M&A・事業承継の理解を深める M&A総合研究所ポータル

2019年11月27日更新
この記事は、約5分で読めます。

外食コンサル・設計のM&A成功事例を紹介!売却相場やおすすめ相談先も解説

Medium
この記事の監修専門家
M&A総合研究所 公認会計士
高谷 俊祐

外食コンサル・設計は飲食店の売り上げ向上のためにさまざまなコンサルティングや内装の設計などを行う業種です。そのような外食コンサル・設計会社ですが、M&Aを実施するケースも少なくありません。今回は外食コンサル・設計業界でのM&Aの特徴をお伝えします。

目次
  1. 外食コンサル・設計のM&A・売却・事業承継
  2. 外食コンサル・設計のM&A成功事例
  3. 外食コンサル・設計のM&Aの際の売却相場
  4. 外食コンサル・設計のM&Aの際におすすめの相談先
  5. 外食コンサル・設計のM&Aの際に相談先を選ぶポイント
  6. 外食コンサル・設計のM&A・事業承継を成功させるコツ
  7. まとめ

外食コンサル・設計のM&A・売却・事業承継

外食コンサル・設計

最初に外食コンサル・設計の業務の特徴やM&A、事業承継について解説していきます。

外食コンサル・設計とは

外食コンサル・設計とはレストランや居酒屋などのような飲食店の経営をサポートしたり、客席や店内のデザインなどを手掛けるコンサルティング会社を指します。

外食コンサル・設計が手掛ける業務の範囲は幅広く、繁盛する店になるように経営の基本的な部分のコンサルティングを行ったり、メニューの開発やサービスの考案、スタッフの接客へのアドバイス、お店の設計やデザインなどさまざまなものがあります。

飲食店は提供される料理だけでなく、スタッフのサービスや店内の雰囲気など、さまざまな要素が重要になる事業です。どれもおろそかにしてしまうと、客足が遠のく恐れがあります。

そして、外食コンサル・設計はそのような重要な要素の考案や設計を引き受け、飲食店が繁盛する最短の道を提示する事業といえるでしょう。

M&A・売却とは

M&Aとは会社の売却や買収を行うことにより、会社同士の経営統合や合併を実現する経営手法のことをいいます。

かつてはM&Aといえば、「会社を売り払う」というネガティブなイメージがあったため、忌避する経営者も少なくありませんでした。しかし、2000年代からM&Aによって経営規模の拡大に成功した会社が話題になると同時に、一般化が進むようになりました。

今ではM&Aは大企業だけでなく、中小企業や零細企業も使う一般的な経営手法となっています。

事業承継とは

日本でのM&Aの一般化に一役買ったといっても過言ではないのが、事業承継です。

本来、事業承継は経営者が自身の子供や親族に経営権を譲る行為を指しますが、昨今は少子高齢化の影響で従来の事業承継ができなくなるケースが増えています。

とりわけ後継者不在の問題は中小企業や零細企業を中心に増えており、高齢化した経営者が事業承継できず、引退すると同時に会社を廃業するケースも少なくありません。

そのような状況で注目されているのがM&Aによる事業承継です。

M&Aは他の会社に経営権を渡す行為であるため、たとえ後継者がいなくても事業承継ができるようになります。そのため、後継者不在の会社でも事業承継が実現できる可能性が高まるわけです。

【関連】飲食業界のM&A

外食コンサル・設計のM&A成功事例

外食コンサル・設計のM&A成功事例

ここでは、外食コンサル・設計会社のM&Aの成功事例をご紹介します。

【外食コンサル・設計のM&A事例】

  1. インスタイルグループがイルムスジャパンを買収
  2. アクトコールがビーブランドを買収
  3. ダイヤモンドダイニングがゼットンを買収

1.インスタイルグループがイルムスジャパンを買収

インスタイルグループ

2019年にインスタイルグループは、イルムスジャパンの買収を行いました。

インスタイルグループは外食コンサルをはじめ、生活に関わるさまざまな事業分野のコンサルティングを行っているグループです。

対してイルムスジャパンはインテリア雑貨を取り扱う事業を手掛けています。しかし、イルムスジャパンは業績が低下しており、なかなか状況の打開策を見いだせずにいました。そのため、M&Aの実施を模索していました。

そのようなイルムスジャパンにシナジー効果を得る余地があると判断したため、インスタイルグループはM&Aを実行しています。

2.アクトコールがビーブランドを買収

アクトコール

2016年にアクトコールは、ビーブランドを買収しました。

ビーブランドは外食コンサル・設計を手掛けており、アクトコールは暮らしに関するプラットフォームの構築を目指しています。

アクトコールはビーブランドを買収することで、外食コンサル・設計に関するノウハウを取り込み、飲食事業の強化を実現しています。

3.ダイヤモンドダイニングがゼットンを買収

ダイヤモンドダイニング

2016年にダイヤモンドダイニングは、ゼットンに公開買い付けを実施しました。

外食コンサル・設計を行っているゼットンを買収することにより、ダイヤモンドダイニングは営業基盤の強化や新たなノウハウの獲得のみならず、既存のブライダル事業とのシナジー効果を得ることにも成功しています。

外食コンサル・設計のM&Aの際の売却相場

売却価格の算出

外食コンサル・設計の売却価格の算出方法は以下の通りです。

自社の売却価格の算出手段

売却価格の算出手段は「インカムアプローチ」「コストアプローチ」「マーケットアプローチ」という3種類の手段があり、これらを組み合わせることで実践します。

いずれも企業価値を算出する手法であり、総じて「バリュエーション」と呼ばれるプロセスでもあります。

M&Aの売却価格は企業価値をベースに、プレミアをつけられる部分があればその分価格は向上し、反対にリスクが発見されればその分売却価格は低下します。

どこにプレミアをつけるか、どのリスクを問題視するかは買い手と売り手の交渉次第といっても過言ではなく、売却価格の最終的な決定は交渉次第といえるでしょう。そのため、交渉が不得手な場合は理想的な売却価格がつけることが難しくなります。

売却価格算出はプロに任せるべき?

売却価格算出はなるべくプロに任せておくことがポイントです。

売却価格のベースとなる企業価値の算定は特殊な計算法や財務の知識が欠かせないものであり、経営者だけで行うには限度があります。そのため、プロのサポートは不可欠といえるでしょう。

幸いにもバリュエーションはM&A仲介会社などで積極的に請け負ってくれるため、依頼することは簡単です。中にはバリュエーションを無料で引き受けてくれることもあり、リーズナブルに任せることも可能です。

また、バリュエーションを終えた後の交渉でもプロの力を借りた方がいいでしょう。さきほどもお伝えしたように、最終的な売却価格は交渉で決まります。交渉での駆け引きが売却価格を左右するため、優れたアドバイザーの支援は得ておくべきでしょう。

【関連】会社売却の相場
【関連】バリュエーションとは?バリュエーションの方法と注意点

外食コンサル・設計のM&Aの際におすすめの相談先

おすすめの相談先

外食コンサル・設計会社がM&Aを行う際におすすめの相談先は以下の通りです。

  1. M&A仲介会社
  2. 地元の金融機関
  3. 地元の公的機関
  4. 地元の会計士・税理士・弁護士など
  5. マッチングサイト

1.M&A仲介会社

M&Aをサポートする専門家として真っ先に思いつくのが、このM&A仲介会社でしょう。M&A仲介会社には以下のようなものがあります。

株式会社M&A総合研究所

株式会社M&A総合研究所は日本最大のプラットフォームを持っており、豊富な情報が集まっているだけでなく、AIを用いたマッチングや弁護士・会計士・アドバイザーが連携してサポートを実施するなど、独自のサービスを提供しています。

加えて完全成功報酬制であり、同じ報酬体系の会社の中でも非常に高い評価を得ています。
 

サイトURL https://masouken.com/lp01
特徴 独自のサービスにより、完全成功報酬制の会社の中でもトップクラスの評価
手数料・報酬など 相談料:無料
着手金:無料
中間報酬:無料
成功報酬:レーマン方式
電話番号 0120-401-970

M&A・事業承継ならM&A総合研究所

株式会社IPO・M&Aコンサルタントグループ

創業から25年を超えた株式会社IPO・M&Aコンサルタントグループは、M&A仲介会社として高い評価を得ています。

IPO・M&Aコンサルタントグループは中堅・中小企業やベンチャー企業のM&Aを専門としており、培った経験や優れたノウハウを生かしてM&Aの成約を実現してくれます。
 

サイトURL http://ipoma-c-group.com/
特徴 25年の中で培った経験と優れたノウハウ
手数料・報酬など 着手金・中間金無料。最低手数料100万円
電話番号 03-5979-2349

フードスタジアム株式会社

フードスタジアム株式会社は元々外食専門のメディア運営などを行っている会社でしたが、外食業界専門のM&Aサイト「NOREN」を買収することにより、M&Aプラットフォーム「フースタM&A」の運営も行っています。

業界に特化したM&Aサイトは貴重なため、ぜひとも活用したいところです。
 

サイトURL https://food-stadium.com
特徴 外食専門のM&Aプラットフォームを運営
手数料・報酬など 要問合せ
電話番号 03-5778-9806

フォーバル事業承継

中小企業や零細企業の事業承継M&Aのサポートが欲しいのであれば、フォーバル事業承継がおすすめです。

フォーバル事業承継は多くの中小企業や零細企業の経営に関わってきた経験を活かし、クライアントの会社がより長く存続できるように有益なアドバイスを提供してくれます。
 

サイトURL https://www.forval.co.jp/
特徴 中小企業や零細企業の事業承継M&Aに特化
手数料・報酬など 要問合せ
電話番号 0120-37-4086

フロンティア・マネジメント株式会社

フロンティア・マネジメント株式会社は会計や法律、M&A、金融などさまざまな専門的知識を持つアドバイザーが在籍しており、良質なサポートを提供してくれます。

フロンティア・マネジメントであればM&Aだけでなく、経営支援やコンサルティングなども手掛けてくれます。
 

サイトURL https://www.frontier-mgmt.com/
特徴 M&Aや経営支援などさまざまなサービスを提供
手数料・報酬など 要問合せ
電話番号 03-6862-5180

2.地元の金融機関

地元の会社とのM&Aを考えているのなら、地元の金融機関がおすすめの相談先です。

最近の金融機関はM&Aのサポートを積極的に行っており、高い実績を得ている金融機関も少なくありません。他方で、金融機関がM&A仲介会社などと提携しているケースが増えており、M&A仲介会社を経由して金融機関のネットワークを活用できる場面もあります。

ただ、金融機関の中には営業目的でM&Aをすすめてくるケースもあるため、注意が必要です。

3.地元の公的機関

事業承継M&Aを考えているなら地元の公的機関を活用してみましょう。

商工会議所や事業引継ぎ支援センターは外部の後継者探しに協力してくれるだけでなく、優れたM&A仲介会社の紹介もしてくれます。

公的機関の紹介なら信頼できる業者を見つけやすいため、M&A仲介会社を探す際にもおすすめです。とりわけ経営革新等支援機関に認定されているM&A仲介会社であれば、安心して利用できるだけでなく、経営の建て直しにも積極的に協力してくれます。

4.地元の会計士・税理士・弁護士など

会計士・税理士・弁護士などのような士業がM&Aをサポートしてくれるケースもあります。

士業はそれぞれ専門的な知識を有しており、デューデリジェンスのような場面で力を発揮してくれるでしょう。

また、士業がM&A仲介会社を運営していたり、提携していることも多くなっています。そのようなM&A仲介会社にサポートを依頼すれば、より充実したサポートを受けられるでしょう。

5.マッチングサイト

M&A仲介会社が運営しているマッチングサイトもM&Aでは大いに役立ちます。

マッチングサイトの強みはインターネットでM&Aの交渉を完結させることができる手軽さと、売り手なら料金がほとんどかからないリーズナブルさです。

ただ、マッチングサイトは専門家の助力が得られないこともあるため、サポートが欲しい際は別料金で依頼する必要があります。

もしサポートを受けることを前提にしたいなら、M&A仲介会社に依頼した方がいい場合もあります。

【関連】事業引継ぎ支援センターに相談するのは危険?仲介会社との違いは?

外食コンサル・設計のM&Aの際に相談先を選ぶポイント

相談先を選ぶポイント

外食コンサル・設計がM&Aの相談先を選ぶ場合、以下のようなポイントが挙げられます。

  1. 自社と同規模のM&Aを過去に取り扱っている
  2. 外食コンサル・設計に関連したM&Aを行った経験がある
  3. M&Aに精通した知識がある
  4. 買収先の紹介・選定・仲介を行ってくれる
  5. 相性がよく信頼できる

1.自社と同規模のM&Aを過去に取り扱っている

M&A仲介会社のような専門家に相談する場合、自社と同規模のM&Aを過去に取り扱っているかどうかを注目しましょう。

M&A仲介会社は請け負うM&A案件の規模が異なっていることがあり、中には大企業のみを引き受ける、逆に中小企業や零細企業のM&Aのみを引き受ける業者があります。

もし自社と異なる規模のM&Aを専門としている場合、サポートを断られてしまう恐れがあります。

対して、自社と同規模のM&A案件を専門的に扱っている業者であれば、より手厚いサポートを受けられるようになるでしょう。

2.外食コンサル・設計に関連したM&Aを行った経験がある

外食コンサル・設計会社がM&Aのサポートを依頼するのであれば、やはり同じ業界・業種のM&Aを手掛けた経験がある専門家がいいでしょう。

外食コンサル・設計業界のM&Aであれば、業界特有の慣例や業務の特徴を知っている方が交渉がスムーズに進みやすくなります。そのため、すでに外食コンサル・設計会社のM&Aを支援した経験がある業者であれば、安心してM&Aを託しやすくなるでしょう。

外食コンサル・設計会社は幅広い業務を手掛けているため、なかなか業務内容を熟知している専門家が少ないイメージがあるかもしれません。

しかし、最近はあらゆる業界・業種に精通していたり、特定の業界・業種に特化している専門家も多いため、ニーズとマッチした相談先を見つけやすくなっています。

3.M&Aに精通した知識がある

これはある意味当然のことですが、専門家にM&Aに精通した知識があるかどうかは必ず確認しておかなければならないことです。

M&Aに関する基礎的な知識はM&A仲介会社のみならず、経営コンサルティング会社や会計士、税理士などさまざまな業者も持っているものであり、彼らがM&Aのサポートをしてくれることも珍しくありません。

ただ、M&Aに関する最新の情報を有しているかどうかはまた別の話です。

M&Aに関する法規制や税制は度々変わることがあり、改正された法規制・税制を専門家が正確に把握しているとは限りません。

また、業界のM&Aの動向も変化するものであり、それを理解しているかどうかも重要なポイントでしょう。そのため、専門家を選ぶ際は、M&Aにどれだけ精通しているかをチェックしておくようにしましょう。

もし専門家の知識に不安があった際には、セカンドオピニオンを得ることがおすすめです。

4.買収先の紹介・選定・仲介を行ってくれる

独自のネットワークを生かし、買収先の紹介・選定・仲介を行ってくれるかどうかもチェックすべきポイントです。

M&Aは理想的な買い手・売り手と出会えるかどうかが重要であり、それが成約に直結するといっても過言ではありません。理想的な買い手・売り手が見つからなければ経営統合が上手く進みませんが、交渉に入る前にM&Aが頓挫してしまう恐れもあります。

理想的な買い手・売り手と出会える可能性を上げたいのであれば、買収先の紹介・選定・仲介を行ってくれる専門家を見つけることがおすすめです。

最近はマッチングサイトを経営しているM&A仲介会社も多く、そのような業者であれば多くの案件の情報が集まっているため、良質な紹介・選定・仲介を受けられます。

5.相性がよく信頼できる

かなり基本的な事柄ですが、相談先と相性が合うかどうか、信頼できる相手かどうかは欠かせないポイントといえます。

M&Aが会社の今後に関わる重要な場面になり得る以上、専門家が経営者の今後の経営計画や抱えている苦悩を話せる相手であるかどうかは重要なことです。相性が悪く、信頼できない相手ではM&Aを進めることも難しくなるでしょう。

そのため、実際に専門家と会って話してみて、相性を確かめてからサポートを依頼するようにしましょう。

【関連】会社を売ります/買います。M&A・事業承継の流れや仲介会社を解説【案件一覧あり】

外食コンサル・設計のM&A・事業承継を成功させるコツ

M&A・事業承継を成功させるコツ

外食コンサル・設計会社がM&A・事業承継を成功させるコツは以下の通りです。

  1. 事業の価値や強み、実績をアピールする
  2. M&Aを行う目的を明確にする
  3. M&A先の選定を行う
  4. 情報の漏洩には注意する
  5. M&Aの専門家に相談する

1.事業の価値や強み、実績をアピールする

交渉の場では、的確に事業の価値や強み、実績をアピールするようにしましょう。

M&Aはあくまで会社を売買する行為であるため、「商品」である会社の価値を買い手が理解しなければ買収に踏み切ることはありません。

買い手を買収に前向きにさせるには、いかに事業の価値や強み、実績をアピールできるかがポイントとなります。

事業の価値や強み、実績は時として経営者だけが考えるよりも、客観的な視点を得てから初めて見つけられることもあります。専門家と相談しつつ、見つけた価値や強み、実績をより的確に伝えられるようにまとめておきましょう。

2.M&Aを行う目的を明確にする

M&Aを行うのであれば、その目的を明確にしておくことがおすすめです。

「事業規模を拡大したい」「経営不振から脱したい」「事業承継したい」といった安直な目的だけでは買い手に足元を見られたり、軽視されるような事態につながります。

何よりM&Aの本質は異なる会社同士が経営統合を行う点にあります。そのため、買い手と売り手が経営統合を行うことを見越したうえで経営計画を立てておかなければなりません。

そのため、M&Aの目的は「経営統合を行ったうえでどのような経営を行っていくか、どのような利益を得ていくか」を踏まえたうえで明確化する必要があります。

3.M&A先の選定を行う

買い手や売り手の選定も丁寧に行っておくようにしましょう。この際、気を付けておきたいのはM&Aの相手との相性です。

さきほど「外食コンサル・設計のM&Aの際に相談先を選ぶポイント」でもお伝えしたように、相性はM&Aの相手との間でも重要なファクターになります。

なぜならM&Aは自社の機密を開示することもあれば、共に経営を行っていくことを決めていくプロセスでもあるからです。

自分と相手の会社それぞれが手を取り合い、共に進んでいくことは、信頼に足る相手ではできないことです。もし相性が悪く、経営方針も異なるような相手であると実現は不可能でしょう。

そのため、M&Aの買い手・売り手を選ぶ際には実際に会談を行い、相手と自分の相性を入念にチェックしておくことがおすすめです。

4.情報の漏洩には注意する

M&Aを行う際は、情報の漏洩には注意しておきましょう。

さきほども触れましたが、M&Aは重要機密の開示を行う場面もあり、情報管理にはひときわ注意を払わなければならないものです。買い手と売り手双方が情報の管理に気を付けなければ、情報漏洩によって大きな損害が発生することになりかねません。

また、M&Aを行ううえで気を付けておきたいのが「M&Aを行うことそれ自体の情報の守秘」です。

M&Aは会社の組織体制を一変させるほど影響力が大きく、何の脈絡もなく行うことを知れば従業員や取引先が嫌がる可能性もあります。そのため、通常M&Aは全てのプロセスを一切秘匿したまま行われます。

そして、従業員や取引先への説得材料を作り、最終契約を締結した段階で実行を公開することが一般的です。

5.M&Aの専門家に相談する

何度も繰り返していますが、M&Aの専門家に相談することはM&Aを成功するうえで欠かせないことです。

これまでさまざまな専門家を紹介してきましたが、一概に専門家に優劣をつけることはできません。あくまで経営者として、どのような相手が信頼に足るかどうかを基準に選ぶようにしましょう。

また、専門家を選ぶ際には報酬ばかりに気を取られないようにしましょう。

少ないですが、M&Aの専門家の中には悪質な業者もいます。そのような業者は安い報酬をうたって、利益が伴わないM&Aを実現しようとしてきたり、自分の都合を優先した契約を結んでくることがあります。

M&Aを成功させたいのであれば、報酬だけでなく実績や評判にも着目しておくようにしましょう。

まとめ

まとめ

外食コンサル・設計会社にとってもM&Aはいずれ経験し得るものであり、実際に行った事例も多くあります。

【外食コンサル・設計のM&A事例】

  1. インスタイルグループがイルムスジャパンを買収
  2. アクトコールがビーブランドを買収
  3. ダイヤモンドダイニングがゼットンを買収

【外食コンサル・設計のM&Aの際に相談先を選ぶポイント】
  1. 自社と同規模のM&Aを過去に取り扱っている
  2. 外食コンサル・設計に関連したM&Aを行った経験がある
  3. M&Aに精通した知識がある
  4. 買収先の紹介・選定・仲介を行ってくれる
  5. 相性がよく信頼できる

【外食コンサル・設計のM&A・事業承継を成功させるコツ】
  1. 事業の価値や強み、実績をアピールする
  2. M&Aを行う目的を明確にする
  3. M&A先の選定を行う
  4. 情報の漏洩には注意する
  5. M&Aの専門家に相談する

ただ、M&Aは予備知識なしで行うことは難しいものです。

実際に行う際には、完全成功報酬制でリーズナブルにM&AをフルサポートするM&A総合研究所にご相談ください。

M&A・事業承継のご相談ならM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談なら専門の会計士のいるM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. M&Aに強い会計士がフルサポート
  3. 圧倒的なスピード対応
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は会計士が運営するM&A仲介会社です。
企業会計に強く、かつM&Aの実績も豊富です。全国にパートナーがいるので案件数も豊富。
また、業界最安値水準の完全成果報酬制のため、M&Aが成約するまで完全無料になります。
まずはお気軽に無料相談してください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

電話で無料相談
0120-401-970
WEBで無料相談
M&Aのプロに相談する
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
ご相談はこちら
(秘密厳守)