2022年6月6日更新業種別M&A

外食コンサル・設計のM&A成功事例を紹介!売却相場やおすすめ相談先も解説

外食コンサル・設計とは、飲食店の売り上げ向上のためにさまざまなコンサルティングや内装の設計などを行う業種です。最近、外食コンサル・設計会社では、M&Aを実施する事例が少なくありません。今回は、外食コンサル・設計業界でのM&Aの特徴を紹介します。

目次
  1. 外食コンサル・設計のM&A・売却・事業承継
  2. 外食コンサル・設計のM&Aの際の売却相場
  3. 外食コンサル・設計のM&Aの際におすすめの相談先
  4. 外食コンサル・設計のM&Aの際に相談先を選ぶポイント
  5. 外食コンサル・設計会社のM&Aを行う手順・流れ
  6. 外食コンサル・設計のM&A・事業承継を成功させるコツ
  7. 外食コンサル・設計のM&Aまとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

外食コンサル・設計のM&A・売却・事業承継

外食コンサル・設計のM&A・売却・事業承継

最初に、外食コンサル・設計の業務の特徴やM&A事業承継などの基本情報を解説します。

外食コンサル・設計とは

外食コンサル・設計とは、レストランや居酒屋などのような飲食店の経営をサポートしたり、客席や店内のデザインなどを手掛けたりするコンサルティング会社をさします。

外食コンサル・設計が手掛ける業務の範囲は幅広く、繁盛する店を目指して、経営の基本的な部分のコンサルティングや、メニュー開発・サービスの考案・スタッフの接客へのアドバイス・お店の設計やデザインなど、さまざまな業務を手掛けます。

そもそも飲食店は提供される料理だけでなく、スタッフのサービスや店内の雰囲気などさまざまな要素が重要視される事業です。いずれの要素をおろそかにしても、客足が遠のくおそれがあります。外食コンサル・設計は、こうした重要な要素の考案や設計を引き受け、飲食店が繁盛する最短の道を提示する事業です。

M&A・売却とは

M&Aとは、会社の売却や買収を行うことで、会社同士の経営統合や合併を実現する経営手法をさします。かつてM&Aは、「会社を売り払う」というネガティブなイメージがあり、忌避する経営者も少なくありませんでした。

しかし、2000年代から、M&Aによい経営規模の拡大に成功した会社が話題になると同時に、一般化が進むようになりました。現在、M&Aは大企業だけでなく、中小企業や零細企業も用いる一般的な経営手法とされています。

事業承継とは

日本におけるM&Aの一般化を促進した要素として、事業承継の問題が挙げられます。事業承継とは、経営者が自身の子供や親族に経営権を譲る行為をさしますが、昨今は少子高齢化の影響により従来のように事業承継を行えなくなるケースが増加しています。

特に後継者不在の問題が中小企業や零細企業を中心に増えており、高齢化した経営者が事業承継できず、引退すると同時に会社を廃業するケースが珍しくありません。こうした状況で注目されているのが、M&Aによる事業承継です。

M&Aは他の会社に経営権を渡す行為であるため、たとえ後継者がいなくても事業承継を行えます。そのため、後継者不在の会社であっても、事業承継を実現できる可能性が高まります。

外食コンサル・設計のM&Aの際の売却相場

外食コンサル・設計のM&Aの際の売却相場

外食コンサル・設計のM&Aの際の売却相場を紹介します。

自社の売却価格の算出手段

売却価格の算出手段には「インカムアプローチ」「コストアプローチ」「マーケットアプローチ」という3種類の手段があり、これらを組み合わせることで算出を行います。いずれも企業価値を算出する手法であり、総じて「バリュエーション」と呼ばれるプロセスです。

M&Aの売却価格は、企業価値をベースにプレミアを付けられる部分があればそれだけ価格を向上させ、反対にリスクが発見されればそれだけ売却価格を低下させます。

そのため、「いずれの部分にプレミアを付けるのか」「いかなるリスクを問題視するのか」および「売却価格の最終的な決定」は、買い手と売り手の交渉次第だといえます。したがって、交渉が不得手な場合は、理想的な売却価格を付けることが難しいです。

売却価格算出はプロに任せるべき?

売却価格算出は。なるべくプロに任せることがポイントです。売却価格のベースとなる企業価値の算定は特殊な計算法や財務の知識が必要不可欠で、経営者のみで行うには限度があります。そのため、プロのサポートを受けるのがベストです。

バリュエーションは幸いにもM&A仲介会社などで積極的に請け負っているため、依頼することは容易です。中にはバリュエーションを無料で引き受けてくれる機関もあり、リーズナブルに任せることが可能です。

また、バリュエーションを終えた後の交渉でも、プロの力を借りた方が良いでしょう。最終的な売却価格は交渉で決まり、交渉での駆け引きが売却価格を左右することから、優れたアドバイザーの支援を得ておくべきです。

外食コンサル・設計のM&Aの際におすすめの相談先

外食コンサル・設計のM&Aの際におすすめの相談先

外食コンサル・設計会社がM&Aを行う際におすすめの相談先は、以下のとおりです。

  1. M&A仲介会社
  2. 地元の金融機関
  3. 地元の公的機関
  4. 地元の会計士・税理士・弁護士など
  5. マッチングサイト

①M&A仲介会社

M&Aをサポートする専門家として、まず思いつく相談先が、M&A仲介会社です。M&A仲介会社ではM&A業務を専門的に手掛けており、M&A取引に必要なプロセスを一括サポートしてもらえる可能性が高いです。

②地元の金融機関

地元の会社とのM&Aを考えている場合、地元の金融機関がおすすめの相談先だといえます。近年、金融機関ではM&Aのサポートを積極的に行っており、高い実績を得ている機関も少なくありません。

また、金融機関がM&A仲介会社などと提携しているケースも増えており、M&A仲介会社を経由して金融機関のネットワークを活用できる場面もあります。ただし、金融機関の中には営業目的でM&Aサポートを手掛けるケースも見られるため注意が必要です。

③地元の公的機関

事業承継M&Aを考えているなら、地元の公的機関を活用しましょう。商工会議所や事業承継・引継ぎ支援センターは外部の後継者探しに協力してくれるだけでなく、優れたM&A仲介会社の紹介もしてくれます。

公的機関の紹介であれば信頼できる業者を見つけやすいため、M&A仲介会社を探す際にもおすすめです。とりわけ経営革新等支援機関に認定されているM&A仲介会社であれば、安心して利用できるだけでなく、経営の建て直しにも積極的に協力してくれます。

④地元の会計士・税理士・弁護士など

会計士・税理士・弁護士などの士業が、M&Aをサポートしてくれるケースもあります。士業はそれぞれ専門的な知識を有しており、特にデューデリジェンスなどの場面で力を発揮してくれます。

また、最近では、士業がM&A仲介会社を運営していたり、提携していたりするケースも多いです。こうしたM&A仲介会社にサポートを依頼すれば、より充実したサポートを受けられる可能性があります。

⑤マッチングサイト

M&A仲介会社が運営しているマッチングサイトも、M&Aでは大いに役立ちます。マッチングサイトの主な強みは、インターネットでM&Aの交渉を完結できる手軽さと、売り手であれば料金がほとんどかからないリーズナブルさにあります。

ただし、マッチングサイトでは専門家の助力が得られない場合もあるため、サポートを求める際は別途料金を支払って依頼する必要があります。もしもサポートを受ける前提でM&Aを進める場合には、M&A仲介会社への依頼をおすすめします。

外食コンサル・設計のM&Aの際に相談先を選ぶポイント

外食コンサル・設計のM&Aの際に相談先を選ぶポイント

外食コンサル・設計がM&Aの相談先を選ぶ場合、以下のようなポイントを重視すると良いでしょう。

  1. 自社と同規模のM&Aを過去に取り扱っている
  2. 外食コンサル・設計に関連したM&Aを行った経験がある
  3. M&Aに精通した知識がある
  4. 買収先の紹介・選定・仲介を行ってくれる
  5. 相性がよく信頼できる

①自社と同規模のM&Aを過去に取り扱っている

M&A仲介会社などの専門家に相談する場合、自社と同規模のM&Aを過去に取り扱っているかどうかに注目しましょう。M&A仲介会社ごとに請け負う案件規模が異なり、中には大企業のみを引き受ける(もしくは中小企業や零細企業のM&Aのみを引き受ける)業者も見られます。

自社と異なる規模のM&Aを専門としている業者の場合、サポートを断られてしまうおそれがあります。これに対して、自社と同規模のM&A案件を専門的に扱っている業者であれば、より手厚いサポートを受けられる可能性があるのです。

②外食コンサル・設計に関連したM&Aを行った経験がある

外食コンサル・設計会社がM&Aのサポートを依頼するのであれば、同じ業界・業種のM&Aを手掛けた経験のある専門家を選ぶと良いでしょう。外食コンサル・設計業界のM&Aであれば、業界特有の慣例や業務の特徴を把握している方が交渉をスムーズに進められるためです。

そのため、すでに外食コンサル・設計会社のM&Aを支援した経験のある業者であれば、安心してM&Aを託せる可能性が高まります。外食コンサル・設計会社では幅広い業務を手掛けているため、業務内容を熟知している専門家が少ないイメージを持っている経営者の方も少なくありません。

しかし、最近は、あらゆる業界・業種に精通していたり、特定の業界・業種に特化していたりする専門家が多いため、ニーズとマッチした相談先を見つけやすいです。

③M&Aに精通した知識がある

専門家にM&Aに精通した知識があるかどうかは、必ず確認しておかなければならないことです。M&Aに関する基礎的な知識は、M&A仲介会社のみならず、経営コンサルティング会社・会計士・税理士などさまざまな業者も持っているため、彼らがM&Aのサポートをしてくれることも珍しくありません。

ただし、M&Aに関する最新の情報を有しているかどうかは別の話です。M&Aに関する法規制や税制は度々改正されており、最新の法規制・税制を専門家が正確に把握しているとは限りません。また、業界のM&A動向も常に変動しているため、この点を理解しているかどうかも重要なポイントです。

そのため、専門家を選ぶ際は、M&Aにどれほど精通しているかをチェックしておきましょう。もしも専門家の知識に不安があった際には、セカンドオピニオンを得ることをおすすめします。

④買収先の紹介・選定・仲介を行ってくれる

独自のネットワークを生かして買収先の紹介・選定・仲介を行ってくれるかどうかも、チェックすべきポイントです。M&Aでは理想的な買い手・売り手と出会えるかどうかが重要であり、それが成約に直結する要素であるといっても過言ではありません。

理想的な買い手・売り手が見つからなければ、経営統合は上手く進まないだけでなく、交渉に入る前にM&Aが頓挫してしまうおそれもあります。理想的な買い手・売り手と出会える可能性を上げたいのであれば、買収先の紹介・選定・仲介を行ってくれる専門家を見つけることが大切です。

最近ではマッチングサイトを経営しているM&A仲介会社も多く、こうした業者には多くの案件の情報が集まっているため、良質な紹介・選定・仲介を受けられる可能性があります。

⑤相性がよく信頼できる

非常に基本的な事柄ですが、相談先と相性が合うかどうか、信頼できる相手かどうかも欠かせないポイントです。M&Aが会社の今後に関わる重要な場面になり得る以上、経営者の今後の経営計画や抱えている苦悩などを話せる相談先であるかどうかは重要です。

相性が悪く、信頼できない相手では、M&Aを進めることも難しいです。そのため、実際に専門家と会って話したうえで、相性を確かめてからサポートを依頼すると良いでしょう。

外食コンサル・設計会社のM&Aを行う手順・流れ

外食コンサル・設計会社のM&Aを行う手順・流れ

本章では、外食コンサル・設計会社のM&Aを行う手順・流れをみていきましょう。M&Aは下記の手順で進めていきます。

  1. 専門家への相談・依頼
  2. M&A相手先とのマッチング
  3. 基本合意契約書の締結
  4. デューデリジェンスの実施
  5. 最終契約書の締結
  6. クロージング・経営統合

外食コンサル・設計会社のM&Aを行う場合、まずM&A仲介会社などの専門家に相談するのが一般的です。専門家のサポートやネットワーク活用により、より希望に合った相手先とのマッチングができたり、スムーズにプロセスを進めやすくなります。

次は、マッチングした相手先と具体的な交渉を進めていき、M&Aに関して両社が大筋合意したら、最終契約に向けて基本合意書を締結します。基本合意書には、以下のような項目が盛り込まれます。

  • 取引の内容・M&Aのスケジュール
  • 取引価格
  • 役員・従業員の処遇
  • 表明保証
  • デューデリジェンスへの協力義務
  • 善管注意義務・秘密保持義務・誠実交渉義務
  • 独占交渉権
  • 対価の修正と契約の解除
  • 契約期間
  • 法的拘束力など

基本合意書を締結したとしてもM&Aが完了するわけではなく、あくまでも提示された条件におおむね合意したことを示すのみであるため、締結後も条件を変更可能です。

その後、デューデリジェンスを行います。これは、売却対象の企業について、提示した資料に誤りがないことを確かめる調査のことです。一般的に、財務・税務・法務・人事・IT・事業などの部門に分けて調査が行われます。

デューデリジェンスを経て、結果に問題がない場合、最終契約書を締結します。最終契約書は法的拘束力を持ち、譲渡価格・各種条件・表明保証・補償条項・前提や解除条件・競業避止義務などが盛り込まれます。

最後に、最終譲渡契約が完了すると、取り交わした契約書に基づいた引き渡し(クロージング)を行う流れです。

このように、M&A完了までにはさまざまなプロセスを経なければならず、幅広い専門知識や経験も必要な場面が非常に多いです。

プロセスをスムーズに進めてM&Aの成功につなげるためにも、M&A仲介会社にサポートを依頼することをおすすめします。

外食コンサル・設計のM&A・事業承継を成功させるコツ

外食コンサル・設計のM&A・事業承継を成功させるコツ

外食コンサル・設計会社がM&A・事業承継を成功させるための主なコツは、以下のとおりです。

  1. 事業の価値や強み、実績をアピールする
  2. M&Aを行う目的を明確にする
  3. M&A先の選定を行う
  4. 情報の漏洩には注意する
  5. M&Aの専門家に相談する

①事業の価値や強み、実績をアピールする

交渉の場では、的確に事業の価値や強み、実績をアピールしましょう。M&Aはあくまでも会社を売買する行為であるため、「商品」である会社の価値を買い手が理解しなければ、買収に踏み切ることはありません。

買い手を買収に対して前向きにさせるには、事業の価値・強み・実績をいかにアピールするかがポイントです。事業の価値・強み・実績は時として経営者のみが考えるよりも、客観的な視点を得ることで初めて発見できるケースもあります。専門家と相談しつつ、発見した価値・強み・実績をより的確に伝えられるようまとめておきましょう。

②M&Aを行う目的を明確にする

M&Aを行うのであれば、その目的を明確にしておくことが大切です。「事業規模を拡大したい」「経営不振から脱したい」「事業承継したい」などの安直な目的のみでは買い手に足元を見られたり、軽視されたりするような事態につながります。

何よりもM&Aの本質は、異なる会社同士が経営統合を行う点にあります。そのため、買い手と売り手が経営統合を行うことを見越したうえで経営計画を立てておかなければなりません。

そのため、M&Aの目的は、「経営統合を行ったうえでどのような経営を行っていくか、どのような利益を得ていくか」などを踏まえたうえで明確化する必要があります。

③M&A先の選定を行う

買い手や売り手の選定を丁寧に行っておくことも大切です。このときに気を付けておきたいのは、M&A相手との相性です。相性はM&Aの相手との間でも重要なファクターだといえます。なぜなら、M&Aでは自社の機密を開示するプロセスや、ともに経営を行っていくことを決めていくプロセスが存在するためです。

自身と相手の会社それぞれが手を取り合って共に進んでいくことは、信頼に足る相手でないと行えません。もしも、相性が悪く経営方針も異なるような相手の場合、M&Aの実現は不可能です。そのため、M&Aの買い手・売り手を選ぶ際は、実際に会談を行い、相手との相性を入念にチェックしておきましょう。

④情報の漏洩には注意する

M&Aを行う際は、情報の漏洩に注意しておきましょう。M&Aには重要機密の開示を行う場面もあり、情報管理には特に注意を払わなければなりません。買い手と売り手双方が情報の管理に気を付けなければ、情報漏洩により大きな損害が発生することになりかねません。

また、M&Aを行ううえで気を付けておきたい点のひとつに、「M&Aを行うこと自体の情報の守秘」も挙げられます。M&Aは会社の組織体制を一変させるほど影響力が大きく、脈絡なく行うことを知れば従業員や取引先が反発するおそれがあります。そのため、通常M&Aは、全プロセスを一切秘匿したまま行います。

そして、従業員や取引先への説得材料を作り、最終契約を締結した段階で、実行を公開することが一般的です。

⑤M&Aの専門家に相談する

M&Aの専門家に相談することは、M&Aを成功するうえで必要不可欠です。これまでさまざまな専門家を紹介してきましたが、それぞれに対して一概に優劣を付けることはできません。あくまでも経営者として、どのような相手が信頼に足るかどうかを基準に、専門家を選ぶと良いでしょう。

また、専門家を選ぶ際は、報酬ばかりに気を取られないようにしましょう。M&Aの専門家の中には悪質な業者も存在し、安い報酬をうたって利益の伴わないM&Aを実現しようとしてきたり、自分の都合を優先した契約を結んできたりするケースが報告されています。

そのため、M&Aを成功させたいのであれば、報酬だけでなく実績や評判にも着目しておきましょう。

外食コンサル・設計のM&A・事業承継をお考えの経営者様は、ぜひM&A総合研究所へご相談ください。M&Aの知識・実績豊富なアドバイザーが、親身になってクロージングまでフルサポートいたします。

M&A総合研究所の料金体系は、成約するまで完全無料の「完全成功報酬制」です(※譲渡企業様のみ)。無料相談を随時受け付けていますので、外食コンサル・設計のM&A・事業承継をお考えの経営者様は、お電話かメールで気軽にお問い合わせください。

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

外食コンサル・設計のM&Aまとめ

外食コンサル・設計のM&Aまとめ

この記事では、外食コンサル・設計業界でのM&Aの特徴を中心に紹介しました外食コンサル・設計会社にとってM&Aはいずれ経験し得る行為であり、実際に行った事例も多く見られます。M&Aを成功させるには、専門家に相談したうえで、適切なサポートを求めることが大切です。

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 譲渡企業様完全成功報酬制
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aとは?手法ごとの特徴、目的・メリット、手続きの方法・流れも解説【図解】

M&Aの特徴は手法ごとに異なります。昨今の日本では、M&Aが経営戦略として人気を集めており、実施件数が増加中です。経営課題の解決を図るべく、M&Aの前向きな検討をおすすめ...

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収とは?用語の意味やメリット・デメリット、M&A手法、買収防衛策も解説

買収には、友好的買収と敵対的買収とがあります。また、買収に用いられるM&Aスキーム(手法)は実にさまざまです。本記事では、買収の意味や行われる目的、メリット・デメリット、買収のプロセスや...

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。...

関連する記事

税理士法人・会計事務所のM&A動向!買収・売却・事業承継の事例を紹介!

税理士法人・会計事務所のM&A動向!買収・売却・事業承継の事例を紹介!

税理士法人・会計事務所は、税理士法人の増加や経営者の高齢化などによって、M&Aが活発化してきている業界です。本記事では、税理士事務所・会計事務所のM&Aについて、動向や売却・買収...

商社業界のM&A動向!売却や買収の事例・実績とM&Aのメリットを解説!

商社業界のM&A動向!売却や買収の事例・実績とM&Aのメリットを解説!

さまざまな商品の流通をサポートする商社業界は、トレーディング需要の減少などにより、M&Aによる積極的な経営で打開を図る企業が増えています。本記事では、商社業界のM&A動向について...

老人ホームM&Aの動向!最近のトレンドは?買い手と売り手のメリットも

老人ホームM&Aの動向!最近のトレンドは?買い手と売り手のメリットも

日本の高齢化社会が進むにつれ、老人ホームの需要が高まると予想されています。同業種だけでなく異業種からの参入も増えており、業界内のM&Aが活性化しています。本記事では、老人ホームM&amp...

人気の記事
最新の記事

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

ご相談はこちら
(秘密厳守)