2020年4月14日更新業種別M&A

居酒屋におけるM&Aの売却/買収事例とは?買う・売る方法、費用の相場を解説

居酒屋業界では、若年層のアルコール離れなどによりM&A実施を検討すべきケースが多く見られます。居酒屋を存続させるには、利用者のニーズ・価格意識などを踏まえたうえで、M&Aなどの経営戦略を構築することが大切です。今回は、居酒屋のM&A事例を中心に紹介します。

目次
  1. 居酒屋のM&A
  2. 居酒屋業界の現状・動向
  3. 居酒屋業界でM&Aが実施される理由
  4. 居酒屋業界のM&A相場・費用
  5. 居酒屋をM&Aで買収するメリット
  6. 居酒屋をM&Aで売却するメリット
  7. 居酒屋業界のM&A成功事例
  8. まとめ
  • 今すぐ買収ニーズを登録する
  • 公認会計士がM&Aをフルサポート まずは無料相談

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
居酒屋のM&A・事業承継

居酒屋のM&A

はじめに、基本情報として居酒屋およびM&Aの定義を解説します。

居酒屋とは

居酒屋とは、日本式の酒場であり、酒類・料理などを提供する店舗のことです。バーなど洋風の酒場では主に洋酒が提供される一方で、居酒屋ではビール・チューハイ・日本酒などが主に提供されています。また、バーと比較すると、多種多様な料理が提供される点も特徴的です。

以前は幅広い料理を安価で提供する居酒屋チェーン店が主流でしたが、最近では特定料理に特化した店舗や、地域性を前面に打ち出す店舗なども多くの人気を集めています。

M&Aとは

M&A(Mergers and Acquisitions)とは、合併と買収を意味する言葉です。会社の売買や合併を実施する行為を表しており、最近では企業が採用する経営戦略の1つとして浸透しています。

売り手からすると、事業承継・資金調達・コア事業への集中・自社の存続などを目的にM&Aを実施するケースが多いです。対する買い手は、一般的に事業規模の拡大・新規事業への参入などを目的にM&Aを検討します。最近では、居酒屋が取引対象となるM&A事例も増加中です。

※関連記事
居酒屋の事業承継とは?事業承継課題や事例を解説
M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!

居酒屋業界の現状・動向

ここでは、居酒屋業界の現状・動向について以下の項目に分けて解説します。

  1. 個人経営から大手チェーンまで幅広く存在
  2. 全体的な客数の減少
それぞれの項目を順番に見ていきます。

①個人経営から大手チェーンまで幅広く存在

繁華街を中心として街中には多くの居酒屋が軒を連ねていますが、特に駅周辺エリアには大手チェーンの居酒屋が数多いです。一方で他のエリアでは個人経営の居酒屋も多く見られることから、居酒屋の業態・特徴は多岐にわたっているといえます。

つまり、1店舗のみを運営する個人経営者がいる一方で、複数店舗を展開する大手居酒屋チェーン店も存在する業界です。そのほか、特定地域で多く見られる居酒屋もあれば、全国展開する居酒屋もあります。最近では、ひと口に居酒屋といっても、さまざまな業態・特徴が見られるのです。

②全体的な客数の減少

日常生活に浸透している居酒屋ですが、最近では業界全体で客数の減少が問題視されています。若年層のアルコール離れ・健康志向の広まり・節約志向の強まりなどの理由によって、お酒そのものに対する需要が伸び悩んでいる状況です。

今後は国内の人口がますます減少する見込みであるため、酒業界全体で市場縮小が急速に進行するおそれがあります。居酒屋業界も例外ではなく、居酒屋の客数減少はますます進行する見込みです。

さらには、家飲み需要の増加・ファミレスでの酒類提供開始なども、居酒屋の客数を減少させる要因として捉えられています。たとえお酒に対する需要が維持されたとしても、「わざわざ居酒屋でお酒を飲まなくてもいい」という価値観が広まれば、居酒屋は大打撃を受けてしまうのです。

上記のように最近ではさまざまな要因で居酒屋の客数が減少する傾向にありますが、こうした動向が居酒屋同士の競争を激化させる要因ともなっています。居酒屋には、以前にも増して、利用者のニーズ・価格意識などに沿った柔軟な経営戦略が求められているのです。

今後も居酒屋を存続させていくには、メニュー・価格帯などで独自の強みを持つ必要性があります。

※関連記事
飲食店のM&Aの金額や相場とは?売却、買収の流れや事例を解説
清酒酒造・日本酒業界M&Aの売却/買収事例とは?買う・売る方法、費用の相場を解説

居酒屋業界でM&Aが実施される理由

居酒屋業界でM&Aが実施される代表的な理由は、以下のとおりです。

  1. 競争力を強化するため
  2. 経営上の問題を解決するため
それぞれの理由を順番に見ていきます。

①競争力を強化するため

同業者同士でM&Aを実施すると、双方のノウハウ・サービス体制・事業エリアなどを活用できます。これにより財務基盤の強化・事業規模の拡大などがかなうために、同業他社との競争力強化を図ることが可能です。

特に近年の居酒屋業界では同業他社との競争が激化していることから、居酒屋を運営する会社同士が競争力の強化を図る目的でM&Aを実施するケースが多く見られます。こうしたケースでは、提供メニューや事業エリアの拡大だけでなく、物流面でのシナジー効果獲得などのメリットも享受可能です。

②経営上の問題を解決するため

居酒屋業界をはじめとする中小企業では、M&Aにより経営改善を図るケースも多く見られます。中小企業では、大手企業に比べると経営が不安定になりやすいです。大手企業のような豊富な資金力を持っておらず、財務基盤が安定しにくい傾向があります。

上記は、個人経営の店舗においても同様に見られる傾向です。M&Aにより居酒屋を他社に売却すれば、安定した経営状況のもとで事業を継続できるメリットが得られます。例えば、豊富な資金力を持つ大手企業に売却して傘下に入ると、安定した財務基盤のもとで引き続き事業を展開可能です。

たとえ大手企業でなくとも、居酒屋経営に大きな貢献が期待できる資金力を持つ企業に売却できれば、経営の安定化につながります。また、中小企業・個人経営の場合、居酒屋経営を引き継ぐ後継者が見つからない問題に悩まされるケースも多いです。

高齢の経営者のもとで経営を継続させるのは困難であり、後継者が見つからない場合には廃業が選ばれます。こうした事態を防ぐには、M&Aで他社に売却して経営を任せる方法が効果的です。信頼できる企業に売却して経営を任せられれば、経営者は安心して引退できます。

以上のことから、中小企業や個人経営の居酒屋を中心に、経営上の問題を解決するためのM&Aが今後さらに増加する見込みです。

※関連記事
M&Aの目的とは?売り手(売却)、買い手側(買収)におけるM&Aの目的を解説
経営に求められる判断

居酒屋業界のM&A相場・費用

居酒屋のM&A・事業承継
居酒屋のM&A・事業承継

居酒屋1店舗を取引対象とするM&Aでは、100万円〜250万円程度が取引相場の目安とされています。その一方で、大手企業同士のM&A事例であれば、取引価格がより高額となりやすいです。

居酒屋のM&A取引価格を決定する要素としては、売上高・ブランド力・店舗数・設備などが挙げられます。詳細に取引価格を把握したい場合には、自社・自店舗の状況と類似する事例を参照して目安を付けると良いです。

具体的には、事例ごとに、M&Aの目的・M&A当事者の規模・対象事業の内容・お店の業績・従業員やスタッフの数、M&A手法などを確認します。そして自社の状況と類似する事例をピックアップ・分析すれば、相場・費用の目安を付けることが可能です。

取引価格の相場を考慮せずにM&Aを進めると、想定していた価格で売却できないトラブルが発生するおそれがあります。一方の買い手側からしても、想定外に費用が発生する事態につながり、M&A後の事業運営に大きな支障が生じかねません。

もしも居酒屋業界のM&A相場・費用についてお悩みでしたら、M&A総合研究所にお任せください。M&A総合研究所には、公認会計士をはじめM&Aの専門スタッフが多数在籍しており、居酒屋のM&A相場・費用について丁寧にお調べいたします。

国内最安値の手数料体系に強みがあるほか、完全成功報酬制を採用しているため、成約に至らない限り費用は一切発生いたしません。相談料は無料となっておりますので、居酒屋のM&Aに関する相場・費用に疑問があればお気軽にご相談ください。

>>【※実績豊富なスタッフ多数在籍】M&A仲介サービスはこちら

※関連記事
居酒屋の売却額とは?売却方法や価額の上げ方を解説!
M&Aの費用

居酒屋をM&Aで買収するメリット

居酒屋M&Aにおける買い手側に注目すると、同業者を相手方とする事例が比較的多く見られます、居酒屋・居酒屋を展開する同業者を買収すれば、双方の事業エリア・サービス体制などを活かしながら、財務基盤の強化・事業規模の拡大・競争力強化などを期待可能です。

例えば、特定の地域で居酒屋を複数店舗展開する企業を想定します。この企業が未進出のエリアで居酒屋を複数展開する企業を買収すれば、比較的に短期間で事業エリアを拡大可能です。

もちろん自社のみで新たなエリアに進出できますが、対象エリアに強みを持つ居酒屋・居酒屋を展開する同業者を買収すれば、自社のみで進出するケースと比べて時間・手間などを大幅に削減できます。

特に対象エリアで居酒屋を複数店舗展開する同業者を買収すれば、グループ事業として店舗数を急速に拡大可能です。

居酒屋をM&Aで買収するときのポイント

居酒屋・居酒屋を展開する同業者であれば、どのような企業・事業者を買収先に選んでも良いわけではありません。自社の事業強化などにつなげるには、シナジー効果を十分に獲得できるのか吟味したうえで買収対象を決める必要があります。

そのためには、まず買収目的を明確にするプロセスが必要不可欠です。もともと買収は、他社を自社の傘下として迎えるため、高いリスクが伴います。買収対象が債務などを多く抱えている場合には、リスクがより高まりやすいです。

上記の点を踏まえて、買収を検討したら、相手先候補の業績などを確認したうえで、目的どおりのシナジー効果を獲得できるのか慎重に検討する必要があります。

※関連記事
M&Aのメリットとは?買い手・売り手のメリットやM&A戦略策定・手法別のメリットを紹介
M&A失敗例から学ぶ成功のポイント

居酒屋をM&Aで売却するメリット

居酒屋を売却する場合、期待できるメリットは他業界のM&Aと類似しています。居酒屋M&Aにおいて売り手が期待できる主なメリットは、財務基盤の安定化・後継者問題の解決などです。

居酒屋をはじめとする中小企業では全体的に資金繰りに苦労するケースが多く、経営の継続が困難な状況に立たされる企業も増えています。日々の運転資金を確保するだけで精一杯という店舗・企業も多いですが、M&Aで大企業の傘下に入れば大手の資本から援助を受けることが可能です。

居酒屋をM&Aで売却するときのポイント

売却を成功させるには、自店舗・自社の強みや魅力を十分にアピールする準備をしておく必要があります。強みや魅力をアピールする行為は、M&A取引を有利に進めるうえで必要であり、M&Aの成否を大きく分ける部分でもあるのです。買い手が売り手に魅力を感じない限り、売却は成立しません。

売却を成立させるには、強み・魅力が伝わるよう効果的にアピールする必要があります。ひと口に居酒屋といっても、取り扱いメニュー・得意なお酒の分野などは多種多様です。自店舗・自社が得意とする分野を再確認・整理しておくことで、買い手は売り手の魅力を即座に把握できます。

売却では買い手に経営を任せることになるため、買い手となる企業の情報収集も大切です。安心して経営を任せられる相手なのか、買い手の事業内容・事業方針・業績などを踏まえて、総合的に判断する必要があります。

※関連記事
居酒屋の事業譲渡・売却のポイント!手続き方法や手数料も解説!
会社売却のメリット・デメリットとは?方法、相場、税金も紹介

居酒屋業界のM&A成功事例

最後に居酒屋業界の代表的なM&A成功事例として、最新事例から順番に紹介します。

  1. フジオフードシステムによる暮布土屋の子会社化
  2. チムニーによるシーズライフの子会社化
  3. 梅の花によるテラケンの子会社化
  4. SFPホールディングスによるジョー・スマイルの子会社化
  5. やまやによるつぼ八の子会社化
それぞれのM&A事例を詳しく見ていきます。

①フジオフードシステムによる暮布土屋の子会社化

2019年11月、フジオフードシステム(大阪府大阪市)は、暮布土屋(くらふとや:兵庫県芦屋市)をM&Aによる買収で子会社化すると発表しました。買収手法は株式譲渡(取引価格非公開)であり、発行済み株式の90%を取得しています。

買い手であるフジオフードシステムは飲食事業を手掛けており、「まいどおおきに食堂」「神楽食堂 串家物語」「手作り居酒屋 かっぽうぎ」「つるまる」などを展開する会社です。

売り手の暮布土屋は関西を中心に直営店7店舗・のれん分け2店舗を展開する蕎麦専門店であり、2016年~2018年のミシュランガイドに掲載された経歴を持っています。本件M&Aは、買い手からすると、蕎麦業態での店舗展開を目指した事例です。

今後は、将来的な主力店舗とすべく、立地に合わせた幅広い出店・主力業態への波及を図っていくものと見られます。

②チムニーによるシーズライフの子会社化

2019年11月、チムニー(東京都台東区)は、シーズライフ(東京都渋谷区)をM&Aによる買収で子会社化すると発表しました。買収手法は株式譲渡(取引価格非公開)であり、発行済み株式のすべてを取得しています。

買い手であるチムニーは、「はなの舞」「さかなや道場」などの居酒屋を展開する会社です。売り手のシーズライフは、東京関東圏を中心に焼肉店10店舗・居酒屋1店舗を運営しています。

本件M&Aは、買い手からすると、焼肉業態をグループの傘下に取り込んでグループのさらなる発展を目指した事例です。

③梅の花によるテラケンの子会社化

2019年3月、梅の花(福岡県久留米市)は、テラケン(東京都江東区)をM&Aによる買収で子会社化すると発表しました。買収手法は株式譲渡(取引価格非公開)であり、発行済株式の一部を取得したうえで連結子会社化しています。株式譲渡実行日は、同年5月24日とされました。

買い手である梅の花は、和食レストランの運営などを手がける会社です。外食事業として「湯葉と豆腐の店 梅の花」「和食鍋処 すし半」を展開するほか、テイクアウト事業として「古市庵」「梅の花」も展開しています。

売り手のテラケンは、海産物料理の居酒屋「さくら水産」を展開する会社です。そのほか「大衆酒屋 てらけん本家」「豊漁居酒屋 わっしょい」なども展開しており、海鮮に強い居酒屋として確固たる地位を築いています。

本件M&Aは、買い手からすると、購買面・物流面でのシナジー効果獲得を目指したほか、組織活性化・財務基盤の拡大なども図った事例です。なお、本事例は、当事会社の理念が合致していた点にも特徴が見られます。

梅の花は、顧客のニーズに応えたうえで、従業員の幸福も重要視した事業展開に特徴がある会社です。対するテラケンも顧客と従業員の幸福を重視する理念を掲げており、梅の花はテラケンの理念と自社の理念が共通している点に魅力を感じました。

④SFPホールディングスによるジョー・スマイルの子会社化

2019年1月、SFPホールディングス(東京都世田谷区)は、ジョー・スマイル(熊本県熊本市)をM&Aによる買収で子会社化すると発表しました。買収手法は株式譲渡(取引価格非公開)であり、同年3月にジョー・スマイルはSFPホールディングスに加盟しています。

買い手であるSFPホールディングスは、海鮮居酒屋「磯丸水産」を運営する持株会社です。そのほかにも、手羽先唐揚専門店「鳥良」「きづなすし」など、豊富なブランドを有しています。

さらにSFPホールディングスは、地方都市で豊富な居酒屋経営ノウハウを持つ企業と資本提携を結んだうえで、主力ブランドを提供して成長を支援する「SFPフードアライアンス構想」を掲げる会社です。

具体的には、ブランド運営を提携先に委託する一方で、提携先の独自ブランドの育成・強化・広域展開などをサポートするという構想を掲げています。本件M&Aは、SFPフードアライアンス構想の一環として実施された事例です。

SFPホールディングスでは、将来的に「SFPフードアライアンス」を日本全国から世界各国に広げて、提携先とのブランド相互提供も含めた企業価値向上などを進めると発表しています。売り手のジョー・スマイルは、居酒屋「前川水軍」などを展開する会社です。

本件M&Aによって、売り手側ではブランドを合わせた事業展開が進められており、今後は熊本から九州全体への事業展開を進められるものと見られます。

⑤やまやによるつぼ八の子会社化

2018年10月、やまや(宮城県仙台市)は、つぼ八(東京都中央区)をM&Aにより買収すると発表しました。厳密には、やまやと連結子会社チムニーによる共同での株式取得(取引価格非公開)です。本件M&Aにより、つぼ八はやまやの連結子会社となっています。

買い手であるやまやは、酒類・食料品の小売や卸売などを手がけており、酒販専門店を全国330店舗(平成30年10月29日現在)展開する会社です。やまやの連結子会社であるチムニーは、「はなの舞」「さかなや道場」などの居酒屋を展開しています。

売り手のつぼ八は飲食店経営・食品加工販売・フランチャイズ事業などを手がけており、「つぼ八」「伊藤課長」などの居酒屋を展開する会社です。本件M&Aは、買い手からすると、国内居酒屋チェーン有数の運営店舗数確保を目指した事例といえます。

上記のほか、双方の物流・商品供給力・メニュー作成力・地域特性を活かした営業力強化などが進められている事例です。

※関連記事
M&A成功事例とは?大手・中小企業、スタートアップやベンチャー企業のM&A成功事例を解説
M&A成功企業の戦略と事例

まとめ

居酒屋は日常生活に浸透している店舗ですが、近年は若年層のアルコール離れなどを理由に客数が減少傾向にある状況です。たとえ人気を集める居酒屋業界であっても、経営状態によってはM&A実施を検討すべきケースが見られます。

居酒屋を存続させるには、利用者のニーズ・価格意識などを踏まえたうえで、M&Aなどの経営戦略を構築することが大切です。そして居酒屋のM&Aを成功させるには、業界・M&A動向などをこまめにチェックしたうえで、多角的な視点から分析する必要があります。

要点をまとめると、以下のとおりです。

・居酒屋とは
→酒類や料理などを提供する日本式の酒場(店舗)

・居酒屋業界の現状・動向
→個人経営から大手チェーンまで幅広く存在、全体的な客数の減少

・居酒屋業界でM&Aが実施される理由
→競争力を強化するため、経営上の問題を解決するため

・居酒屋業界のM&A相場
→居酒屋1店舗を取引対象とするM&Aでは100万円〜250万円程度となるケースが多い

・居酒屋をM&Aで買収するときのポイント
→買収目的を明確にしておく、目的どおりのシナジー効果が獲得できるのか慎重に検討する

・居酒屋をM&Aで売却するときのポイント
→自店舗(自社)の強みや魅力を十分にアピールする準備をしておく、買い手の事業内容や事業方針や業績などを踏まえて売却実施を総合的に判断する

M&A・事業承継のご相談なら24時間対応のM&A総合研究所

M&A・事業承継のご相談は完全成功報酬制(成約まで完全無料)のM&A総合研究所にご相談ください。
M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴をご紹介します。

M&A総合研究所が全国で選ばれる4つの特徴

  1. 業界最安値水準!完全成果報酬!
  2. 経験豊富なM&Aアドバイザーがフルサポート
  3. 最短3ヶ月という圧倒的なスピード成約
  4. 独自のAIシステムによる高いマッチング精度
>>M&A総合研究所の強みの詳細はこちら

M&A総合研究所は、M&Aに関する知識・経験が豊富なM&Aアドバイザーによって、相談から成約に至るまで丁寧なサポートを提供しています。
また、独自のAIマッチングシステムおよび企業データベースを保有しており、オンライン上でのマッチングを活用しながら、圧倒的スピード感のあるM&Aを実現しています。
相談も無料ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>【※国内最安値水準】M&A仲介サービスはこちら

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine

あなたにおすすめの記事

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは?M&Aの意味から手続きまでをわかりやすく解説!【図解あり】

M&Aとは、「合併と買収」という意味を表す言葉です。昨今、M&Aは経営戦略として人気を集めており、実施件数は年々増加しています。経営課題解決のために、前向きにM&Aを考えてみてください。M&A仲...

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収とは?意味やメリット・デメリット、M&A手法や買収防衛策を解説します

買収には、友好的買収と敵対的買収があります。また、買収には「株式を買収する場合」「事業を買収する場合」の2種類があります。メリット・デメリットをしっかり把握し、知識を得て実施・検討しましょう。

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

現在価値とは?計算方法や割引率、キャッシュフローとの関係をわかりやすく解説

M&Aや投資の意思決定をするうえで、現在価値の理解は欠かせません。現在価値とは今後得られる利益の現時点での価値を表す指標であり、将来の利益を期待して行う取引・契約・投資で重要な概念です。今回は、...

株価算定方法を解説します

株価算定方法を解説します

株価算定方法は、多種多様でそれぞれ活用する場面や特徴が異なります。マーケットアプローチ、インカムアプローチ、コストアプローチといった株価算定方法の種類、株価算定のプロセスについて詳細に解説します...

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

赤字になったら会社はつぶれる?赤字経営のメリット・デメリット、赤字決算について解説

法人税を節税するために、赤字経営をわざと行う会社も存在します。会社は赤字だからといって、倒産する訳ではありません。逆に黒字でも倒産するリスクがあります。赤字経営のメリット・デメリットを踏まえ経営...

関連する記事

会計士・税理士事務所の事業承継マニュアル!流れや相談先、成功事例

会計士・税理士事務所の事業承継マニュアル!流れや相談先、成功事例

近年は、後継者不足の影響で事業承継が進められず、廃業・閉鎖するケース会計事務所が増えています。次の世代に事業を引き継ぐためには、計画を立てて準備をしておく必要があります。今回は、会計事務所の事業...

家具業界のM&A・事業譲渡・買収!動向・流れ・注意点を解説【事例あり】

家具業界のM&A・事業譲渡・買収!動向・流れ・注意点を解説【事例あり】

バブル崩壊以降は縮小が続いていた家具業界ですが、近年はニトリや良品計画等の台頭などによって、再拡大の局面に入っています。また、M&Aによる他業界からの新規参入も増えています。本記事では、喫緊の家...

塗装工事会社のM&A・事業承継!業界動向・相場・注意点を解説【事例あり】

塗装工事会社のM&A・事業承継!業界動向・相場・注意点を解説【事例あり】

現在、塗装工事会社の多くは慢性的な人手不足に陥っており、廃業やM&A・事業承継が増加しているのが現状です。本記事では、塗装工事会社のM&A・事業承継について、塗装工事会社の業界動向や相場、気を付...

物流業界のM&A・事業承継!動向・メリット・注意点を解説【事例15選】

物流業界のM&A・事業承継!動向・メリット・注意点を解説【事例15選】

現在物流業界は、ユーザーのニーズが変化していることや働き方改革などによって業界再編期にあり、M&A・事業承継も増える方向にあります。当記事では、物流業界のM&A・事業承継動向やメリット、注意点、...

訪問介護のM&A・事業承継!動向・流れ・ポイントを解説【事例付き】

訪問介護のM&A・事業承継!動向・流れ・ポイントを解説【事例付き】

訪問介護は近年国が推し進めている地域包括ケアシステム実現のための重要な業種で、M&Aも今後活発になると予想されます。本記事では、訪問介護のM&A・事業承継について、業界動向やM&A手続きの流れ、...

半導体業界のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功・失敗事例付き】

半導体業界のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功・失敗事例付き】

日本の半導体業界は昔より世界シェアが縮小しており、業界再編のための大型M&Aが盛んになっています。本記事では、半導体業界のM&A・事業承継について成功・失敗事例を交えて解説するとともに、実際にM...

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功事例付き】

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継!動向・流れ・注意点を解説【成功事例付き】

放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継は、企業による新規参入の規制緩和により増加傾向にあります。本記事では、放課後等デイサービス・児童発達支援のM&A・事業承継動向や手続きの流れ、...

駐車場業界のM&A・譲渡のメリットや注意点、仲介会社も紹介!

駐車場業界のM&A・譲渡のメリットや注意点、仲介会社も紹介!

駐車場は土地があれば経営することができるため参入しやすい事業のひとつです。近年では、大手企業によるM&Aや規模拡大や好立地の駐車場を獲得するためのM&Aが増えています。この記事では、駐車場業界の...

3年以内の廃業率70%!飲食店が廃業する実態と理由、潰れない店の特徴

3年以内の廃業率70%!飲食店が廃業する実態と理由、潰れない店の特徴

飲食店は毎年数多くの新規参入がありますが、その一方で毎年数多くの廃業も出ている業界です。本記事では、3年以内の廃業率が70%ともいわれている、飲食店が廃業へと至る理由や、潰れない飲食店の特徴など...

記事検索
M&Aコラム
人気の記事
最新の記事
セミナー・イベント

【※メルマガ限定】プレミアムM&A案件情報、お役立ち情報をお届けします。

Banner magazine
居酒屋のM&A・事業承継
ご相談はこちら
(秘密厳守)