2022年6月14日更新都道府県別M&A

名古屋市・愛知県のM&A・事業承継の動向と仲介会社を選ぶポイント!

名古屋市では自動車産業などのM&Aが加速化している状況であり、エリアに特化したM&A仲介会社も多くみられます。この記事では、名古屋市・愛知県におけるM&A・事業承継の動向、仲介会社を選ぶポイントなどを解説するので参考にしてください。

目次
  1. 名古屋市(愛知県)のM&Aの現状
  2. 名古屋市(愛知県)でM&Aが増加している背景
  3. 名古屋市(愛知県)でM&A仲介会社を選ぶ基準
  4. 名古屋市(愛知県)のM&A事例
  5. 名古屋市(愛知県)のM&A譲渡希望案件例
  6. 名古屋市(愛知県)のM&A案件の探し方
  7. 名古屋市(愛知県)のM&A・買収に積極的な企業
  8. 名古屋市(愛知県)のM&Aまとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

名古屋市(愛知県)のM&Aの現状

「M&A Online」の調査によると、愛知県の企業が関わった過去4年間のM&A実施数は以下のとおりです(企業グループ内における組織再編M&Aは除く)。

  • 2018(平成30)年:54件
  • 2019(平成31、令和元)年:59件
  • 2020(令和2)年:59件
  • 2021(令和3)年:70件

愛知県は、東京都、大阪府に次いで日本で3番目にM&A実施数が多い県であり、名古屋市はその中心です。コロナ禍においても積極的にM&Aが実施され、増加してきていることが上の数値からもわかります。

なお、このM&A実施数は、情報公開している上場企業の発表をまとめたもので、情報を開示していない未上場企業のM&Aは含まれていません。したがって実際には、もっと多くのM&Aが実施されていると思われます。

【関連】愛知県・名古屋市のM&A・会社売却・事業承継!譲渡案件も紹介| M&A・事業承継の理解を深める

名古屋市(愛知県)でM&Aが増加している背景

M&Aは、後継者不在問題の解決・経営基盤の強化・事業規模の拡大などさまざまなメリットが期待できる手法です。このように多くのメリットの存在により、近年ではさまざまな業界でM&Aの活発化が目立っています。それは、名古屋市(愛知県)でも同様です。

名古屋市(愛知県)の中小企業が抱える課題点

近年、中小企業のM&A件数が増加傾向にあります。なぜなら、中小企業が抱える後継者不在による事業承継問題は、M&Aにより解決を図れるためです。特に、中小企業経営者の高齢化も進行しており、問題は切迫しています。

そこで、引退時期を迎えた経営者が、後継者不在問題の解決に向けてM&Aを行う事例が増加中なのです。M&Aにより後継者が見つかり経営を任せられれば、事業の継続を実現できます。さらに、M&Aは中小企業にとって経営基盤を安定化できる点も魅力的です。

たとえば、財務状況が厳しい企業の場合、M&Aで資金力の豊富な企業のグループに加われば、強固な財務基盤のもとで事業を継続できます。以上の理由から名古屋市では、特に中小企業が対象となるM&Aのニーズが高まっている状況です。

M&Aのメリット・デメリット

名古屋市(愛知県)でのM&Aはメリットとデメリットの双方を理解したうえで、自社で実施すべきなのか判断しましょう。以下に、それぞれを説明します。

M&Aのメリット

売り手側からするとM&Aには、後継者不在問題の解決・経営基盤の安定化・創業者利益の獲得・個人保証や担保の解消・従業員の雇用維持などのメリットがあります。後継者不足や財務状況などの問題解決は、特に中小企業にとって大きなメリットです。

その一方で買い手側からすると、短期間での新規事業への参入・事業領域の拡大などのメリットがあります。たとえば、企業が新規事業への参入を考える場合、ゼロから事業を始めると多くの時間や手間が必要です。

しかし、その事業をすでに軌道に乗せている企業を買収すると、短期間で新規事業を開始できます。このように、M&Aを行えば売り手側だけでなく買い手側にもメリットがあるため、経営戦略として取り入れる経営者が増加中なのです。

M&Aのデメリット

M&A当事会社における共通のデメリットとしては、「理想的な相手企業が現れるとは限らない・想定外の価格でのM&Aになる可能性がある・従業員が反発する可能性がある・社風や企業文化などの統合に時間がかかる」などが挙げられます。

また、買い手側からすると、簿外債務や偶発債務を引き継ぐおそれがある点もデメリットです。予想外の債務を引き継いでしまうと、将来的な経営に悪影響を及ぼしかねません。そのため、M&Aはデメリットも把握したうえで検討しましょう。

メリットのみを見て安易に決めてしまうと、後悔してしまうおそれがあります。そして、M&Aに関する不安要素を一つひとつ解消していくためには、信頼できるM&A仲介会社・M&Aアドバイザリーを選ぶことが大切です。

【関連】M&Aのメリットとは?買い手・売り手のメリットやM&A戦略策定・手法別のメリットを紹介| M&A・事業承継の理解を深める

名古屋市(愛知県)でM&A仲介会社を選ぶ基準

名古屋市(愛知県)でM&A仲介会社への相談を考えている場合、以下4つの基準で選ぶとよいでしょう。

  1. 実績が豊富であるか
  2. 案件規模に対応できる仲介会社かどうか
  3. 高い専門知識を持っているか
  4. 報酬体系が明確かどうか

名古屋市・愛知県にはM&A仲介会社が多く、得意とするサービス内容はそれぞれの機関で異なります。自社に合った仲介会社を選ぶには、いくつかポイントを押さえて選ぶことが大切です。ここでは、M&A仲介会社を選ぶ基準について順番に紹介します。

①実績が豊富であるか

まずは、M&A仲介会社にどれほどの実績があるのか調べましょう。自社の案件と類似する規模のM&Aや、自社と同業種のM&A実績が豊富であれば、M&A仲介業務に対する信頼度が高まります。

その一方で、たとえM&A仲介会社自体の実績が多くとも、担当者の経験が足りていないケースもゼロではありません。そのため、M&A仲介会社の実績に加えて、担当者がこれまで積み上げてきた経験・実績なども確認しておくべきポイントです。

実際に無料相談などを利用したうえで、実績について尋ねるとよいでしょう。

②案件規模に対応できる仲介会社かどうか

自社が実施を検討するM&Aと同規模の案件を取り扱っているかも確認しましょう。M&A仲介会社は、それぞれ得意とするM&A案件の規模・種類・業種などが異なります。

大型M&Aに特化した会社・スモール案件に強みがある会社・中小企業やベンチャー企業の案件が得意な会社など、得意分野は多種多様です。得意分野については、M&A仲介会社の提供するサービスと実績を参考にしながら確認しましょう。

ここでは、「得意な案件規模はどれくらいか」、「これまで積んだM&A成約実績にはどのような規模の案件が多いのか」といった視点でリサーチするとよいです。

③高い専門知識を持っているか

M&A仲介会社に依頼する際は、高度な専門知識を持っている会社を選ぶべきです。M&Aを実行する過程では、あらゆる場面でさまざまな専門知識が求められます。たとえば、法務・財務・税務などの知識を用いて、各分野で専門的な手続きが必要です。

M&A仲介会社には、基本的にM&Aに関する全ての分野の専門知識が集積しています。その一方で、税務分野に特化した仲介会社・法務分野に強い仲介会社など、各社で強みが異なる点も特徴的です。

したがって、M&A仲介会社を選ぶ際は、その会社が得意とする分野もチェックしておきましょう。そのうえで、どの分野に力を入れてほしいのか、自社の目的と合わせながら検討する必要があります。

また、他の専門機関とネットワークを持っているかどうかも、会社選びの重要ポイントです。金融機関や会計事務所などの専門機関とのネットワークが強ければ、M&A仲介会社の専門性も高まります。

④報酬体系が明確かどうか

報酬体系が明確であるかも確認しましょう。なぜなら、M&A仲介会社ごとに報酬体系は大きく異なるためです。一例として、着手金・月額報酬が発生する会社や成功報酬以外の手数料が不要な会社など、さまざまなM&A仲介会社が存在します。

そこで「契約後に予期しない手数料が発生し想定よりも費用が高くなってしまった」といった事態を予防するためにも、事前のチェックが欠かせません。報酬体系は、各M&A仲介会社がそれぞれのサービス内容を踏まえたうえで設定しています。

着手金がかかる会社でも正当な理由のもとで報酬体系が組まれているため、「着手金がかかる会社は利用を避ける」といった安易な決断は禁物です。その一方で、着手金がかからない会社・手数料が安い会社でも、サービスに手抜きをしているわけではありません。

つまり、「全体的に手数料が安い分、手抜きをするのではないか」といった安易な判断も禁物です。そのため、報酬体系については、M&Aに際してどの程度資金を用意できるかも考慮したうえで、仲介会社のサービス内容と合わせながら検討しましょう。

最初の相談時に報酬体系について質問したうえで、見積もりを出させて比較するのが得策です。

【関連】会社売却の方法・手続きとは?M&Aの流れ、売却後の従業員の処遇、注意点も解説| M&A・事業承継の理解を深める

名古屋市(愛知県)のM&A事例

ここでは、名古屋市(愛知県)の企業が実際に行ったM&A事例を紹介します。

  • 中部電力×カラダノート
  • じげん×クラッソーネ
  • アットイン×レジデンストーキョー
  • Sharing Innovations×インタームーブ
  • プリマハム×ティーエムジー

中部電力×カラダノート

2022(令和4)年2月、愛知県名古屋市の中部電力と、東京都港区のカラダノートは資本業務提携契約を締結しました。資本業務提携は、資本の移動を伴うため広義のM&Aとされています。

資本提携内容は、中部電力がカラダノートの普通株式30万株(発行済株式総数の4.76%)を上限として、株式市場で半年以内に取得する予定です。業務提携内容は、子育て世代を支援するサービス開発やヘルスケア分野での協業を目指します。

じげん×クラッソーネ

2022年2月、東京都港区のじげんは、愛知県名古屋市のクラッソーネからエクステリア事業を譲受しました。譲渡価額は公表されていません。じげんは、グループでライフサービスプラットフォーム事業を行っています。

クラッソーネは、住関連工事・住関連製品の斡旋事業を行っている企業です。じげんとしては、顧客基盤の拡大による事業展開の加速、リフォーム領域におけるカテゴリ拡張を図る狙いがあります。

アットイン×レジデンストーキョー

2022年1月、愛知県名古屋市のアットインは、東京都渋谷区のレジデンストーキョーからマンスリーマンション事業を譲受しました。譲渡価額は公表されていません。レジデンストーキョーは、ビジネスレジデンス、ホテル、障がい者グループホームの開発・運営を行っています。

みらいホールディングス(愛知県名古屋市)の完全子会社であるアットインは、マンスリー契約の短期滞在型マンションの管理・運営・企画・開発、ホテル運営、社宅代行、シェアハウス運営などを行っている企業です。

アットインは、この事業譲受により、東海・関東地方で3,000室超のマンスリーマンションを提供できる体制となりました。

 

Sharing Innovations×インタームーブ

2022年1月、東京都渋谷区のSharing Innovationsは、愛知県名古屋市のインタームーブの全株式を取得し完全子会社化しました。取得価額は公表されていません。Sharing Innovationsは、デジタルトランスフォーメーション事業、プラットフォーム事業を行っています。

インタームーブは、ソフトウェア開発業を行っている企業です。Sharing Innovationsとしては、名古屋市にビジネス拠点を持てることと、シナジー効果を得て企業価値向上を図る考えでM&Aを実施しました。

プリマハム×ティーエムジー

2021年12月、東京都品川区のプリマハムは、愛知県名古屋市のティーエムジーの全株式を取得し完全子会社化しました。取得価額は公表されていません。プリマハムは、ハム・ソーセージ、食肉および加工食品の製造・販売を行っている企業です。

持株会社であるティーエムジーには、食肉の加工・販売、食肉通販サイトの運営を行う完全子会社ティーエムジーインターナショナルがあります。プリマハムとしては、ティーエムジーインターナショナルをグループ化することで、食肉EC事業へ本格参入する目的です。

【関連】【2020年最新】名古屋の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説| M&A・事業承継の理解を深める

名古屋市(愛知県)のM&A譲渡希望案件例

愛知県には、名古屋エリアだけでなく豊田エリア・岡崎エリアなど多くの企業が位置するエリアが存在します。いずれにしろ、愛知県のM&A案件について検討すると、トヨタ関連のM&A事例を思い浮かべる経営者の方が多いでしょう。

実際、2016(平成28)年にはトヨタによるダイハツの完全子会社化が発表されているほか、トヨタグループの自動車部品メーカー「デンソー」もM&Aに積極的な姿勢を示しています。このように、愛知県をはじめとする東海・中部エリアでは、自動車産業が基幹産業です。

自動車産業では業界再編の動きが活発化しており、今後もM&Aの加速化が予想されます。名古屋市にも自動車関連の会社は多く、名古屋のM&A案件としても自動車産業の動向が大きく注目されている状況です。

したがって、もしも自動車産業に関するM&Aを名古屋市(愛知県)で行いたいならば、スムーズに成約まで進む可能性があります。ここでは、その他の業界における名古屋市(愛知県)のM&Aでの譲渡希望案件例をまとめました。

パラジェル専門のネイルサロン

1つ目に紹介する名古屋市(愛知県)のM&A譲渡希望案件は、パラジェルを専門的に扱うネイルサロンです。

拠点を構える地域 名古屋市(愛知県)
売却希望価格 3,000万円
売上高 1,000万円〜3,000万円

骨盤矯正に特化した接骨院

2つ目に紹介する名古屋市(愛知県)のM&A譲渡希望案件は、骨盤矯正の施術に強みを持つ接骨院です。

拠点を構える地域 名古屋市中心部(愛知県)
売却希望価格 1,000万円〜2,000万円
売上高 3,000万円〜5,000万円

【関連】名古屋の調剤薬局のM&A成功事例を解説!| M&A・事業承継の理解を深める

名古屋市(愛知県)のM&A案件の探し方

ここでは、名古屋市(愛知県)におけるM&A案件の探し方として、以下の3つの方法を取り上げます。

  1. M&A仲介会社・専門家に相談する
  2. 公的機関・地元の金融機関などに相談する
  3. M&Aマッチングサイトなどを活用する

①M&A仲介会社・専門家に相談する

M&A仲介会社・専門家に相談すると、多くの案件から候補先を探せるため、希望する案件が見つかりやすいメリットがあります。また、M&Aにおけるマッチング後も仲介業務を依頼することが可能です(案件探しのみの依頼はできません)。

ただし、M&A仲介会社・専門家ごとに採用する手数料体系は異なっており、場合によっては想定外の金額の支払いが求められるおそれがある点には注意しましょう。

さらに、実績が豊富でない仲介会社に依頼すると、クロージングまで多くの時間がかかってしまいやすい点も注意すべきデメリットです。

②公的機関・地元の金融機関などに相談する

公的機関・地元の金融機関などに相談すると、その地方特有の案件からM&A相手候補を探せるメリットを期待可能です。つまり、M&A仲介会社では管理していない案件を見つけられる可能性があります。

ただし、M&A仲介会社と比較すると管理案件が少ないほか、仲介業務自体には対応していないケースが多く、別途、M&A仲介会社にサポートを依頼しなければならない点などはデメリットです。

③M&Aマッチングサイトを活用する

M&Aマッチングサイトを活用すると、場所や時間帯などにとらわれずいつでも手軽にM&A案件探しを行えます。また、売り手側であれば無料で利用できるマッチングサービスが多く登場しており、案件数が増加傾向にある点も魅力的です。

ただし、仲介業務については別途、M&Aの専門家に依頼する必要がある点には注意しましょう。

【関連】中部地方のM&A・会社売却・事業承継!案件の探し方をご紹介| M&A・事業承継の理解を深める

名古屋市(愛知県)のM&A・買収に積極的な企業

ここでは、名古屋市(愛知県)の企業に対して、積極的なM&A・買収意欲のある企業を紹介します。

  • アイドマ・ホールディングス
  • Faber Company
  • チュラコス

アイドマ・ホールディングス

社名 アイドマ・ホールディングス
所在地 東京都豊島区
事業内容 営業支援事業
業務支援事業
経営支援事業
資本金 10億7,000万円
直近売上高 37億2,000万円
直近営業利益 8億3,000万円
買収対象事業 IT
クラウドワーカー向け人材サービス
Webマーケティング
Web制作
システム・インテグレーション
SaaS
アプリ開発
買収予算 10億円以上
買収対象エリア 名古屋市(愛知県)を含めた全国
買収実績 買収1社、出資3社

Faber Company

社名 Faber Company
所在地 東京都港区
事業内容 デジタルマーケティング向けソフトウェア開発・販売
Webマーケティングのコンサルティング
資本金 1億円
直近売上高 非公表
直近営業利益 非公表
買収対象事業 IT
Webマーケティング
システム・インテグレーション
SaaS
データ解析
アプリ開発
AI
買収予算 〜10億円
買収対象エリア 名古屋市(愛知県)を含めた全国
買収実績 買収1社

チュラコス

社名 チュラコス
所在地 沖縄県豊見城市
事業内容 自社通信販売事業
(健康食品・化粧品のWEB企画制作・販売戦略・商品企画)
資本金 1億円
直近売上高 非公表
直近営業利益 非公表
買収対象事業 美容
EC
医療
健康食品
小売
買収予算 〜3億円
買収対象エリア 名古屋市(愛知県)を含めた全国
買収実績 なし

名古屋市(愛知県)でおすすめのM&A仲介会社

全国の中堅規模のM&A案件を取り扱うM&A総合研究所は、名古屋市にもオフィスを構え、多数の成約実績を有するM&A仲介会社です。M&Aの知識・経験が豊富なアドバイザーが、培ってきたノウハウを生かして案件をフルサポートいたします。

料金体系は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です(※譲渡企業様のみ。譲受企業様は中間金がかかります)。随時、無料相談をお受けしていますので、名古屋市(愛知県)でM&Aをご検討の際は、お気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

名古屋市(愛知県)のM&Aまとめ

名古屋市(愛知県)では、M&Aが盛んに実施されています。M&Aには多くのメリットがありますが、デメリットも存在するため注意しましょう。デメリットに対処するためにも、自社に最適なM&A仲介会社・M&Aアドバイザリーを選ぶ必要があります。

M&A仲介会社を選ぶ際は、実績・取り扱う案件規模・専門分野・報酬体系などさまざまなポイントを押さえて吟味しましょう。名古屋市のM&A仲介会社の中には、全国規模でサービスを展開している会社や、名古屋エリアに特化した会社が目立ちます。

また、東海エリアでは、自動車産業をはじめM&Aの加速化が想定されている状況です。事例を検討しつつ自社がM&Aを行う目的を再確認し、最適な仲介会社・アドバイザリーを利用してM&Aを成功させましょう。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬制
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収に用いられるM&Aスキーム(手法)は実にさまざまです。本記事では、買収の意味や行われる目的、メリット・デメリット、買収のプロセスや...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。...

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法とは?非上場企業の活用場面、必要費用、手続きの流れを解説

株価算定方法は多くの種類があり、それぞれ活用する場面や特徴が異なります。この記事では、マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセス、株...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。しかし、会社は赤字だからといって、必ず倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリット...

関連する記事

四国のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイト一覧や少額案件をご紹介

四国のM&A・会社売却・事業承継|個人向け会社売買サイト一覧や少額案件をご紹介

全国的にM&A・会社売却・事業承継の件数は増加していますが、それは四国地方でも同様です。本記事では四国地方でのM&A・会社売却・事業承継動向を分析するとともに、案件の探し方や相談...

関西地方のM&A・会社売却・事業承継!相談先、案件一覧も紹介

関西地方のM&A・会社売却・事業承継!相談先、案件一覧も紹介

近年は全国的にM&A・会社売却・事業承継の成約件数が増加しており、この動向は関西地方も同様です。本記事では、関西地方のM&A・会社売却・事業承継について、案件の探し方やスモール(...

【2020年最新】大阪の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

【2020年最新】大阪の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

昨今、大阪のM&A・会社売却が頻繁に行われており、様々な事例が見受けられるようになりました。今回は、最新の大阪の会社売却事例を20個ピックアップしました。さらに、おすすめ相談先も合わせて...

【2020年最新】名古屋の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

【2020年最新】名古屋の会社売却事例20選!おすすめ相談先も解説

名古屋に拠点を置く・名古屋を事業エリアとする企業は、どういった理由でどのような買い手に会社売却を行っているのでしょうか。当記事では、名古屋の会社売却について20の事例を取り上げ、会社売却で利用で...

和歌山で事業承継するときの相談先は?仲介会社の利点や選び方まで

和歌山で事業承継するときの相談先は?仲介会社の利点や選び方まで

事業承継を和歌山でする際の相談先について紹介します。事業承継をスムーズに行うためには、複雑な手続きや知識が必要であるため、信頼できるM&A仲介会社への依頼が必要です。和歌山での事業承継を検討して...

大阪の事業承継における相談先は?仲介会社のメリットや選び方まで

大阪の事業承継における相談先は?仲介会社のメリットや選び方まで

事業承継を大阪でする際の相談先について紹介します。事業承継をスムーズに行うためには、複雑な手続きや知識が必要であるため、信頼できるM&A仲介会社への依頼が必要です。大阪での事業承継を検討している...

中国地方のM&A・会社売却・事業承継!スモール案件情報や事例も紹介

中国地方のM&A・会社売却・事業承継!スモール案件情報や事例も紹介

中国地方のM&A・会社売却・事業承継についてまとめました。中国地方および各県のM&A・会社売却・事業承継動向や、個人でも実施可能なスモールM&Aの情報、中国地方で実際に行...

近畿地方のM&A・会社売却・事業承継!動向、仲介会社情報、個人向け案件も解説

近畿地方のM&A・会社売却・事業承継!動向、仲介会社情報、個人向け案件も解説

近畿地方は、大手企業が運営している会社も多いですが、中小企業の割合が高く、M&Aや会社売却、事業承継が今後は増加する傾向にあるでしょう。この記事では、近畿地方におけるM&A・会社...

北陸地方のM&A・会社売却・事業承継!仲介会社、案件の探し方を紹介

北陸地方のM&A・会社売却・事業承継!仲介会社、案件の探し方を紹介

北陸地方はM&A件数こそ減少しましたが、元々M&Aを積極的に活用してきた地域です。今後は、中小企業・個人事業主の事業承継M&Aが活発化すると考えられます。本記事では、北陸...

M&Aコラム
人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)