくことも重要です。

今回は千葉県のM&Aの状況や、千葉県でM&Aをする際にオススメのM&A仲介会社についてお伝えします。

千葉県のM&A・会社売却・事業承継の動向

ここでは、千葉県のM&A事情についてお伝えします。元々東京都に非常に近い千葉県はイオンやオリエンタルランド、キッコーマン、マツモトキヨシといった有名企業が誕生しており、大企業の本社が設置されています。

また、東京都に近い幕張地域は有名企業が拠点を置いていたり、さまざまなコンペティションやイベントが開催されるなど、常に多様な業界の最新情報が集まりやすい場所でもあります。言わば千葉県は産業が集積しやすく、ビジネスが活発化しやすい地域といえるでしょう。

M&Aに関しても千葉県は非常に積極的な場所でもあります。千葉テレビがM&A支援を行っているアンドビズと提携し、M&A仲介の広告やイベントの実施、テレビ局のネットワークを利用した起業家や事業承継の発掘を行っています。

それらにより、M&Aを利用した地域活性化を行ったり、千葉銀行が国際協力銀行と提携することでクロスオーバーM&Aをサポートする体制を整えるなど、M&Aの浸透につながるさまざまな取り組みが行われています。

折しも中小企業が後継者不在に悩み、企業の存続ができないために廃業するケースが増えているため、千葉県のM&Aの普及は今後も積極的に行われていくでしょう。

千葉県でM&A仲介会社を選ぶ基準

千葉県でM&A案件を見つける場合、以下の方法が一般的です。

  1. M&A仲介会社に探してもらう
  2. 公的機関に探してもらう
  3. 自分でM&A仲介サイトを利用してM&A案件を見つける
ここでは、M&A仲介会社を利用する場合、そして公的機関を利用する場合のメリットやデメリットを紹介していきます。

M&A仲介会社を利用するメリット・デメリット

千葉県でM&Aを行う際に、M&A仲介会社を利用するとどのような利点があるのでしょうか。

  • 管理案件が多いため、希望する内容の案件を見つけやすい
  • M&Aに関する相談だけではなく、仲介まで一貫して担当してもらえる
  • 公認会計士や弁護士等の専門的なアドバイスをもらえる

利用するM&A仲介会社によって異なりますが、上記のようなメリットが挙げられます。日本全域に及ぶM&A仲介会社やM&A仲介サイトであれば、豊富なM&A案件の中から、理想的な案件を見つけられるようになるでしょう。

また、M&A仲介会社によっては公認会計士や弁護士が所属しています。単なる仲介だけではなく、専門家のサポートを受けながらM&Aを行うことができます。

では、デメリットはどういった内容なのでしょうか。

  • M&A仲介会社によって手数料が異なるため、高額な費用がかかる場合がある
  • M&A仲介会社によっては、クロージングまで何ヶ月もかかってしまう

M&A仲介会社それぞれで、かかる費用も異なります。高額な手数料がかかってしまうようなケースもあります。また、M&Aのクロージングまでも、仲介会社によってさまざまです。

M&A総合研究所では、手数料は業界最安値、かつクロージングまで平均3ヶ月~6ヶ月と、大変スピーディです。上記のようなデメリットを解消し、所属している公認会計士や弁護士がフルサポートしています。

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する

公的機関を利用するメリット・デメリット

では、公的機関の場合はどうでしょうか。メリットは以下の内容です。

  • 地域に特化した機関のため、地方の案件を管理している場合がある
千葉県でM&Aを実行するにあたって、地域に精通した業者や公的機関の力を借りることができれば、あまり表に出ていないM&A案件が見つけられるかもしれません。千葉県の商工会議所や地元の金融機関などといった業者を通じてM&A案件を捜してみることもオススメです。

さきほどもお伝えしましたが、千葉県はテレビ局がM&A仲介会社と提携するなど、地域に根差したネットワークを利用したM&Aの支援体制が整っています。千葉県のM&A案件を探すうえで、このネットワークを活用しない手はないでしょう。

では、公的機関のデメリットを確認しましょう。

  • M&A仲介会社に比べ、管理案件が少ない場合がある
  • M&Aの仲介業務は行ってもらえないため、仲介自体はM&A仲介会社に依頼する必要がある

上記にあるように、公的機関で管理している件数はM&A仲介会社に比べて少ない傾向にあります。日本のM&Aは売り手市場なこともあり、公的機関では希望するような案件を見つけられない可能性があります。

また、公的機関にてM&A案件を探すこと自体はできても、仲介を行ってくれるとは限りません。公的機関では、仲介はM&A仲介会社を紹介するなど、別の手段を勧めることになります。そういった場合、M&A仲介会社を利用するより手間やコストがかなりかかってしまいます。

それらの手間やコストを減らすためにも、ぜひともM&A総合研究所をご利用ください。

>>【※会計士がサポート】M&A仲介サービスはこちら

千葉県のM&A・会社売却・事業承継にオススメの仲介会社6選

ここでは千葉県でM&Aを行う際にオススメのM&A仲介会社を6つご紹介します。

  1. 株式会社M&A総合研究所
  2. 税理士法人児島会計
  3. 株式会社スリーエス
  4. よつば総合法律事務所
  5. 株式会社コーポレート・アドバイザーズM&A
  6. 株式会社日本ダイナミックグループ

①M&A総合研究所

株式会社M&A総合研究所

出典: https://masouken.com/lp01

M&A総合研究所では、千葉県を含めた日本全国のM&A案件の取り扱いをしています。都道府県や企業によっては、M&Aの規模の大きさはかなり異なりますが、大企業だけではなく中小企業のM&Aも実現させる仲介会社です。

M&A総合研究所の魅力は、M&Aプラットフォームと日本最大級のM&Aメディアの情報をフル活用し、他社より短期間でマッチングを行うことです。M&Aプラットフォームを利用した独自のAIシステムを利用することにより、平均3ヶ月~6ヶ月でのクロージングを実現しています。

それらにより、人件費の削減を可能にしており、業界最安値でのM&A仲介を提供しています。公認会計士や弁護士も所属しているので、安心してM&Aのサポートを受けることができます。

会社名 株式会社M&A総合研究所
得意な業種 非特化型
対応地域 千葉県を含む、日本全国
報酬体系 完全成功報酬型(業界最安水準
公式ホームページ https://masouken.com/lp01

②児島会計

税理士法人児島会計

出典: http://www.kojimakaikei.co.jp/

児島コンサルティンググループに所属する児島会計は、M&Aに必要な企業評価やM&Aアドバイザリーといったサービスも積極的に行っています。児島会計は税務・財務の知識に精通しているだけでなく、M&Aの経験が豊富なスタッフが在籍していることが特徴です。

そのため、クライアントの会社にとって利益になるM&Aが実現できるように、理想的なM&Aスキームを設計してくれます。

会社名 税理士法人児島会計
得意な業種 非特化型
対応地域 千葉県中心
報酬体系 要問合せ
公式ホームページ http://www.kojimakaikei.co.jp/

③スリーエス

株式会社スリーエス

出典: https://www.3sf.co.jp/

千葉県に本社を置くスリーエスは税理士法人が母体になっているM&A仲介会社であり、税理士などさまざまな専門家が在籍していることが強みです。そのため、クライアントのニーズに合わせて、必要な専門家のサポートをワンストップで提供できます。

また、スリーエスは中小企業のM&Aを専門的に取り扱っており、これまで多くのクライアントの依頼に応えてきた実績があります。

会社名 株式会社スリーエス
得意な業種 中小企業が得意
対応地域 千葉県中心
報酬体系 要問合せ
公式ホームページ https://www.3sf.co.jp/

④よつば総合法律事務所

よつば総合法律事務所

出典: https://yotsubalegal.com/

M&Aを行う際に法的なリスクを回避することを重視したい場合、よつば総合法律事務所がオススメです。千葉県にあるよつば総合法律事務所は企業向けの法律相談を積極的に行っており、事業承継やM&Aに関する相談も受け付けています。

経験豊富な弁護士が対応してくれるだけでなく、初回相談料が1時間無料になっているなど、リーズナブルな報酬体系になっているところも魅力的です。

会社名 よつば総合法律事務所
得意な業種 非特化型
対応地域 千葉県中心
報酬体系 要問合せ
公式ホームページ https://yotsubalegal.com/

⑤コーポレート・アドバイザーズM&A

株式会社コーポレート・アドバイザーズM&A

出典: https://co-ad.jp/

コーポレート・アドバイザーズM&Aは千葉県にあるM&A仲介会社であり、会計事務所グループに属しています。コーポレート・アドバイザーズM&Aは会計事務所グループの傘下にあることから、会計士や同じグループ傘下の税理士など、さまざまな専門家と協力し合ってクライアントを支えてくれます。

M&A成約実績も豊富であり、これまで多種多様な業種・業界の会社のM&Aを成功させているため、安心してM&Aのサポートを依頼することができるでしょう。

会社名 株式会社コーポレート・アドバイザーズM&A
得意な業種 非特化型
対応地域 千葉県中心
報酬体系 要問合せ
公式ホームページ https://co-ad.jp/

⑥日本ダイナミックグループ

株式会社日本ダイナミックグループ

出典: https://nippon-dynamic-group.com/

日本ダイナミックグループは千葉県に拠点を持つM&A仲介会社です。日本ダイナミックグループはコンサルティング事業も行っており、経営コンサルティングを通じて得た経験や知識をM&Aでも発揮してくれます。

また、日本ダイナミックグループは翻訳事業を行っていることから、外国語にも対応しており、中国語や英語の書類の翻訳などもサポートしてくれます。

会社名 株式会社日本ダイナミックグループ
得意な業種 非特化型
対応地域 千葉県を始め、日本全国
報酬体系 要問合せ
公式ホームページ https://nippon-dynamic-group.com/

千葉県の公的機関

①千葉県事業引継ぎ支援センター

千葉県事業引継ぎ支援センターは、事業引き継ぎに関するさまざまな支援を行う相談窓口です。各都道府県に設立され、中小企業の事業承継等に精通した専門家が所属しています。相談は無料で行うことができます。

千葉県事業引継ぎ支援センターではM&Aに関する相談も受け付けており、助言や必要な資料の作成をサポートしています。千葉県でM&Aを行う際にぜひ利用しましょう。

千葉県事業引継ぎ支援センターのホームページ

事業承継支援センターの活用を政府も後押し

近年、千葉県だけでなく、日本全国で事業の存続に悩みを抱える方が増えています。その理由は後継者不在や別事業への注力など、多種多様です。政府ではそのような状況に合わせ、事業承継支援センターを活用するようにと勧めています。

公的機関の窓口は無料で利用できる場合が多く、気軽に立ち寄りやすいでしょう。しかし、M&Aの仲介自体はM&A仲介会社や金融機関へ引き継ぎを行っているため、2つ以上の機関や企業を利用する必要性があります。こういった手間を減らすためにも、M&A総合研究所をぜひご利用ください。

②千葉県よろず支援拠点

千葉県よろず支援拠点では、事業に関する相談を幅広く受け付けています。女性向けやチラシの作り方など、さまざまなセミナーも開催しており、事業を行う方々の強い味方です。税理士や社会保険労務士、中小企業診断士などが在籍しており、専門のコーディネーターとして対応してくれます。

予約不要で気軽に立ち寄れるよろずCafeなどのイベントも行っていますので、千葉県でM&Aを行う際に活用しましょう。

千葉県よろず支援拠点のホームページ

③千葉県商工会議所

千葉県商工会議所連合会は、千葉県各地に設置されている商工会議所の集まりです。千葉県内には21の商工会議所があります。会員は商工業者や事業者などを中心としており、相互の助け合いながら運営されています。事業に関する相談も受け付けています。

最寄りの千葉県の商工会議所も、M&Aを行う際に役立てられる公的機関の一つでしょう。

千葉県商工会議所連合会のホームページ

④千葉県信用保証協会

千葉県信用保証協会は、金融面で中小企業を支える公的機関です。創業を考えている方への支援も行っています。創業セミナーや海外展開向けのサポートも行っています。事業承継サポートデスクも解説し、事業の存続に悩みを抱える方へ支援しています。

地域に根ざした金融面でのサポートを行っているため、千葉県でM&Aを行う際に活用できる可能性があります。

千葉県信用保証協会のホームページ

千葉県県近郊のM&A譲渡案件例

広告代理店のM&A

地域密着型で広告代理店業を行う企業のM&A譲渡案件です。損保・生保代理店や事務局運営も手掛けています。飲食店や二輪業界の方々が顧客で、30年以上付き合いのある取引先もあります。安定的な売上を獲得していますが、後継者不在によりM&Aでの譲渡を行いたいと考えています。

売上高 1,500万円
売却希望額 1.0億円
譲渡希望理由 後継者不在

社労士法人のM&A

こちらは地域で最大級の事業を行う社労士法人のM&A譲渡案件です。顧問業務を中心に、一般的な社労士の業務以外にも、助成金や就業規則の提案を積極的に行っています。障害年金の案件も収益としており、年々売上が増加しています。新規事業の立ち上げを行うため、M&Aにて譲渡を行いたいと考えています。

売上高 非公開
売却希望額 2億円
譲渡希望理由 新事業立ち上げのため

ペットと宿泊できる宿のM&A

こちらは千葉県の別荘地にある、ペットと一緒に宿泊できる宿のM&A譲渡案件です。犬と一緒に入れるプールやドッグランなど、施設も充実しています。リニューアルを数年前に行い、温泉施設もあります。リピーターの顧客が多いです。代表家族で経営を行ってきましたが、後継者不在により譲渡を行いたいと考えています。

売上高 4,700万円
売却希望額 9,800万円
譲渡希望理由 後継者不在

千葉県のM&A事例

介護業界のM&A(揚工舎・光風苑)

2019年5月には、揚工舎は千葉県にある光風苑の発行済全株式を取得し、完全子会社化すると発表しました。揚工舎は有料老人ホームやデイサービス、訪問介護などの介護デイサービス事業、介護資格取得のための教育事業、介護人材の紹介や派遣を行っています。

光風苑は千葉県館山市で介護付有料老人ホームを運営しています。今回のM&Aにより、揚工舎は有料老人ホーム事業の拡大を行いたいとしています。

建設業界のM&A(京成電鉄・式田建設工業)

2019年4月に、京成電鉄は千葉県の式田建設工業の全株式を、子会社化すると発表しました。式田建設工業は千葉県千葉市に拠点を構え、官公庁舎や民間事務所などの建設工事を行っています。

京成グループは式田建設工業の事業を承継し、2019年7月1日には京成グループの建設業セグメントを担う京成建設と合併するとしています。今回のM&Aにより、既存事業の強化を図ります。

薬局業界のM&A(ココカラファイン・ケイエス)

2018年11月に、ココカラファインは千葉県の有限会社ケイエスの全株式を取得することにより、子会社化したと発表しました。ケイエスは千葉県で調剤薬局を3店舗運営しています。

ココカラファインは健康サポート薬局づくりを行い、健康増進を支援しています。それらによって地域社会に貢献しており、M&Aの活用も積極的に行っています。今回のM&Aにより、エリアにおける事業を拡大・強化したいとしています。

まとめ

千葉県は他の地域と比べると、有名な企業が集まりやすい産業集積都市です。加えて、金融機関や地元のテレビ局がM&A仲介会社などと協力し、地域に根差したネットワークを活用することで、M&Aが行いやすい環境を創り上げています。

千葉県は東京都に近いので、新しい事業を立ち上げたり、新たな地域への進出を行うのにうってつけの場所といえます。実際に千葉県でM&Aを行う際には、ぜひ地域のネットワークを活用してみてください。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
ご相談はこちら
(秘密厳守)